お気に入りリスト
  • お気に入りリストがありません

【声優イベント】響ファン感謝祭 夜の部 感想

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0
FavoriteLoadingお気に入りリストに追加する

2018年11月24日に開催された、響ファン感謝祭夜の部に参加してきました!

会場はカルッツ川崎。

本イベントは、声優事務所「響」の女性声優全員が登場するファンイベント。

出演者は、

橘田いずみ
三森すずこ
佐々木未来
愛美
伊藤彩沙
西本りみ
尾崎由香
相羽あいな
紡木吏佐
遠野ひかる
進藤あまね

の11人。ただ、一番新人の進藤あまねちゃんは本編への参加は無く、影ナレでの参加となっていました。

夜の部開始が18:30、開場が17:30。

昼の部が終了したのが大体16:00ぐらいだったので、夜の部は普通に開場時間に入れるかなあと思って17:30頃会場に着いたんですが、

結局夜の部も開場が30分ぐらい押しました・・・。

一体何に時間が掛かったんだ。

本イベント、実はS席と一般席に分かれており、夜の部はS席を買ってみました。

一般席よりも高いんですが、その分3列目22番と、前方真ん中の方の席をゲット!

特典のTシャツも付いてきました。

めちゃめちゃシンプルです。

オープニング

昼の部同様、「熱風海陸ブシロード ~熱き咆哮~ (Hyper Euro Version)」のBGMから響所属年毎に登場。

2009年4月所属、橘田いずみ。

2009年10月所属、三森すずこ。

2010年2月所属、佐々木未来。

2010年4月所属、愛美。

2013年4月所属、伊藤彩沙。

2015年4月所属、西本りみ、尾崎由香。

2016年6月所属、相羽あいな。

2017年9月所属、紡木吏佐、遠野ひかる。

橘田「昼の部に来ていただいた方も、記憶を消して笑っていただければ。ねえ、BBA」

と、あいあいとおざぴゅあが同時にお互い指差して、

相羽「BBAちゃう!もう一人東北のBBAって言われてた人いました~!」

と椅子に座る前からやっぱりわちゃわちゃw

三森「やっぱり圧の強い人は後ろに行って頂いて~」

橘田「ちなみに、前の真ん中の席は正統派!」

とその席に座ろうとしていたみころんをけん制しましたが、

そのまま座るみころん。会場からは歓声がw

橘田「でもトークやっていくうちに席変わってもらいますから」

響 から騒ぎ

出演者に事前にアンケートで募集した、「イベントで話したいこと」を元にトークすると言うコーナー。

人生を変えた、オタクに引きずり込まれたアニメは?

つむつむは「家庭教師ヒットマンREBORN」あいあいは「新世紀エヴァンゲリオン」を挙げていました。あいあいは、関東でエヴァのイベントがある時に大阪から遠征して見に行ったりもしていたそう。

と、ここで

橘田「徳井さんもエヴァ好きでしたよね~」

三森「徳井~~~~~~!!」

とそらまる愛を見せ付けていくスタイルw

昨日の夜ご飯は?

謎のゆるっゆるのお題がスクリーンに。

橘田「時間無いなかなんでこんなくだらない質問するの!」

このアンケートを書いたのはなんとみもりん。

三森「みんな気になりますよね~~~~~~~」

橘田「LINEで10秒で分かる話をこんなところに持ってこないでくれます!」

みもりんはカレーうどん、あいみんはCoCo壱食べたって話だけで終わりましたw

学力テストがしたい

橘田「これ誰?これ出すってことは自分の学力に自信があるって事でしょ?」

一瞬立ち上がろうとしたあいあいが座ったり立ったりするムーブ。

相羽「みんな私のことをアホとかポンコツとか思ってると思うんですけど、学力テストしたら意外といけると思うんですよ」

佐々木「でも相羽さん原付2回落ちてるんですよ!!」

相羽「高校とか中学とかで原付は習いません!」

橘田「でも教習所とか行って落ちたんでしょ?」

相羽「・・・うん・・・」

ここで相羽さん意気消沈w

橘田「相羽が自分よりアホだと思う人は?」

相羽「ちょいちょい、え?って発言する人知ってるんです」

相羽さん、他所を向いていたぴゅあの横に立って、

尾崎「え~!あたしですか!」

尾崎「私そういうイメージ無いんで!私は頭いいれす」

可愛いけど、ちょっとバカっぽ・・・。

橘田「年の数×1点のハンデ貰おうよ」

スタッフの人もこの企画やりたがってるようでしたが、みもりんだけはやりたくない様子。

橘田「すーちゃん数学だけは馬鹿だけど、色々知ってるのよ」

三森「馬鹿だって事が露呈して、役に影響したら嫌だからやらない方がいいと思います!」

橘田「1対9でやりまーーーす!」

何処かでこの企画が実現するんでしょうか?それだけで1番組作れそうですけど。

時間の関係で、このコーナーはここで終了。みころんは前列中央を死守したのでした。

チーム対抗!ご褒美争奪バトル!

それぞれ5人ごとに、紅組白組に分かれてご褒美を賭けて色んなバトルをするというコーナー。

金券がかかると必ず勝つというみもりん。みんなみもりんと同じチームになりたがっていました。

チーム分けはモニターに映るルーレットでランダムで決まる方式。

チーム分けの結果、

紅組:佐々木、愛美、伊藤、遠野、紡木

白組:橘田、三森、西本、尾崎、相羽

となりました。今回みもいずは同じチーム。

チームが決まって、何故かぼーっとしてるりみりん。

橘田さん達が呼んでるのにやっと気付いて合流しました。

相羽「嫌なの?嫌なの?」

全力で否定するりみりん。

三森「ダイジョブダイジョブ」

西本「私どこいったかなと思ってw」

自分のチーム見失ってたみたいです。

大縄跳び対決

シンプルに、5人で大縄を跳んで多く飛べたチームが勝ち。

先行は紅組。身長が小さいとのぴーと彩沙をそれぞれ端に配置するという作戦。

彩沙は靴を脱いで気合十分です。

頑張って跳びましたが、愛美が引っかかって25回。

全員つかれてまーすw

後攻の白組。身長の高い橘田さんが真ん中。運動能力の高いあいあいが端という作戦。

こっちはちゃんと準備運動してから開始ですw

ぴゅあちゃんがスカート押えながら跳んでるのが可愛かったです。

紅組の25回を超えても跳び続けるチーム。

橘田「もういいんじゃない!!」

結果白組は33回で白組勝利。橘田さんはもう息絶え絶え。

早口言葉リレー

チームで1人ずつ「かえるぴょこぴょこ」の早口言葉を言って、チームの最後の人が言い終わった時のタイムを競うという対決。

企画説明をする橘田さんが息切れで死にそうになっている中、あいみんが

愛美「さっき紅組が最初だったんで、次は白組からということで」

という鬼畜提案w

橘田「別に疲れてないけど!!」

ということで橘田さんのいる白組から開始することに。

白組1人目はりみりん。2回目で難なくクリア。

問題は2人目のおざぴゅあ。

尾崎「かえるぴょこぴょこみぴょぴょぽこ!あわせてぴょこぴょこむぴょぴょぴょぴょ!」

尾崎「言えないんだって~~!!」

5回目ぐらいでなんとかおまけクリアw

3人目のあいあいはなんと1発クリア!

4人目みもりんは、

三森「かえるぴょこぴょこみぴょこぴょこ!あわせてぴょこぴょこむぴょきょぴょきょ!」

2回目でクリア!

橘田さんは、「コツ知ってるから!」

と言って1発成功。怒りながら言うと言えるそうです。

おざぴゅあが怒りながら再挑戦すると、

尾崎「かえるぴょこぴょこみぴょぴょぴょぴょ!!」

やっぱり言えないぴゅあw

後攻紅組。

年齢順に挑戦です。

佐々木「最年長か~」

1人目は彩沙。2回目で難なくクリア。

こちらのチームも問題は2人目w

2人目はつむつむ。

紡木「かえるぴょこぴょこみぴょこぴょこ、あわせてぴょこぴょこぴょこぴょこ」

と言い間違えに気付かずはまりました。

最後はステージ前にある演者用の小モニターに極限まで近づいて、

お題を読んで何とかクリア。大きなタイムロスです。

3人目のとのぴー、4人目のあいみんは一発クリア。

ラストのみころんも3回目ぐらいでクリアとなりました。

結果、白組1分22秒、紅組1分15秒で紅組の勝利!

白組は意外とおざぴゅあのロスが効いたようです。

橘田「どうですか、負けた気持ちは?」

とおざぴゅあにマイクを向ける橘田さんw

尾崎「あともうちょっとでしたね」

スプーンリレー

各チームがスプーンに載せたピンポン球をリレーして行き、最終走者が先にゴールしたほうが勝ちという対決。

昼の部は最終決戦は1億ポイントだったんですが、

紅組、白組それぞれ1ポイントだったんで、この試合も1ポイントとなりました。

各チーム年齢順に走者が決まり対決開始!

2チームとも順調にリレーしていったんですが、りみりんが一回落としてしまいました。

最終走者のみころん、みもりんがほぼ同着となったんですが、

映像判定?の結果みもりんの勝利ということで、白組の勝利!

紅組が納得いかない感じのなか、紅組に対して、

橘田「なんか文句ありますか?」

三森「パワハラで訴えられちゃうから今の世の中」

彩沙「え~!?・・・ちょっとあります・・・」

会場大盛り上がりw

佐々木「あの子強いわ・・・」

橘田「カービィなんか強ええ」

橘田「なんか文句ありますか?」

紡木「ちょっとあります」

尾崎「なんか文句ありますか?」

紡木「・・・な、ないわ」

おざぴゅあ強し。

なんと、夜の部もみもりんのいるチームが勝利!

ジンクスは破られませんでした。

ここで、進藤あまねちゃんが金券を持って登場。

橘田さんが自己紹介を促し、ステージ中央で自己紹介をすることに。

橘田「自分から真ん中いいですかって、大胆な子だねえ」

進藤「2018年9月所属の進藤あまねで~す!あまねすって呼んでね~」

橘田「あまねす御幾つで?」

進藤「14ちゃいでちゅ!」

橘田「ちょっとなんか可愛いって言えないんだけど」

この時点でいずみもの二人はあまねすに圧倒されており、

三森「14歳のぴゅあさが足りない!」

橘田「この25歳のぴゅあさを見てみなさいよ」

とおざぴゅあを指差す橘田さん。

なんと、おざぴゅあとあまねすは11歳も違うという年の差!

橘田「ぴゅあさはあなたの方が上よ」

ふくれっつらからの自分のほっぺを人差し指でつんつんし始めるあまねす。

先輩方の戸惑いがこっちにも伝わってきましたw

度胸がすげえ。これが若さか!

次がカラオケコーナーということで、一旦白組からお直しに入ることに。

赤組がステージに残って繋ぎです。

彩沙「今回マイク2つしかないんで出来なかったんですけど、ほんとはやりたい曲あったんですよ」

愛美「vol.2があったらやりたいですよね」

彩沙「とのぴーはダンス上手だから色々踊って欲しい」

話が盛り上がってたら、いつの間にか紅組がステージに戻ってきていましたw

紅組はあまねすの教育係の話しに。

三森「相羽はなんか影響が出そう」

橘田「相羽はでもヤンキー世界で上下関係厳しいところでやってきたからいいんじゃない?」

三森「教育係向いてるかも。ぴゅあだと負けちゃいそうだから」

ここで話に出ていましたが、最初響の所属メンバーは4人から増やさないって話をしていたそうで。結果今11人という・・・。

カラオケコーナー

相羽、伊藤ペア

最初はあいあい、彩沙ペア。

三森「京都と大阪なんて犬猿の仲ですよ」

歌う曲は「行くぜっ!怪盗少女」ももクロの曲だそうです。

メンバー名が入っているところは、

「彩沙!あいな!彩沙!あいな!彩沙!あいな!」

2人ともダンスしながら歌ってたんですけど、サビのあいあいがキレッキレ!

他にも歌詞を変えていて、

「出欠とりまーす! Are you ready? ばんごう!
1!2!1!2!1!2!イエイ!」

となっていました。

曲自体は初めて聞きましたけど楽しかったです!

三森、愛美ペア

三森「アナと雪の女王のラブラブデュエットを歌います」

歌う曲は「とびら開けて」愛美がハンス役でかなり低めの曲で歌います。

完全にミュージカルでしたねw

最後は、

愛美「おかしなこと言ってもいい?響は大好き?」

三森「もっとおかしなこと言ってもいい?もちろん!」

あいみんは普段からこの曲歌ってるそうで、

愛美「みもりんだったらディズニーかと思って」

橘田、佐々木ペア

みころんが橘田さんと歌うならと選曲したそう。

歌う曲は中森明菜で「DESIRE」

合いの手は「はーどっこい!」

あいあいの声がでかいw

佐々木「たのしーー!!」

西本、遠野ペア

2人が歌う曲は、るろ剣の主題歌だった「そばかす」

「アサルトリリィ×私立ルドビコ女学院」という舞台で共演していたという2人。

サビで舞台で踊っていたダンスを披露していました。

舞台を知ってたんでしょうけど、自分の前に座っていた人がそれを見て昇天していましたw

アニメのるろ剣をリアルタイムで見ていたので、よーく知っている曲。

舞台も知ってればもっと楽しめましたねw

尾崎、紡木ペア

橘田「異色のペア、2人ともしゃべったことあるの?」

紡木「ありますよ~」

尾崎「これからです!」

三森「正直でいい」

この2人が歌う曲は、大塚愛「さくらんぼ」

世代だからですかね?後ろのあいみん、あいあいが大盛り上がりw

14年前の曲とか信じられないんですが・・・

「笑顔咲ク君と抱き合ってたい」って所でぴゅあに抱きつきに行くつむつむ。

良いですね!

「もう一回!」の合いの手は会場全体で完璧でした。

歌い終わった後、とのぴーが焼きもち焼いてたよって流れから、

何故かぴゅあととのつむがそれぞれ抱き合う流れに。

橘田「百合営業が代々受け継がれていってますね」

橘田「ミルキィホームズは#百合営業ってタグで呟いてるんで、それやっていいよ」

エンディング

抽選箱を持ってあまねす再登場。

昼と同様、3人にキャストのサイン入りグッズが当たる抽選会。

とのつむ、あまねすが抽選です。

当たりませんでしたねw

てか、サイン入りグッズって具体的になんだったんでしょうか。

最後は、キャスト挨拶で終了。若手達は「濃い、個性の強い先輩に囲まれて、自分ももっと個性を出していかないとと思いました」と話していて笑いましたw

というか、いうても全員キャラ被りも無く個性が強い気が。

三森「響は声優事務所なので、今度は朗読劇みたいなのをやりたいなと思いました。We are not 芸人!」

最後は会場全体で「We are 響ファミリー」と叫んで終了。

彩沙も話していましたが、響は箱推し感が強い事務所で、中々珍しい所なんじゃないでしょうか。

普段中々絡まないような組み合わせもカラオケで見れて楽しかったですね。

またvol.2が開催されたら参加してみたいと思います!

おすすめ記事

2018年11月24日に開催された、響ファン感謝祭昼の部に参加してきました! 会場はカルッツ川崎。2017年の内田真礼クリスマ...

Amazonリンク

0