お気に入りリスト
  • お気に入りリストがありません

【バンドリ】Roselia Live 「Vier」感想

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0
FavoriteLoadingお気に入りリストに追加する

2018年11月7日に開催された、Roselia ライブ「Vier」のライブビューイングを見に行ってきました!

ライブ会場は品川ステラボールで、オルスタになっていました。

今回のライブは、燐子役の明坂聡美さんが抜けたため、元々トークイベントを予定していたそうですが、急遽4人でライブを行うことになったイベントです。

今回のライブビューイングは、品川ステラボールの真隣にある映画館「T・ジョイPRINCE品川」に見に行ってきました。

ということで、これは実質現地参戦!

ライビュ会場では物販の販売を行っていたんですが、「T・ジョイPRINCE品川」は現地会場が近いと言うことで販売は行われていませんでした。

なので会場物販に行って記念ピンズを購入。かっこよす。

入り口の所にフラスタがありました。

セットリスト

M01:BLACK SHOUT
M02:R
M03:熱色スターマイン
M04:Neo-Aspect
M05:LOUDER
M06:ONENESS
M07:Re:birth day
EN01:LOUDER
EN02:魂のルフラン
EN03:BLACK SHOUT

映画館のスクリーンに会場の様子が映ると、お客さんはギュウギュウに詰まっている様子。

今回ばかりはライビュでゆったり見るのは正解だったかもしれません。

ライビュ会場のみメンバーの挨拶映像が流れ、

櫻川「見に来れなかった人が後悔するような熱いライブにしちゃうからね!」

Roselia4人「ふぁいてぃーん!」

開演するとスクリーンには各キャラが1人ずつ映し出されました。当然ながら燐子はおらず・・・。

舞台上の楽器もキーボードの位置には何か音響設備が置いてあるのみだったのが少し寂しかったですね。

ライブが始まり、1曲目は「BLACK SHOUT」Roseliaの原点の曲!

今もたまにRoselia初登場の時の映像を見返します。

ゆっきーのドヤ顔ベースが印象的でしたw

ブラシャが終わるとMCパートで、まずはメンバーの自己紹介。

くどはるが自己紹介をした時には黄色い歓声が聞こえました。

Roseliaって女性ファン結構いますよね。

会場はやっぱりギュウギュウに詰まっていたみたいで、

相羽「私から見るとみんな苦しそうなの。だから一歩下がろうか」

工藤「本当に苦しい時は助けて~って言いましょう!じゃあ練習してみましょう~」

客「助けて~!!」

櫻川「ルールを守れなかったらあれですよね、友希那さん!」

相羽「締めるわよ!あ、脱退してもらうわ!」

相羽さんの圧が前面に押し出された瞬間である。

2曲目「R」

イントロの「Shout out!」からだんだん盛り上がって行くのが好きです。

各メンバーの歌唱パートも多いですね。

めぐちが笑顔でドラム叩き続けるのが印象的でした。

ゆっきーのベースソロもある曲です。

そのまま3曲目「熱色スターマイン」

この曲は音源になる前に、1stライブの追加公演で生で聞いたのが初でした。

やっぱり友希那の「頂点へ狂い咲け!」がカッコいいですね。

音源の方はこのセリフが抑え目なんですけど、ライブでは思いっきり叫ぶのが聞けます。

MCパートに入り、

相羽「凄いわ、みんなの息が聞こえる」

1stライブは約一年前で規模は今回の1/3ぐらいだったと言う話になり、

相羽「いつか色んな地域でライブに行きたいわね」

中島「今から3日後、私たちアメリカに行くの、オーマイガッ!」

相羽「頂点へ狂い咲けって英語でなんていうの?」

とここでめぐちが、ドヤ顔で、

櫻川「Top of the flower!」

中島「それだと花の頂点みたいになっちゃうからw」

相羽「騙したのね!締めるわよ!」

4曲目は「Neo-Aspect」1曲目からどんどん飛ばしてきますね。

サビはCMでよく聞く曲です。くどはるが笑顔でギターを弾くのが可愛かったですw

曲が終わると、スクリーンには今までのライブ映像が。

各ライブから1曲ずつ流している感じでした。

ガルパライブの「陽だまりロードナイト」でゆりしぃが映るシーンでは歓声が上がっていました。

ゆっきーの初登場シーン、Roseliaファンミのあけちゃん挨拶シーン。

そして4人で今回のイベントをライブにすると言ったシーンまで、これまでのRoseliaの軌跡が全て詰まっていました。

映像が終わり、「ONENESS」衣装で登場した4人。

めぐちのドラムソロから始まり、5曲目「LOUDER」へ。

この曲初めて聞いた時、ドラムが激しすぎて本当に生で演奏出来るの?と思ったのを覚えています。めぐちー!

曲中に一瞬サイレントになるのもいいですね。

次はMCパート。やっぱり人が詰まってるみたいで、

相羽「危ないの~」と言ってまた一歩下がる流れに。

工藤「なんか幼稚園の先生みたいw」

6曲目は衣装の「ONENESS」

めぐちが首振りでドラムを演奏する姿が凄かったですね。

あいあいとくどはるが顔をくっ付けて歌うシーンがあったのも見所でした。

今回のライブはほんとにノンストップで上がる曲続きって感じです。

MCパートに入り、

工藤「最後の曲だからみんな一緒に歌ってね~!」

相羽「今までのRoseliaがあったからこれからのRoseliaがある。その輝く時に向かって、Re:birth day」

7曲目「Re:birth day」この曲、レディシャのEDでくどはるの泣きが入る曲で御馴染みになってましたねw

勿論ライブではカッコいい曲なんですけど。

本編最後の曲となりアンコールへ。

すると、急にスクリーンに何か映像が流れ始めました。

そこには教会の中でキーボードを弾く女性の姿が。ただ、顔は良く見えません。

これは!まさか!?燐子の後任が今日発表される!?

そうすると、ステージにもキーボードと女性の姿が現れ、ソロでRoselia曲を弾き始めました。

「熱色スターマイン」、「BLACK SHOUT」、「Re:birth day」の3曲を演奏。

めちゃめちゃ上手ですけど!?一体誰!?

そして、他の4人もステージに登場してキーボードを入れた5人で「LOUDER」を歌唱!

このタイミングで発表ですか~!でも正直この時点でもキーボードが誰かは良く分かりませんでした。

MCパートになり、新しい燐子役は志崎樺音さんということが判明。

どうやら新人さんなようで、こちら側に全く情報がありません。

相羽「初めてこのキーボードを聴いた時泣いちゃったんだけど・・・」

相羽「会場見るとペンライトが燐子の白になってるのはちょっとクルものがあるわね」

と、ここで

相羽「会場にRASのメンバーが来てるって聞いたの」

と話すと、カメラが関係者席にズームアップ。

「RAISE A SUILEN」のメンバーが全員見に来ていたみたいです。

相羽「代表でRaychell、ステージに来てくれる?」

と言って、Raychellが実際にステージへ上がる流れに。

今回、なんか観客へのサプライズが多いですなあw

5thライブの時、OPアクトでRASが盛り上げてくれたお返しに12月のRASライブにて、

今度はRoseliaがOPアクトをやりたいという話に。

これまた会場に来ていた木谷会長に話を振ると、隣に居た人と緊急会議を始めてオッケーのジェスチャー。

てか、最初から絶対決まってたやーつー!という突っ込みは無しの方向で行きましょうかw

この流れから、次の「魂のルフラン」はRoselia + Raychellの歌唱に!

これは結構レアなものが見れました。

あいあい、Raychell共に力強い声が相まって盛り上がりが凄かったです。

Raychellがステージ上から掃けたあと、最後の曲は5人での「BLACK SHOUT」

オリジナルメンバーが2人も居なくなってしまったのは残念ですが、

ここで原点の「BLACK SHOUT」を5人で歌唱したことは、新たなRoseliaの幕開けを感じさせてくれました。

最後はメンバー1人1人の挨拶。

工藤「この5人で最高のライブが出来るように頑張っていこうと思う」

中島「暑いですね~湿度で髪の毛の巻きが取れるw感想が楽しかったしか出てこない!」

志崎「優しいメンバーの皆さんと頑張っていきますので、よろしくお願いします!」

櫻川「ピアノってドラムみたいに1音ミスるとすぐばれちゃうの。私たちも支えていくから大丈夫!みんなものんちゃんの事を支えてね!」

相羽「私の唯一の取り柄は元気だと思ってるけど、その源はみんなから貰ってるから!何回も聞いてるけど、のんちゃんの演奏凄かったでしょ!」

最後は会場全員で「ふぁいてぃーん!」でライブは終了。

まさか、今回のタイミングで燐子役が発表されるとは思っても見ませんでした。

来年当たりになるのかなあと思っていたので。

新しいメンバーを加えた新生Roseliaがこれからどのような活躍を見せてくれるのか今から楽しみですね!

おすすめ記事

2018年12月7日に開催された、「BanG Dream! 6th☆LIVE Brave New World」に参加してきました! ...

Amazonリンク

0