【声優ライブ】『ミルキィホームズ ファイナルライブ Q.E.D.』感想【日本武道館】

スポンサーリンク



ミルキィホームズ ファイナルライブ Q.E.D. 日本武道館

2019年1月28日に開催された、『ミルキィホームズ ファイナルライブ Q.E.D.』に参加してきました!

会場は日本武道館。

解散が発表されてから遂にこの日が来たかって感じですね。

物販はTシャツとタオルを購入。

ミルキィホームズ ファイナルライブ Q.E.D. 日本武道館 Tシャツ

ミルキィホームズ ファイナルライブ Q.E.D. 日本武道館 マフラータオル

「毎日くらいまっくす」と「Don’t be afraid!」のCDを購入すると貰えるCDです。

ミルキィホームズ ファイナルライブ Q.E.D. 日本武道館 スペシャルCD

「毎日くらいまっくす」は購入していたんですけど、ライブ当日、家の中どこを探しても無くて当日また購入するということに・・・。

武道館に行く前に、秋葉原のゲーマーズに寄って、ミルキィホームズの色々展示を見てきました。

ミルキィホームズ ファイナルライブ Q.E.D. 日本武道館 ゲーマーズ

ミルキィホームズ ファイナルライブ Q.E.D. 日本武道館 ゲーマーズ

ミルキィホームズ ファイナルライブ Q.E.D. 日本武道館 衣装展示

ミルキィホームズ ファイナルライブ Q.E.D. 日本武道館 サイン

多分メンバーが書いたであろう落書きもw

ミルキィホームズ ファイナルライブ Q.E.D. 日本武道館 アニメ絵

ファイナルだけあって、フラスタも凄い数が届いていました。

一部を紹介します。

ミルキィホームズ ファイナルライブ Q.E.D. 日本武道館 フラスタ

ミルキィホームズ ファイナルライブ Q.E.D. 日本武道館 フラスタ

ミルキィホームズ ファイナルライブ Q.E.D. 日本武道館 フラスタ

ミルキィホームズ ファイナルライブ Q.E.D. 日本武道館 フラスタ

ミルキィホームズ ファイナルライブ Q.E.D. 日本武道館 フラスタ

ミルキィホームズ ファイナルライブ Q.E.D. 日本武道館 フラスタ

ミルキィホームズ ファイナルライブ Q.E.D. 日本武道館 フラスタ

ミルキィホームズ ファイナルライブ Q.E.D. 日本武道館 フラスタ

ミルキィホームズ ファイナルライブ Q.E.D. 日本武道館 フラスタ

ミルキィホームズ ファイナルライブ Q.E.D. 日本武道館 フラスタ

ミルキィホームズ ファイナルライブ Q.E.D. 日本武道館 フラスタ

セットリスト

M01:正解はひとつ! じゃない!!
M02:ナゾ!ナゾ? Happiness!!
M03:びよんど THE ミルキィウェイ
M04:ミルキィ A GO GO
M05:ミルキィ100ワールド
M06:恋の調査報告書
M07:総天然色フルパワー
M08:SU☆PA☆PA☆スター
M09:ヒロイン探偵物語
M10:偉人先人 Oh, Hero!!
M11:禁断サンクチュアリ
M12:ミルキィホームズがやって来る、イエィ! イエィ! イエィ!
M13:Reflection
M14:オーバードライブ!
M15:勝利ノキズナ
M16:ぐろーりーぐろーいん☆DAYS
M17:ピンチにパンチ
M18:セイシュンビギナー!
M19:ANSWER
M20:Brilliant Wish ~華麗なる欲望~
M21:こちらミルキィホームズ!
M22:みるみるUPっぷ↑↑
M23:カラフル with you
M24:いつだってサポーター!
M25:ココロノエデン
M26:プロローグは明日色
M27:ミルキィtea time
M28:Day by Day ~ キミと一緒に
M29:毎日くらいまっくす☆
M30:バイバイエール!

アンコール
EN1:ミルキィアタック
EN2:聞こえなくてもありがとう
EN3:雨上がりのミライ
EN4:そして、群青にとけていく

Wアンコール
EN5:正解はひとつ! じゃない!!

今回のライブ、チケットはファンクラブ先行で取ったんですが、座席は1階の南席。

ファンクラブ先行でもアリーナじゃなかったかあと思ってたんですけど、

実際行ってみるとステージ真正面で凄く見やすい席でしたね。

ステージ構成は、花道は特に無く、アリーナは全面が目一杯座席で埋められているスタンダードな感じでした。

会場はいつも通りコスをする人もいれば、ミルキィ色ジャージを着る人もいたり、

よく見てませんでしたが、過去のライブTを着てきた人も多いんじゃないでしょうか。

そんな自分は、ミルキィ武道館ライブ決定のTシャツと、法被を装備。

法被は現場に持っていったの結局今回で3回ぐらいでしたかね。

ミルキィホームズ ファイナルライブ Q.E.D. 日本武道館 Tシャツ

ミルキィホームズ ファイナルライブ Q.E.D. 日本武道館 法被

開演時間になり開場が暗くなると、前のスクリーンにみもりんが涙ながらに解散の発表をしたときのファンクラブイベント映像が流れました。

当時中野サンプラザの現場に居ましたが、改めてみるとグッと来るものがあります。

その時の話はブログに上げてないので、時間を見つけて書いてみましょうかね。

スポンサーリンク

最初からテンションマックス!

と言うことで、いつものミルキィライブオープニングBGMから、ミルキィホームズの4人が登場!

まずはTDの時の衣装でした。

なんと1曲目は「正解はひとつ! じゃない!!」

もはや原点にして頂点とも思えるミルキィホームズを代表する曲。

アニメ1期のオープニングテーマです。

スクリーンにはアニメのOP映像が流れながらの歌唱でした。

1曲目から会場は大爆発でしたね。

ライブが開始する時のドキドキ感はやっぱり楽しいw

続いて2曲目は「ナゾ!ナゾ? Happiness!!」

アニメ2期のオープニングでこちらもアニメ映像が流れながらの歌唱。

発売が2012年だったのでこちらも結構な歴史の曲。

ライブでも結構歌ってくれるので、正解に続いての定番曲です。

うーいえぃいえーでのフリコピはみんなやりますね。

いっせーのーでっ!からの盛り上がりはいつまで経っても楽しいです。

ちなみに前回の武道館では1曲目に歌われていました。

【試聴動画】「ナゾ!ナゾ?Happiness!!」【ミルキィ2OPとc/wも】

3曲目は、新アルバム「ミルキィパレード! ! ! !」に収録の新曲「びよんど THE ミルキィウェイ」

新曲であまり予習する時間は無かったですが、ノリやすく盛り上がる曲で楽しいですね。

スクリーンに合いの手を映してくれたので、それも助かりました。

ステージの左右に2人づつ分かれて歌っていたので、1階のステージ端に居る人は実質最前でした。うらやま。

4人が「どっひゃ~~~~~~!!」でどっひゃ~ポーズ。可愛いw

「M・I・L・K・Y」では人文字でアルファベットを表現していました。

シャロの早口セリフも見事に成功!さすがです。

「バカになれ」という歌詞は、ミルキィホームズというバカになれる場所を改めて感じさせてくれます。

MCパート1

3曲目が終わりMCパート。

三森「ついにこの日が来ましたね~」

徳井「ともあれよ、武道館来ました~~~!!!」

橘田「前の武道館来た人~!」

と客席に問いかけると、チラホラ手を挙げてる人が。

橘田「まあ6年もあれば他に目移りする人もいるからね」

まあ自分も前回の武道館は行っていないんですけども。

まだミルキアンじゃなかったので・・・BD買ったから許してくだされ。

今回の武道館はライブビューイングがあったり、CSのTBSチャンネルで冒頭1時間を当日放送するなどの試みが行われていました。

ミルキィのライビュは多分初ですよね?

佐々木「今日はTBSチャンネル録画してきましたからね」

佐々木「みんな、ミルキィ至上一番楽しい1日にしようね!」

徳井「十年分の声出してくれ~~!!」

三森「一生に残る最高の一日にしようね!」

橘田「みんな~!バカになってるか~!アホになってるか~!」

ミルキィの4人はライブ前に「ごー!ごー!ぱわふる~!」

で気合入れをしていますが、この日はまだやっていないとの事。

そこで、みんなで公開「ごー!ごー!ぱわふる~!」をやることに。

気合の入ったみころんの音頭と共に、

佐々木「ファイナルいくぞ~~~~!!!!」

「ごー!ごー!ぱわふる~!」

ミルキィホームズはファム

の流れから続けて4曲目は「ミルキィ A GO GO」

「ミルキィホームズ TD」のオープニングテーマです。

ミルキィのMVが家族設定になっていたや~つ。

リリイベでも家族の姿が披露されてました。

サビのフリコピが楽しいです。

この曲の発売がもう4年も前だなんて・・・。

この曲聞くと、TDよりもみるみるミルキィを思い出しちゃうんですがw

スクリーンにみもりんを横から映す映像が流れていたんですが、その時の腰振りが良す良すでした。

ミルキィホームズ「ミルキィ A GO GO」

5曲目は「ミルキィ100ワールド」

この曲、秋の大運動会以来じゃないですかね?なんか久々に生で聞いた気がします。

これもMVが楽しいんですよね~

なんか、これはもうそらまるの愛おしさなんですけど、サビで屈伸するような振り付けで足を曲げる所が、そらまるだけ若干がに股になってた所。

いい意味でずっと変わらないそらまるがなんとも言えません。

この曲はshortバージョンでした。

ミルキィホームズ「ミルキィ100ワールド」

6曲目は「恋の調査報告書」

「あれが恋というモノですか? 」違います定期の曲w

もう曲を聞けば目を瞑っても振り付けが頭に浮かぶレベルです。

合いの手が多くてライブの定番曲。テンション上がります。

MVも存在してますが、2011年の曲だけあって、みんなわっか!

この曲もshortバージョン。今回のライブは、出来るだけ多くの曲をやろうっていう感じっぽいですね

ミルキィホームズ「恋の調査報告書」試聴動画

7曲目は「総天然色フルパワー」

いず様が、「もう一生やらない!」と言い放ったギルティホームズが登場していた曲。

流石に今回は出てきませんでしたw

これもMVが特徴的な曲でしたね~。

曲中、そらまるの愛おしさポイント、途中の振り付けにちょっと戸惑うを発見してしまいました。

振り付けで母性溢れるいず様が見れるのもポイントです。

ちなみにこの曲もshortバージョン。

ミルキィホームズ「総天然色(フルカラー)」

ソロ曲コーナー

8曲目は「SU☆PA☆PA☆スター」そらまるソロです。

ここからはソロ曲ゾーンですね。

前回の武道館ではストーリー上そらまるが宙に舞うというシーンがありました。

そして、ライブ前のそらまるのコメントでは、今回も何かやるとも。

何をしてくれるんだろうなあと思ったら、曲途中に上から何かロープのようなものが。

そう、今回もそらまるは青空を飛ぶ!!

前回の武道館は映像でしか知らなかったので、生で見れたのは感動です。

結構高い所まで飛んでましたよ。

思わず「飛んだ~~~!!」って叫んじゃいましたw

ミルキィホームズ「Dreamin'」

9曲目はみころんソロ「ヒロイン探偵物語」

アリーナの客席中央あたりにトロッコで登場。

客席が結構ぎっしり詰まってたので、客席近くに来る演出は無いかなあと思っていたらここで来ましたね。

この曲は前回の武道館でも歌われていた曲です。

明言されているかは調べてないですが、なんとなくこのソロ曲ゾーンはそれぞれが歌いたい曲をピックアップしている気がします。

「ヒロイン探偵物語(Short Ver.)」PV(ミルキィ第2幕第2巻映像&CD特典視聴動画)

10曲目はみもりんソロ「偉人先人 Oh, Hero!!」

ライブの横濱行進曲ではえっどな衣装を披露してくれたこの曲。

今回はグローブを付けて歌唱です。

ちゃんとカメラ目線でパンチの振り付けをするところは流石ですねw

ストレッチみたいな振り付けも特徴的。

ミルキィホームズ アルバム『横濱行進曲』

11曲目はいず様ソロ「禁断サンクチュアリ」

謎のマントを纏い、青いバラを持って登場です。

相変わらず気持ちよさそうに歌いますわw

全体的に青い空間で1人歌ういず様は、まるで武道館でソロライブを開いているかのように橘田ワールドを展開していました。

ミルキィホームズ「Treasure Disc」

ソロ曲が終わりマントを脱ぎ捨てたいず様。

Reflectionはフリコピが楽しい

12曲目は「ミルキィホームズがやって来る、イエィ! イエィ! イエィ!」

新アルバム「ミルキィパレード! ! ! !」に収録の新曲、2曲目です。

そのままステージ上にはいず様1人、途中から3人もステージ上に合流です。

スクリーンにアニメ映像が流れる中、

続けて13曲目「Reflection」この曲はいず様が振り付けを考えた曲で、そのままMVにも採用されています。

両国国技館のライブでは振り付け講座もありました、というフリコピ推奨曲です。

楽しいですね~。

MVでは真っ白なミルキィちゃん達です。この曲もshortバージョンでしたね。

フルが聞きたかった所ではあります。

ミルキィホームズ「Reflection」

14曲目は「オーバードライブ!」

初披露されたのは「ファーストライブ(にかいめ!)」の時でした。

ライブ自体は映像化されていないんですけど、オーバードライブの歌唱シーンだけは映像に残っています。

「ファーストライブ(にかいめ!)」もかなりいいライブだったんで、また見たかったんですが・・・。

この曲はかっこよくてイントロが流れるだけでテンション上がります。

レジェンド衣装をもう一度見たかったですね。この曲もshortバージョンでした。

『オーバードライブ!』/ミルキィホームズ

続けて15曲目「勝利ノキズナ」

この曲も曲を聞くとサビの振り付けが頭に思い浮かびますね。

結構ライブでも歌われてる曲だと思います。

今更ながら、この曲ってヴァンガードのエンディング曲だったんですね。

MCパート2

「勝利ノキズナ」が終わり、MCパート。気付けばいず様はソロパートからここまで休憩無しです。

徳井「みんなのお陰で飛べました~!」

橘田「それ誰も飛びたくないからだよ」

そして、この武道館ライブが早くもBD円盤化されることが発表されました!

逆にされないと困るぐらいのテンションでしたが、発表はやっ!

カメラ目線で、

徳井「未来の僕達~!」

と叫ぶそらまるw

フェザーズ、もりしー、あけちゃん登場

MCが終わると16曲目「ぐろーりーぐろーいん☆DAYS」

「ふたりはミルキィホームズ」のオープニングテーマ。

ふたミルは30分枠のうち半分がアニメ、半分がみるみるミルキィの原型とも言える実写パートになっていました。

まあこのアニメは黒歴史みたいに扱われることがありますが、オーディションで彩沙を発掘したのはかなり大きな出来事だったのかなと。

この曲は、初めてミルキィのライブを見に行く前にかなり予習しましたね。

サビの合いの手が原曲に入っていて「はい!はい! はい!はい!はい! はい!はい! う~~~いぇいっ!」

と初見では無理なので。

この曲もshortバージョンとなっていましたが、やっぱり楽しかったです!

ミルキィホームズ 「ぐろーりーぐろーいん☆DAYS」

曲が終わると、

「ミルキィさん!ちょっと待ってください!」

と愛美、伊藤彩沙のフェザーズが登場!

6人で17曲目「ピンチにパンチ」を披露です。

この曲は6人でのMVがありますね。

初々しい彩沙を見ることが出来ます。愛美も若干幼いんだよなあ。

結局6人曲ってほとんど無いんで、貴重な1曲となりました。

フェザーズ2人をセンターにした布陣も良かったです。

ミルキィホームズ シスターズ「ピンチにパンチ」 Music Clip (short ver.) (「ぐろーりーぐろーいん☆DAYS」収録曲)

そして、18曲目にフェザーズ曲「セイシュンビギナー!」

サビ終わりの振り付けで、手をお尻のところでヒラヒラさせるのが好きなんですよね。

サビの「cha-cha」では手拍子をするのがお約束。

個人的には「Two of Us 無敵♪」も聞きたかったですね。

両国のライブでは彩沙が怪我をしていて、ダンスは見れませんでしたし。

ミルキィホームズ フェザーズ「セイシュンビギナー!」 (「ぐろーりーぐろーいん☆DAYS」収録曲)

フェザーズ曲が終わると、ステージ上段に小林オペラ役の森嶋秀太さんが登場!

もりしーーーー!!!

開場が真っ青に染まり、19曲目「ANSWER」を披露。

やっぱり生歌うまし。

この曲たまにカラオケで歌います。

この曲は落ち着いた雰囲気なので、「The Operative」でノリッノリに踊るもりしーも

武道館で見たかった感ありますねw

落ちサビではUO光らせてる人多数でした。

そういえばこの曲って「総天然色」のボーナストラックに収録されてたんですよね。

当時、公式的には収録されてるとは発表されておらず。

これ書いてて思い出しました。

「私もこの晴れの舞台に花を添えさせて頂きますわ」

アンリエット&アルセーヌ役の明坂聡美さん登場!

何を歌うのかなあと思ったら、20曲目「Brilliant Wish ~華麗なる欲望~」

でした。

この曲はアンリエットとアルセーヌがデュエットする曲なので、生で披露されることは今後無いだろうなあと思ってたのでビックリしました。

まあ、デュエットの部分はアンリエットパートを生声じゃなく録音という形式でしたが。

流石にあれをキャラ声で歌い続けるのはしんどそうです。

でも最後の最後にライブで聞けたのは最高です。

水色で清楚な格好で登場したあけちゃんでしたが、途中のアルセーヌパートからはそれを脱ぎ捨てて全体的に暗めの衣装に変身するという演出も披露。

色っぽいですなあ。

ちなみにあけちゃんも前回の武道館に出演しており、その時は「美的・エゴイズム」を歌っていました。

どのゲストもそうですが、曲はあるので欲を言えば2曲ぐらい歌ってほしかったですね~。

時間が無いのがもったいない。

ミルキィホームズ アルバム『横濱行進曲』

トロッコでそらまるが…

アルセーヌパートが終わり、次はこころちゃんか?と思いきや、

まだおあずけで、ミルキィちゃんに戻って、21曲目の「こちらミルキィホームズ!」を披露。

さっきはみころん1人でトロッコに乗っていましたが、今度は4人でアリーナに登場!

1階席なので、近くに来てくれるのはありがたい。

衣装もライブTのアレンジみたいなやつに着替えでした。

この曲も前回の武道館で歌われていましたね。

トロッコの下のブレードの色はそれぞれのメンバー色になっていました。

オタクの能力を発揮です。自分もアリーナに居たらやりますもん。

この曲もshortバージョンで、続いては、

22曲目「みるみるUPっぷ↑↑」

曲中トロッコが動いたんですが、急に動いたトロッコにバランスを崩しそうになるそらまる。

「あぶなっ!」って叫んじゃいましたが、何事もなくてよかったです。

この曲聞くとみるみるミルキィを思い出しますね~。

振り付け師の人がみるみるのこの曲のMVを作ろう回を見ていて、その振りが取り入れられているというのは有名なお話。

ファイナルまでくれば曲中の早口言葉もみんな「余裕っしょ!」

この曲もshortバージョンです。

4/20発売 ミルキィホームズ ニューアルバム《総天然色(フルカラー)》

23曲目は「カラフル with you」

総天然色に収録された曲です。比較的新しい曲ですって書こうとしましたが、

もう2年以上前ですか。

なんかこの曲聞くともうエンディングって感じがしちゃうんですが。

人一倍大きく手を振るみもりんが印象的でしたね。

4/20発売 ミルキィホームズ ニューアルバム《総天然色(フルカラー)》

24曲目は「いつだってサポーター!」

曲中のフリコピしやすい振り付けが特徴的です。

トロッコが「いずみも」と「みこそら」に分かれていて、最初はいずみもが近かったんで見てたんですけど、

「手と手と手と手つないでチャージ」の所でかなり力強くみもりんに両手ハイタッチをするいず様。

キズナ!

【試聴動画】ミルキィホームズ「いつだってサポーター!」

こころちゃん登場

曲が終わると、ここで遂にこころちゃん役の南條愛乃さん登場!

25曲目は「ココロノエデン」

思わずキターーーーって叫んじゃいましたw

ミルキィパレードに収録されているのは「パーフェクトラブ!」

こっち歌うのかなあ?でも「ココロノエデン」の方が聞きたいんだよなあと思っていたので。

南ちゃんも前回の武道館に出演していてこの曲を歌っていました。

生で聞くのは、ブシロード7周年ライブの時以来です。

そのライブは円盤になったときに、大人の事情であけちゃん南ちゃんパートがまるまるカット。

元々居ないことになってたのが悲しすぎたんですよ。

「こーころっ!ハイッ!こーころっ!ハイッ!」コールが出来たのは嬉しかったです。

衣装もこころちゃんの警察官衣装風で良かったです。

fripSideのブレード持って行った甲斐もありましたね。

1分48秒でわかる探偵オペラ ミルキィホームズ サマー・スペシャル

MCパート3

曲が終わりMCパートへ。

ミルキィの4人とゲスト全員をステージに呼び込みです。

ここで客席をバックに記念撮影を行いました。

そして、ゲストからの最後の一言です。

南條「今日はこころちゃんって言っていいんだからね!今日は間に合ってよかった!そしてファイナルお疲れ様でした!」

南ちゃんは直前にインフルエンザに掛かかってしまい、前日に医師の許可が出たというギリギリの状態。

あぶな~・・・。病み上がりの中、あのパフォーマンスは流石プロです。

南條「アニメ放送前のファーストライブで、キャラ通りみもりんにこころちゃん言うな~って言ってたら、不仲説が出てたりしましたw」

南條「シャロとこころみたいに、ほんとに付かず離れずの関係を築けたんじゃないかなと」

ここで南ちゃんにハートマークを送るみもりんw

明坂「まさか10年続いてこんなに綺麗な景色が見れるなんて思いませんでした、まさに軌跡の花だと思います!」

森嶋「デビュー当初からやらせって貰っていたので、家族のような感じで見守っていました」

森嶋「これからもこの絆は続いていくと思うので、彼女達をよろしくお願いします!」

伊藤「私達は途中からの参加、そしてデビュー作でした。ミルキィさんのハッピーな所が大好きです!」

伊藤「私は長女なので、皆さんのことは初めて出来たお姉さんみたいに思っています」

三森「いつでもお姉さんでいいんだよ~~~~」

愛美「いつもライブで泣いてご迷惑を掛けてるんですが・・・前の武道館の時は花束渡すだけなのに開演前の円陣に参加させてもらって複雑で」

愛美「当時は、ごーごーぱわふる出来なかったんですけど、今日は裏では無くて・・・」

愛美さんなぜこんな不憫キャラにw

三森「今回は本番でやっちゃったから」と焦るステージ上。

客席も合わせてもう一度「ごーごーぱわふる」をやる流れに。

やっと当時の願いを武道館で叶えたあいみんなのでした。

挨拶が終わり、もりしーがオペラ声で、

森嶋「これは重要なファクターだ!シャーロック!ネロ!エルキュール!コーデリア!後は任せた!」

と言って捌けて行くゲスト陣。

ここであけちゃんは南ちゃんに手を捕まえられながら去っていきました。

ファイナル武道館で遂にアルセーヌを確保したこころちゃん!

ラストスパートに向けて

そして26曲目「プロローグは明日色」

この曲もフリコピが捗る曲。ドリフ的な振り付けになっています。

この曲も前回の武道館で歌われてるかなあと思いきや、意外と歌ってなかったみたいです。

PSPのゲームオープニングだったの、改めて知りました。

ゲームは結局やってなかったなあ。

PSP専用ソフト 「探偵オペラ ミルキィホームズ2」 OPムービー

27曲目は「ミルキィtea time」

サビで足をわきわきする振り付けが特徴的です。

あの振り、なんか元ネタあるんですかね?

この曲も前回の武道館で歌われた曲です。

盛り上がる曲の途中に来ると落ち着いていいですね。

28曲目は「Day by Day ~ キミと一緒に」

2012年発売で、前回の武道館でも歌われています。

前回の武道館ではまだ新曲だった感じですね。

今となってはライブでの定番曲になっています。

【試聴動画】ミルキィホームズミニアルバム「BLOOOOM!!!!」

MCパート4

曲が終わり、少しのMCタイム

橘田「早いね~!そろそろ?」

三森「クライマックス!」

ということで、もうライブは終盤でした。

shortバージョンが多いとはいえ結構な曲数ですよね。

ここでコーレスタイム。

ミルキィちゃんが発する言葉に対して、我々が「ミルキィ~!」

と叫ぶ感じ。「アリーナー!」的なやーつです。

橘田「最後に、世界中のミルキアン!!」

客「ミルキィ~!!」

で次の曲へ。全体的にMCも短めです。

本編もそろそろラスト

29曲目は「毎日くらいまっくす☆」

去年のラストシングルに収録された曲。

なんやかんやで聞き込んでましたね。

曲中は「ミルキィ!」コールがあり、全力で叫びました。

曲中もコールが沢山あり、ミルキィらしい元気で楽しい曲です。

間奏でわちゃわちゃした振り付けなのも可愛いw

ミルキィホームズ『毎日くらいまっくす☆/そして、群青にとけていく』試聴動画

そして本編最後の曲、30曲目は「バイバイエール!」

これまでのライブでは特に何も感じていませんでしたが、

この曲の歌詞はまさに解散と新しい一歩を踏み出すミルキィホームズにぴったりの曲ですね。

「いってらっしゃーい」って歌詞が入っていて、いず様のMCを思い出します。

曲中はステージ上で近かったみもいず、みこそらが抱き合うシーンも。

4色の銀テープが飛んで、本編は終了。

アンコール

アンコールへ。

スクリーンには「ありがとうミルキィホームズ」の文字と、

昔のライブ映像がしんみりした雰囲気で流れ出しました。

おいおい~完全に泣かせに掛かってる~!

と思ったら、映像が途中で切れ、

初期探偵服に着替えた4人が登場。

まさかのアンコール1曲目「ミルキィアタック」

しんみりした雰囲気ぶっ壊れましたw

それでこそミルキィちゃん。

ミルキィの法被を着ていった甲斐がありました。

タオル曲で、盛り上がらないわけが無いこの曲は飛びましたねえ。

曲の途中では4人で抱き合う姿も。

4/20発売 ミルキィホームズ ニューアルバム《総天然色(フルカラー)》

ミルキィホームズ4人から手紙の朗読

曲が終わってMCへ。

佐々木「ありがとう ありがとう 出会ってくれてありがとう の歌詞やばくない?」

徳井「そこはやばい」

三森「私がやばいのは、ミルキィ ミルキィ ミルキィ ミルキィの所で、偶然歌う順番に並んでたとこ」

三森「普段はここで私達からそれぞれ挨拶をするんですが、今日は手紙に書いてきました」

ということで、お母さんのみころんが手紙を裏に取りに行くことに。

橘田「みころん、ブレード持ってきたの?」と言ったいず様。この真相は後に明らかになることに・・・。

最初はみころんの番。

ステージ中央に出て読もうとすると、他の3人はステージ脇の水を飲みにw

佐々木「みんな行かないで~!」

ということで、このパートはしゃべる人以外はミルキィちゃんも含め座ってじっくり聞くことに。

手紙を読みながら涙を流すみころん。

佐々木「エリーになっていない人生、ミルキィホームズになっていない人生なんて考えられません」

そらまるも貰い泣き。

佐々木「衝突することもありましたが、この4人だからやって凝れたんだと思います」

佐々木「私はステージで1列に並んだ姿を横から見るのが大好きでした。

今日が終わって明日が未来の1日目です。正直不安で心細いです」

佐々木「でもこの十年のミルキィ人生が背中を押してくれると信じています」

佐々木「私達が居なくなっても、曲たちが消えるわけではないのであえて言わせてください!ミルキィホームズは永遠に不滅です!!」

手紙を読み終わって後ろに座っている3人と抱き合うみころん。

こんなの泣いてまうやろ~~~~!!!

徳井「私の声優への道の第一歩を切り開いてくれたのはミルキィホームズでした」

徳井「本当の家族のように何も言わずに通じるようにもなりました」

徳井「形は変わっても、これからも大好きな気持ちは変わりません!最高のファム、最高の人生をありがとうございました!!」

そして抱き合う4人。

三森「約10年の間私達を支えてくれてありがとう。声優と言う今までと違う世界に戸惑いもありました」

三森「至急指揮をやったり家電店でのライブ、探偵服でコンビニに行ったりもしました」

ここで会場は笑いの渦にw

コンビ二の話は有名な話ですなあ。

三森「なんとなく終わってしまうコンテンツも多い中、こうやってファイナルまでの道筋を作ってくれたことに凄く感謝しています」

三森「ミルキィの皆さんもありがとう!性格はバラバラなのに、食の好みだけはばっちり合って、全力でバカ出来る存在って本当に大切だなって思います」

三森「ミルキィが終わっても、みんなで焼肉に行って牛タンを一人一皿づつ頼もうね!」

三森「明日からは三森すずことしての第2章です。シャロ!これからも一緒に歩いていこう!」

話し終わり、抱き合うミルキィ。

そして最後はいず様。さっきみころんが持ってきたブレード?でしたが、

橘田「ちゃんと便箋に書いてくれば良かった」

と言って何かを広げ始めるいず様。

実はこれ、巻き物でしたw

なぜ巻き物に手紙を書いてきたし!

橘田「私はこの十年凄く成長できたと思います。年長者だしまとめ役としてやらないといけないと悩んでいましたが、ミルキィのバカなアニメと、コーデリアさんのぶっ飛んだ性格が、バカでいいんだって分からせてくれました」

橘田「ミルキアンのみんなの支えがあって迎えられたゴール、みんなにありがとうって言って欲しいです」

橘田「十年経っても老人ホームに行ってもミルキィの曲を歌い続けていたいです」

橘田「仕事に疲れたり、学校に疲れたりしたら、ミルキィのバカな動画を見て元気出してください!」

橘田「そしてみんなの輝かしい未来に向けて、行ってらっしゃい!!」

そしてまた抱き合う4人。

4人は本当にミルキィホームズで人生が変わった4人ですよね~。

新しい世界に飛び込んでから十年も同じユニットが続く。

中々無いことだと思います。

スタッフからのサプライズ

手紙を読み終わると、スクリーンに、今までのライブや、ミルキィの活動の映像集が流れ始めました。

どうやらスタッフからのサプライズのようです。

BGMには「聞こえなくてもありがとう」スクリーンには歌詞も表示されており、

自然に観客達が歌い始めました。

みるみるミルキィの映像も流れたりして、

4人「もうバカばっかり~w」

と笑う4人。

映像が終わると、

徳井「なーにーこーれーーー!!」

とカメラ目線のそらまる。

橘田「忘れてたことも沢山あったね」

徳井「忘れてた事だらけだったけど、みんなも歌ってくれてありがとう!」

そらまるの記憶力よ・・・。

ちなみに、ミルキィちゃんたちは、ライブ前、スタッフに「サプライズは無いのか」と詰め寄っていたそう。

サプライズってそういうこっちゃないでしょw

まあ、結果サプライズは大成功という所でしょうか。

この映像売ってくれませんかねえ。

ミルキィホームズの原点

そしてライブに戻ると、次の曲は「雨上がりのミライ」

スクリーンには当時のPVと、今のステージのミルキィが両方同時に表示されていました。

「雨上がりのミライ」は本当にミルキィの最初の曲。

PVはやっぱりみんな初々しいですね~。

「雨上がりのミライ」PV(short ver.)

これまでのライブではこの曲の振り付けはPVと異なっていました。

PVではサビで手をグーパーさせるのと、足をパタパタさせてるんですよ。

しかし、今回のライブはこのPVのオリジナル振り付けを生で披露!!

サプライズと言ったらあれですけど、最後の最後でこれを見れるとは・・・。

ハイパーみもりんタイムも当然披露。

ああ、もう最後なのかあ・・・。

スクリーンに映る4人はみんな涙目でした。

アンコール最後の曲は「そして、群青にとけていく」

この流れでこの曲、目から汗が・・・。

この文章を書いている今も鮮明に思い出せます。

曲が進むと、みもりん、そらまる、みころん、いず様の順にそれぞれ帽子をステージにおいて、セットの階段を1人ずつ登っていきます。

客席に礼をするそらまるは、頑張って全力の笑顔。ここ一番で強さを見せました。

曲はずっと間奏が流れていたんですが、最後のいず様が階段を登りきり、4人が揃った後、

「さよなら~」で曲は終了。

曲が終わって4人はステージの下にゆっくり下がっていきました。

茫然自失の中、時間が進む会場。

ステージ上の帽子にはそれぞれスポットライトが当てられていました。

ダブルアンコール

すると、会場からは「もう一回!もう一回!」コールからの、

「ミルキィ!ミルキィ!」コールに。

ステージの明かりがつくと、ミルキィの4人が全力で登場。

そらまるが帽子を取ろうとしたところ、滑ってすってんころりんw

はしゃぎすぎやろw

三森「こんなにメソメソしてるミルキィホームズは事件ですよ!これが最後の最後だから、みんな笑顔になって~!!」

ということで、ホントのホントのホントに最後の曲は

「正解はひとつ! じゃない!!」

全力で揺れる会場と、思いっきり楽しむミルキィの4人。

みもりんはカメラ前でめちゃくちゃはしゃいでいましたw

4人は帽子をタオル曲のようにぶん回しながら歌っていましたが、

曲が終わり、帽子を天高く投げ捨てる4人。この曲中帽子を再び被ることはありませんでした。

曲が終わりステージの端から端まで行って、会場に手を振る4人。

ステージ中央に戻り、マイクがオフになると、

「三森すずこと、徳井青空と、佐々木未来と、橘田いずみは、横浜一の名探偵、ミルキィホームズ、でした!!

全力で手を振る4人。笑顔で終わるとはいえ、やっぱりミルキィの4人の目には涙が光っていました。

4人がステージから捌けると、スクリーンにはゲスト登場時に撮った写真と共に、

ミルキィ4人のメッセージが。

佐々木「出会ってくれてありがとう!!ミルキィホームズフォーエバー!」

三森「私がずっと私であるように、ミルキィホームズはずっとミルキィホームズですよ」

橘田「一生忘れないで!!!」

徳井「長い間一緒に走ってくれてありがとうございました!!いつまでもミルキィ&ミルキアンは大切な宝物!!愛してる!!僕は一生ミルキィホームズです!」

全力で燃え尽きた約3時間のライブ、ファイナルを迎えてミルキィホームズは解散となりました。

思えば、人生で初めて現地参戦したライブはブシロード7周年ライブ。

当時あまり曲を知らなかったので、ミルキィのCDを買い漁り、まるでテスト勉強かのように

聞きまくりました。

そこからファンクラブに入会して、もう約6年。オタクとしても随分濃い時間を過ごさせて貰いました。

ミルキィホームズは居なくなりますが、これまでの思い出は消えることはありません。

ミルキィホームズフォーエバー。ありがとうミルキィホームズ!!

ミルキィホームズ ファイナルライブ Q.E.D. 日本武道館

おすすめ記事

2016年4月20日に発売された、ミルキィホームズ2ndフルアルバム「総天然色(フルカラー)」を購入しましたので感想...