【アニメ】「ケムリクサ」9話 感想 このせかいのしくみを知るには

スポンサーリンク

ケムリクサ 9話

2019年1月から放送が開始となった、アニメ「ケムリクサ」9話を見ましたので感想です。

※この記事はアニメのネタバレを含むためご注意下さい。

スポンサーリンク

みんなで一緒に登山しよ

前回しろいムシ達に助けられて、遂に9島に到着した一行。

赤い幹も近づいてきてるんでしょうか。

目の前には高い山。これを超えないと根には辿りつけないようで。

この山なんか浮いてね?

道が崩れないかと心配する一行ですが、しろいのは確信を持ってガンガン前に進んでいきます。(^_^)

このしろいの、りなには好意的ですが、りんは嫌われてますねw

文字が読めるわかばは、しろいのの代わりにヘイトを集めております。

りつ「りな、そいつ食べていいぞ」

りなも満更じゃないみたいです。

これまで進んで来た風景は、日本にある街の風景が主でしたが、

山に向かって進む道は、あみだくじみたいな細い道。

何なんですかねこれ。RPGのラスボス戦直前みたいな。

頑張って登山をする一行です。

この山は人工的な階段が整備されてますね。

それにしても歩いて登るのは大変そう。

モデルの山はあるんでしょうか。

山の上に存在する壁

山に登る途中で、わかばは山の下の風景に6島と7島を見つけます。

よく分かりましたな。目がいいとかの問題でもない気が。

登山で一番上の電話ボックス1つ分の水は使い果たしたみたいです。

やっぱり体力使いますからね~。

そして辿りつくのはやっぱり壁。

7島の時と同じく、近くに鳥居が見えるのは偶然でしょうか。

りん「色が少し・・・」

若干紫がかってる?

前回同様わかばが壁を開ける事に。

わかば「ここはムシもいないし、ゆっくり開けられるかと」

フラグでしたね。

壁の向こうにアカムシが登場。

このアカムシ、壁を透過して攻撃してきてます。

アカムシを通さないために壁があるものだと思ってましたけど、

これじゃ意味ないですね。

防御は壁でして攻撃する時だけ壁を透過する。

頭がいいムシさんです。

りつ曰く、このアカムシは音からしてヌシとの事。

しかも赤い根を呼ぶ程度の能力を持つ模様。

どんどん凶暴化してきているような。

ただ、何故かこのヌシは壁からはあまり離れられない様子。

何度も刺激するとまた根を呼ぶ可能性があるということで、

一撃でしとめる方法を考えることになりました。

りょう、登場

策を練るために一行は山中の建物の中へ。

電車は蚊取り線香みたいな感じでみどりちゃんに守られています。

この建物は登山者の休憩所だったんでしょうか。

壁を一撃で壊せないかという話に対して、

りん「やっぱり私が本体を使って連続で」

その言葉に、やっぱりりつはその提案を全力で止めにかかります。

本体のケムリクサを使うのはリスクがあるんですね。

みんなが休憩所で睡眠を取る中、またわかばは一人で行動し始めます。

壁周辺を調査しようとするわかば。

そして一人で行動しているのを見計らったかのように、新キャラ登場!

6話でりくに出会った時と同じ流れです。

りん達がいない所で出会うのは、偶然なのか。

背中に背負ってるのは、みどりちゃんみたいな木なんでしょうか。

このキャラの名前は「りょう」

これまで名前だけ出てきていたキャラが、登場してきました。

こんなところで何してるんですか。

りょうはわかばの匂いを嗅いで、自分たちと違うことを感じ取っています。

嗅覚が発達しているようですね。

わかばにいきなり戦いを挑んだり、なんか好戦的です。

かつて死んだはずのりょう。

ケムリクサに保存されていて生き返った?みたいです。

りょう「あと一回戦ったら使い切っちゃうんだわなあ」

流石に無限に保存できるわけではないんですね。

死んだとしてもケムリクサが現存している間は再生できると。

りょく、登場

わかばが目的地を赤い幹だと話すと、

その間の戦闘を想像してテンションMAXになるりょう。

やっぱり好戦的~!

壁を一発で壊す方法を考えるりょうは、りょくに話しかけようとします。

6話でりくがりょくに話しかけようとしてた時は、何かで通信してるのかと思ってましたが、

りょうが一瞬で姿形をりょくへと変化。

え?そういう仕組みだったの?てことは、りくも同じ仕組みで同じ内部にいるって事?

わかばがだいだいのケムリクサを持ってる事について、りょくが狼狽し始めます。

涙目りょくちゃん可愛いな。

他のヒトに日記は読まれたくないもんなw

わかばに日記を読まれたことで、殺意の波動に目覚めかけるりょくですが、

同じくせかいのしくみに興味がある者達として意気投合。

危なかったな、わかば。

この世界の地形は意図的に手が入っている。

手が入れられた場所は壁で分断されたって事ですかね。

だいだいのケムリクサに最初のヒトが書いた部分は、一部消されている箇所があります。

書いたヒトと消したヒトは別々な気もしますが。

このせかいのしくみを知るにはやっぱり記憶の葉が必要。

りんの持つ記憶の葉には一体何が残っているのか・・・。

りょく「どうももうちょっとだけ時間あるみたいだし、何かしら核心を知ってから消えたいんだよね~」

一度死んで復活したりょく達も、もうすぐ消えてしまうんでしょうか。

記憶の葉のロックを解除するには、りんに触る必要があると。

えっち!

りょく「そういや今は目もいいのか~私の目、あの時渡すんじゃなかったじゃん」

りんの目がいいのは、元々りょくの能力が継承されたものだったんですか。

あの時とは?

壁の向こうに広がる世界は

壁を一撃で壊すには、みどりの枝を使えばいける可能性がある。

りつにその事を話すわかばですが、やっぱりりょく達のことは話してないようです。

みんなの了承を得てみどりちゃんの枝を使うことになった一行。

みどりちゃんの本体を使うっていう理解で良いんですかね?

わかばが壁を開こうとすると現われるヌシ。

開くのに反応してるように見えます。

りんがみどりちゃんの枝をヌシのいる壁に投げると、

ヌシは消滅。壁は無事ぶっ壊れました。

水を得て成長したことで、みどりちゃんの威力がアップしてるんですかね。

前も似たような感じで壁を壊したのか。

最後に一瞬現われたりょうは本物か幻か。

今まで名前だけ登場していた、りょうとりょくが遂に登場。

そして壁を壊して進んだ先には何が待っているのか。

このせかいのしくみも気になりますし、次回は一体どうなるんだ~?

おすすめ記事

2019年1月から放送が開始となった、アニメ「ケムリクサ」10話を見ましたので感想です。 ※この記事はアニメのネタバレを含むた...

Amazonリンク

「あとで見る」に登録した記事は、こちらからご覧下さい。

関連広告
スポンサーリンク

フォローする