「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」第1話感想 開かれる並行世界

スポンサーリンク

この世の果てで恋を唄う少女1話

2019年4月から放送開始となった、アニメ「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」第1話を見ましたので感想です。

※この記事はアニメのネタバレを含むためご注意下さい。

スポンサーリンク

1話からキャラクターが沢山登場

この作品はゲームが原作ということですが、ゲームはやった事が無く、

タイトルをなんとなく聞いた事があるなあくらいの、ほぼ事前情報0での視聴となります。

第1話のタイトルは「You Know?」

主人公の名前は「有馬たくや」

いきなりたくやが生まれる?シーンからスタートですが、

今後このシーンが重要になってくるんですかね。

そして現代のたくやが見たのは、セクシーな格好をした、絵里子先生のパンツ!

パンツ!

父親が亡くなった?と聞いたたくやですが、あんまり動揺してないですね。

どういう関係性なのやら。

1話から結構な数のキャラが登場しておりますが、

まだまだ誰が誰かは把握できてないです。

でも、ツンデレキャラ島津澪のCVが釘宮理恵とは、王道中の王道を往く感じですなあ。

たくやの母、亜由美は継母らしいですね。

随分若く見えます。

龍蔵寺先生はビジュアルにも描かれてますし、重要キャラなんでしょうか。

ちらっと登場した一条美月さん。

たくやを慰めてくれるらしいですが、何をしてくれるんですかね。

テレビリポーターとして登場した朝倉香織さん。

公式ページにはキャラ紹介に登場していますし、ポッと出のキャラではないのか。

たくやの学校に転校して来たのは、波多乃神奈という女の子。

多分重要キャラなんでしょうけど、1話ではまだ謎ですね。

謎のアイテムを入手

たくやは何処かから送られてきた謎の鉱物?を手に入れてます。

これが重要アイテムになるんですか。

玉が3つ足りてないのは、何かの伏線なんですかね。

たくやに送られてきた謎の論文には、この鉱物の事が書かれています。

リフレクターデバイスとは?

そして、実は父親が生きているということも。

うーん、謎。

別世界へ移動するたくや

亜由美さんは海岸工事に携わっているようで。

ここで起きた謎の雷。

なんか人が巻き込まれたかなりの事故がおきてるっぽいです。

不自然な雷とは。

神奈は何か知ってそうです。

この工事を行っている場所にあるとげとげな形の山は何なんでしょうか。

父親の指示に従って午後10時にこの場所に向かうと、素っ裸の女の子が。

これはお持ち帰り案件。

エルフのように耳の尖ったこの子がユーノ?

たくやに抱きかかえられたこの子はいきなりたくやに、チュッ!

なんかよくわからないですが、おめでとうございます。

そのまま消滅する女の子。

バカな。

そこに現われる龍蔵寺と亜由美。

こんな夜に2人で何やってたんですかね。

龍蔵寺「因果律の果てに捨てられたか」

龍蔵寺もたくやの父が生きているということを知っているようで。

龍蔵寺に銃で撃たれそうになった瞬間、例の雷が発生して、何かが発動。

そこに居合わせた神奈は偶然ではないでしょう。

リフレクターデバイスの影響で?別世界に移動したらしいたくや。

これが並行世界への移動ってことですかね。

第1話ではまだまだどういうストーリー、世界観なのかがまだ把握できていません

でも、タイムマシンとか並行世界とか、時間に関する物語は大好きです。

結構有名なゲームらしいんで、世間的にはゲームをプレイしてからアニメを見る層が多いんでしょうか。

自分はとりあえずネタバレを見ないように、アニメだけを追って行くスタンスで見て生きたいと思います!

第2話のタイトルは「並行世界構成原理」

並行世界へ移動してしまった主人公はどうなってしまうのか。

次回を待とうと思います。

おすすめ記事

2019年4月から放送開始となった、アニメ「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」第2話を見ましたので感想です。 ※この記事は...

Amazonリンク