「ひとりぼっちの○○生活」第1話感想 ぼっちの友達作りは始まったばかりだ!

スポンサーリンク

ひとりぼっちの○○生活1話

2019年4月から放送開始となった、アニメ「ひとりぼっちの○○生活」第1話を見ましたので感想です。

※この記事はアニメのネタバレを含むためご注意下さい。

スポンサーリンク

中学校へ進学したぼっち

この作品はマンガ原作ですが、原作は読んだこと無いので完全に初見での視聴になります。

中学校に進学した主人公、その名も「一里ぼっち」

名前からしてぼっち!?

両親に名前の由来を聞きたいところだが!

進学なり進級が憂鬱なのは凄く共感できる所ですねえ。

ぼっちの唯一の友達「八原かい」

やわらかいのかあ。

かいとは別々の中学に行く事になったようで。

優しさなのかなんなのか、かいは、中学でぼっちがクラス全員と友達になるまで絶交宣言。

友達が出来たら仲直りしてくれるらしいです。

見た感じハードル高そう。

そこでぼっちが作ったのは、「友達を作らなくても達成できる作戦」

最初っから友達作る気0なんかい!

自分の教室に「1組廃止のおしらせ」を掲示するぼっちさん。

そこは謎の行動力を発揮するのね。

なぜその作戦が成功すると思うのか。

無事作戦は失敗です。

本当にありがとうございました。

ぼっちでゲロイン

クラスにもぼっちと同じく人見知りがいるようですけど、

そっちはもうグループ作ってる感じですか。

こういうのって、最初に作ったグループでかたまりがちな所ありますよね~。

それで、最初は自分の席の近くの人と話し始めるのもあるあるな所。

最初の自己紹介で気合を入れたぼっちさんは、緊張しすぎで吐いた~!

ゲロインだったか。

前の席の「砂尾なこ」には、ゲロと呼ばれる始末。

現実だと1学期中はいじられそうなや~つ。

ところがぼっちさんは、なこと話せた事に感激のあまり、顔から地面へそのままバタン。

いや、危険な倒れ方よそれ。

友達できたよ!

放課後雨が降ってる中、一方的に折り畳み傘をなこに貸して逃げ出すぼっち。

結果、追いかけてきたなこと相合傘で帰ってます。

なこさん素直ないい子。

なこと友達になりたいぼっちは、次の日早速なこに対して頭突きコミュニケーションを展開。

痛みから始まる友達もある。

ぼっちは会話をするために、独自のQ&A台本を体に書いてきていました。

選択肢によって体の色んな場所に飛んでいくようになっています。

全身に書いてきたんだろうか。

天気の話とかいいんじゃないですかね?

ちなみに、台本に存在しない会話が発生した場合はバグる模様。

アドリブは弱いんで、台本どおり頼む。

なんやかんやでぼっちとなこは携帯のアドレスを交換。

ぼっちさんめっちゃ嬉しそうw

授業中にメールでやり取りしてるの、なんか学生っぽいですなあ。

ガラケーだとポチポチ音目立たないんかな。

一緒に昼食食べたりしてて、ほほえま。

放課後も一緒に帰ってますねえ。

ぼっち「私、なこちゃんのこと、好きになったみたい!!」

やったぜ。

急接近した2人はこの後、夜の街へ・・・。

とはならず、これはぼっちさん特有の友達宣言だったようで。

なこからも、友達OKが出ました!

勝訴です!!

そしてぼっちはまたしても顔からぶっ倒れ。

これも一種のコミュ二ケーションなんだろうか。

なこももっと心配してあげて?

友達が出来ていい笑顔のぼっち。

人見知りとは言いつつ、なんやかんやコミュ二ケーションは取れてるのでは?

かいとはどうやって友達になったのやら。

エンディングを見ると、メインキャラクターはまだいるみたいですね。

今回は砂尾なこ回でしたが、次回以降他のキャラがメインの回が来るんでしょう。

次回のタイトルは「本当はありがとう」

一里ぼっちの友達作りはまだ始まったばかりだ!

おすすめ記事

2019年4月から放送開始となった、アニメ「ひとりぼっちの○○生活」第2話を見ましたので感想です。 ※この記事はアニメのネタバ...

Amazonリンク