「鬼滅の刃」第1話 感想 鬼となった妹を救う事は出来るのか

スポンサーリンク



2019年4月から放送開始となった、アニメ「鬼滅の刃」第1話を見ましたので感想です。

※この記事はアニメのネタバレを含むためご注意下さい。

この作品はマンガ原作ですが、原作は読んだこと無いので完全に初見での視聴になります。

公式のあらすじを見ると、時代設定は大正ですか。

季節は冬でかなり雪が積もっています。

主人公の竈門炭治郎が住むのはかなり山奥ですね。

町に下りて炭を売るのを生業にしてるんでしょうか。

町人とも凄く仲良しですねえ。

炭治郎は鼻がすごく良いという設定のようで、今後の重要ポイントになってくるんでしょうか。

炭売りから帰る途中、夜は鬼が出るという理由で途中のおじさんに泊めてもらうことに。

ここが分岐ポイントだったか。

このおじさん今後も登場するんですかね?

ここで振舞われている料理、作画が良くてめっちゃ旨そうw

料理の作画が良いアニメは良アニメの法則発動か~?

鬼は家の中にも入ってくる。

炭治郎が家に帰ると、家族が全員惨殺されているという出来事で、

このフラグを回収です。

つら。これが鬼の仕業?

タイトルの「残酷」はここに掛かってるんでしょうかね。

作画が良いだけに、割とグロめ。

そんな中でも妹の豆子だけはまだ生存。というより、鬼になって生き延びた?

この世界の鬼っていうのは感染して増えるものなんでしょうか。

炭治郎が豆子に襲われている所に現われたのは、鬼ハンターの冨岡義勇。

生業に出来るほど鬼がいっぱいいるのか。

刀を操る姿は強キャラっぽいですが、どういう感じで物語りに絡んでくるんでしょうか。

豆子は鬼になって理性を失っているかと思いきや、まだ炭治郎の事を認識出来ている模様。

最後は口に竹筒を咥えさせられています。

咥えている間は大人しくなってますが、これを外したらまた暴れちゃうんですかね。

あと、日の光を浴びるかどうかも関係していると。

豆子を連れて旅立つ炭治郎で1話は終了。

全体的に凄く作画が良いですね。BGMもなんとなく好きだなあと思っていたら、

梶浦由記が絡んでるようで。納得です。

まだ1話なんでどうなっていくのかさっぱり分からないですが、

先のネタバレをなるべく見ないように、次週を待とうと思います。

おすすめ記事

2019年4月から放送開始となった、アニメ「鬼滅の刃」第2話を見ましたので感想です。 ※この記事はアニメのネタ...





「あとで見る」に登録した記事は、こちらからご覧下さい。

関連広告

こちらもおススメ

スポンサーリンク

フォローする