「超可動ガール1/6」第1話感想 喋る美少女フィギュアとオタク

スポンサーリンク

超可動ガール1/6 1話

2019年4月から放送開始となった、アニメ「超可動ガール1/6」第1話を見ましたので感想です。

※この記事はアニメのネタバレを含むためご注意下さい。

スポンサーリンク

フィギュアもよう喋る

「ふたばにめ!」枠のアニメ1つ目。

原作はマンガだそうですが、2016年に連載は終了しているようで。

オタクの主人公「房伊田春人」の元に、動く美少女フィギュアのノーナが現われた所から物語がスタート。

動く美少女フィギュアというと、フレームアームズ・ガール的な感じを思い浮かべます。

基本は2Dアニメですけど、ノーナだけは3Dで作成されていますね。

ノーナは、アニメ内アニメである『少女⇒惑星探査』の記憶そのままを持っているという設定。

まさにアニメの中からそのまま飛び出したという、オタクの妄想そのままな女の子となっておりますw

春人がノーナの服を脱がそうとすると、自己防衛モードでミサイルをぶっ放すというセキュリティも完備。

撃ってるの実弾なの?春人さんよく避けたな。

『少女⇒惑星探査』の知識をふんだんに活かし、春人はノーナに話を合わせ、

アニメの中の学者という設定で生きていく事を決意。

ノリッノリですなあ。

てか、フィギュアが喋る事に順応しすぎだろw

今後はこの2人を中心に話が進んでいくんですかね?

公式ページを見ると、他にもキャラクターが登場するようです。

ノーナのようにフィギュアとして登場するキャラもいるようで、

どういう展開になるのか、第2話も見てみようと思います。

おすすめ記事

2019年4月から放送開始となった、アニメ「超可動ガール1/6」第2話を見ましたので感想です。 ※この記事はアニメのネタバレを...

Amazonリンク

「あとで見る」に登録した記事は、こちらからご覧下さい。

関連広告
スポンサーリンク

フォローする