「ひとりぼっちの○○生活」第3話感想 勝負服で友達との仲を深めるぼっち

スポンサーリンク



ひとりぼっちの○○生活3話

2019年4月から放送開始となった、アニメ「ひとりぼっちの○○生活」第3話を見ましたので感想です。

※この記事はアニメのネタバレを含むためご注意下さい。

スポンサーリンク

3人で一緒に下校したいぼっち

3話の冒頭、いきなり登場したのは「押江照代」

ぼっちのクラス担任ですよね。

このクラス、先生の名前も変なのだったのか。

生徒から照ちゃんと呼ばれて仲よさそうですが、

唯一、なこに異常なほど恐怖心を持っています。

これは闇深い。

こんな感じで教師やってたら、心病みまっせ。

前回、残念ハンガーこと本庄アルと無事友達になったぼっちさん。

ぼっち「本庄さんと結婚したい、本庄さんと結婚したい、本庄さんと結婚したい」

ぼっち「ああ^~3人で仲良く結婚できたら夢のよう」

と、ぼっちさんは頬を赤らめ妄想を膨らましております。

最初は本当にこう聞こえたんだよなあ。

実際は「結婚したい」ではなく「下校したい」でした。

大丈夫か俺の耳。

アルと一緒に帰りたいぼっちは、頑張って話しかけようとしております。

一方のアルはクラスで大人気だったみたいで、色んな子から話しかけられて、

ぼっちの入る隙間なんかありゃしません。

お疲れ様でした。

一体何千万回話しかけようとしたのやら。

見かねたなこは、アルの頭にチョップを食らわし、無事話しかける隙間が出来ました。

ぼっちの下校の誘いにも、満面の笑みで快諾です。

優しい世界。

チョップのお返しに、ゼロ距離射程の頭突きをかますアルさんです。

それ、やっぱり得意技だったんだ。

放課後やっと3人での下校時間。

嬉しいということを気絶で表現するぼっちさんです。

ぼっち「最近は気絶する事ばっかりで、とっても嬉しいです!」

文字面だけ見たら、全然嬉しい事じゃないですよそれ。

なこは飴でぼっちを餌付けしてるみたいですね。

飴を欲しがるアルに対して、

なこ「2つしか持ってきてないから、お前の分はない」

お、エモ。

なんやかんやあって、自分の分の飴をアルに渡すなこです。

お、トゥンク。

その飴はカラスに盗まれてしまいましたが。

残念!

自分の家で友達と遊ぶぼっちさん

ぼっちの家で遊ぶ約束をしたなことアル。

家で謎の腹巻クマきぐるみを着ているぼっちさんです。

なんですか?それ。

クマ好きなんだ。

歩く時にぷにぷに音鳴ってます。

勝負服らしいですけどね。

これまでどういう場面で勝負してきたのかは気になる所。

家に来たなこは、伊達メガネスタイル。

メガネ女子、良いと思います!

アルは結局、テニス部の練習で来れなくなったみたいですね。

ぼっちに連絡ぐらいしてあげてや。

ぼっちは、友達を家に呼んだときの台本を作成していました。

作ってる時のぼっちを想像すると可愛いですが、台本どおり進まなかった時のぼっちを考えると・・・。

それに付き合ってあげるなこ、めっちゃいい人w

おもてなしが出来ずに落ち込んでいるぼっちに対しても、

なこ「私に迷惑掛けても、私は平気だ!」

はあ、どんだけ懐広いんだよ。

それを言われたぼっちは、ゲロで喜びを表現しようとします。

やめてね。

その後気絶で表現しようとしたのかと思ったら、熱で倒れただけでした。

この日が楽しみすぎて、熱持ったか。

家に帰るというなこに対して、駄々をこねるぼっちさん。

可愛いなおいw

なことアルも仲良くなってきた

風邪で学校を休んだぼっちは、風邪ではなく、

なことアルに自分の存在を忘れられる恐怖と戦っています。

ネガティブ思考が過ぎる。

今までどうやって生きてきたんだい。

なこは、ぼっちの宿題ノートを届けるために照代先生の下へ。

照代先生は、なこが恐すぎて辞表を用意している模様。

なんでですの。

教師が生徒に対して、「恐い人苦手なんです~!」

は、ダメでしょw

どう見えてるんだい。

誰か、現実の人間に例えて教えてください。

なことアルは、ぼっちが居なくても一緒に下校する仲に。

なこ「今日からは3本持ってきてるから」

と、アル分の飴を用意してきたなこさん。

はあ、これは落としに掛かってるのかな?

ぼっちの家にプリントを届けに行く2人。

当のぼっちさんは、なことアルに自分のことを覚えているかどうかを尋ねる始末。

なこ「はじめまして、ですよね」

ぼっちの扱いを分かってきておる。

練習してきた笑顔をぼっちに見せるなこ。

これで照代先生も落とそう。

次回のタイトルは「弟子になります」

照代先生が、なこさんの弟子に!?

おすすめ記事

2019年4月から放送開始となった、アニメ「ひとりぼっちの○○生活」第4話を見ましたので感想です。 ※この記事...