「超可動ガール1/6」第3話感想 料理を作る家庭的な美少女フィギュア

スポンサーリンク



超可動ガール1/6 3話

2019年4月から放送開始となった、アニメ「超可動ガール1/6」第3話を見ましたので感想です。

※この記事はアニメのネタバレを含むためご注意下さい。

スポンサーリンク

房伊田の妹は順応性抜群!

2話の最後で房伊田の部屋に入ってきた女性。

この人は房伊田の妹、「ミコト」でした。

ノーナは自分のことを、房伊田の妻だと挨拶しております。

一応夫婦であるという意識はあるみたいです。

それにしても、このミコトさん、

フィギュアがしゃべってることに対して全く動じておりません。

順応性高すぎでは?

キャラを知っているという辺り、ミコトも『少女⇒惑星探査』の事は知ってるんですね。

というより、かなり詳しそう。

フィギュアが喋る事に動じてはいませんが、なぜ喋るかという所に関しては興味があるようで。

僕も気になる。

ミコトは何故か白衣をまとい、ノーナを質問攻めです。

ノーナの記憶は、アニメの途中の所までしか無いらしい。

この話って今後のストーリーに関係してくるんですかね?

あと、ノーナは普通に人間と同じ食事を摂るらしい。

1/6スケールだけに、食費がかさむってことは無いのかもしれないですけど。

食べないとどうなるんだろう。

房伊田はノーナ以外のフィギュアを色々買ってきて、

フィギュアが意識を持つ現象を再現しようとするらしい。

他のフィギュアがもし動いたら、ハーレムだ!と豪語する房伊田。

やはり、離婚の危機は常に側に。

料理を作ってくれる美少女フィギュア

季節はクリスマス。

ノーナは房伊田とのクリスマスのために料理を作ったみたいです。

マジで?そんな機能もあるんですか?

一方の房伊田は、ノーナを家において別の人とクリスマスデート。

ええんか。

ノーナには濁していましたが、房伊田のデート相手はオタク友達の「冠成次郎」でした。

房伊田はそっちもいけるのか。

また濃いキャラしてますなあ。

しかし、このデート会場、見た感じ高級レストランって感じですが。

もっと個室の場所無かったんかいw

食事でチキンを頬張る房伊田。

このチキン、顔の大きさぐらいあるかなりのクソでかチキンですけど、

作画崩壊じゃなくてこういうもん?

房伊田は、成次郎に『少女⇒惑星探査』の事をクソアニメと言われブチ切れ。

レストランの中で大喧嘩。

めっちゃ迷惑じゃねえかw

店員はこの2人を店から追い出す義務がある。

この成次郎、ノーナと同じように喋るフィギュアを所持しているようで。

お前もか。

成次郎は、喋るノーナが房伊田の所に居るのを知ってるみたいです。

しかも、ノーナの次の喋るフィギュアが送られているらしい。

成次郎の目的は一体。

そして、次のフィギュアが送られてくることによって、

房伊田のハーレム形成が促進され、ノーナとの離婚も秒読みに。

どういうことなのやら。

次回は新キャラが登場する予感。

房伊田とノーナの関係性はどうなっていくんでしょうか。

おすすめ記事

2019年4月から放送開始となった、アニメ「超可動ガール1/6」第4話を見ましたので感想です。 ※この記事はア...





「あとで見る」に登録した記事は、こちらからご覧下さい。

関連広告

こちらもおススメ

スポンサーリンク

フォローする