「女子かう生」第3話感想 女子かう生の太ももに挟まれたガムを食べるとかいうフェチ

スポンサーリンク



女子かう生3話

2019年4月から放送開始となった、アニメ「女子かう生」第3話を見ましたので感想です。

※この記事はアニメのネタバレを含むためご注意下さい。

スポンサーリンク

女の子の太ももに関する新たな境地を発見

第3話のタイトルは「女子かう生と眠気」

電車の中でいつも通りスマホを見ているもも子。

スカート短いですなあ。

目の前に立っているのは眠気たっぷりサラリーマン。

実際にもあるあるな日常光景ですね。

このサラリーマン、立ってつり革を掴みながら寝ております。

忙しい時はあったなあこんなことも。

この電車のシーンでは、謎にふとももにフォーカスが当たっております。

これは「ふとももこ」の真骨頂!

板ガムを食べようとしたサラリーマンは、それを落としてしまい、

ガムはまさかのもも子のふとももの間へ挟まれる結果に!

合法的に女子かう生の太ももをガン見出来るシチュエーションキター!

太ももに挟まれたガムを取り出したもも子は、それをそのまま持ち主のサラリーマンへ。

こんなフェチってあるんだ。

現実的にこんな事があったら、痴漢になるん?

このサラリーマンは、周りの大人たちの視線に押され、渡されたガムを拒否。

もったいな!

女子高生の太ももに挟まれたガムを食べるのを選ぶのか、

それとも拒否して社会的信用を保つのか。

5秒は悩みますね。

ガムを拒否したサラリーマンに、もも子は手持ちのお菓子をくれました。

お菓子を貰ったサラリーマンは、スーパージャンプで喜びを表現。

結果的に社会的信用を失う方を選んだのかな。

だったら最初っからガム食っとき。

おすすめ記事

2019年4月から放送開始となった、アニメ「女子かう生」第4話を見ましたので感想です。 ※この記事はアニメのネ...





「あとで見る」に登録した記事は、こちらからご覧下さい。

関連広告

こちらもおススメ

スポンサーリンク

フォローする