「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」第4話感想 NTRからの展開にショック倍増

スポンサーリンク

この世の果てで恋を唄う少女4話

2019年4月から放送開始となった、アニメ「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」第4話を見ましたので感想です。

※この記事はアニメのネタバレを含むためご注意下さい。

スポンサーリンク

亜由美の未来についての考察

夢の中で母親の亜由美が血の海に沈んでいく光景を見てしまったたくや。

不穏。

夢に出てきた父親が、

「だったら目を離すな、こうしている間にも亜由美は」

と話したのは、未来を暗示しているんでしょうか。

ジオテク社と市長の癒着に付いて調査している香織。

たくやに接触してきました。

市長は澪の父親でした。

直接澪に行かなかったのは何でですかね?

今回アニメ初登場。

勝手に澪をアメリカのナショナルスクールに入れようとしています。

1週間後に編入とか、流石に急過ぎでは?

これも癒着問題と関係してるんでしょうか。

たくやが貰った香織の名刺には、「豊富には気をつけて」の文字。

豊富は登場以来ずっと怪しげな動きをしてますしね。

香織は既に色々知ってそうです。

チート機能はどんどん使っていけ~

夏休みの補修にて、小テストで満点を取れたら次の日からの補修は免除ということで、

リフレクターデバイスを起動するたくや。

チート過ぎるw

これ、セーブポイントは一つしか設定できないんですかね?

結局ジオテク社からの電話に阻まれて補修をサボったたくやさん。

小テストを受けないことによって、満点取れなくなりましたけど。

ジオテク社からの電話では、亜由美が刑事事件に巻き込まれるかもしれないと。

ああ、豊富関連ですか。

案の定たくやの家には、亜由美と豊富が。

NTRショック

家に帰ったたくやが見たのは、豊富が亜由美の股をまさぐっている光景。

NTR感ハンパな。

意外と仲良さげな2人。これ、もう墜ちた後ですか。

ショックで家を飛び出したたくやは、喫茶店で香織に出会います。

亜由美の刑事事件の事を知っていた香織は、言葉巧みにたくやを自分のホテルへ。

ああ、こっちはこっちでお楽しみタイム。

そして、ホテルでは神奈も謎のおっさんと会合しております。

こっちもかよ!普通に考えたらこの後エロ展開ですけど、

このおっさんは何故か学校にも来ていました。

探偵か何かなの?

たくやはここからどうする?

香織の話によると、ジオテク社から機密データが盗まれたらしい。

その責任を取って、亜由美が役職を解任されることになったとも。

3話で亜由美が無造作に放っぽって豊富に回収されたあれですかね。

今も昔も内部の犯行を止めるのは難しいもんで。

香織はたくやに、ジオテク社に侵入するためのカードをあゆみから盗んで欲しいと依頼しました。

侵入出来たとして、リスクしかない気が。

豊富の策略に気付いたたくやは、即効で自宅へ。

ゴミ箱に捨てられてるティッシュとゴムは生々しいですねえ。

どんだけヤッたんだよ。

そして風呂場には手首を切って倒れている亜由美の姿が。

ほぼ夢の通りかいっ!

リフレクターデバイスの出番かなこれは。

この時点で使ったら補習の学校に戻るんですかね?

なんやかんや記憶を引き継げるのは強い。

今回は、神奈と謎のおっさんの関係性も出てきましたし、

謎が増えましたね。

次回のタイトルは「悲劇の螺旋」

悲しみのストーリーはまだ続くか。

TVアニメ「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」公式サイト

おすすめ記事

2019年4月から放送開始となった、アニメ「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」第5話を見ましたので感想です。 ※この記事は...

Amazonリンク