「川柳少女」第4話感想 絵で会話 意外と喋る 寡黙少女

スポンサーリンク



川柳少女 4話

2019年4月から放送開始となった、アニメ「川柳少女」第4話を見ましたので感想です。

※この記事はアニメのネタバレを含むためご注意下さい。

スポンサーリンク

毒島にストーカー?

通学中、誰かの視線を感じるようになった毒島。

七々子「もしかして 横の私の 視線では?」

はあ、ストレートに毒島のことを見つめている事を表現。

これってもう告白では。

毒島「どうせまた部長がどっかで見てんだろ」

部長に遠くから見られてることに気付いてるんだw

てか、それはそれでいいのね。

謎の視線は、毒島のストーカー説から、毒島に告白したい女の子説に。

その説に焦る七々子さん。

自分がもし毒島に告白したらどうするかという句を書こうとするも、

恥ずかしくなって途中で短冊を真っ二つにw

自分の句を途中でボツにすることもあるんですなあ。

ボツなった句を手に入れたアマネ部長。

これは部長にエサ与えちゃったね。

放課後、告白したい女の子から毒島を警護する事にした七々子。

健気ですなあ。

結局電柱の影に問題の女の子発見!

萌え袖にスケッチブックで会話をする新キャラ来ました!

珍しい属性。スケッチブックキャラってこんな所にも居たのか。

この子が毒島をストーカーしていた理由は、毒島が落とした生徒手帳を返そうとしていたかららしい。

毒島が恐すぎて返すタイミングを失っていたそうですが、毒島ってどんだけ恐いキャラなんだよ。

スケッチブック少女と異文化コミュ二ケーション

毒島達の居る文芸部に遊びに来たストーカーちゃん。

名前は「矢工部キノ」

七々子の川柳と、キノのスケッチブック。

それぞれ異文化コミュニケーションですが、意思疎通は出来るらしい。

自分と同じ顔をそっくりそのまま絵に表現できるとは。

川柳よりも時間掛かりそうですけど、どれぐらいのタイミングで会話できるんだろうか。

キノに絵を教えてもらうことになった文芸部員達。

アマネ部長って生物かそうじゃないか関係なく、全ての絵を裸で表現する事しか出来ないらしい。

世界がどう見えてるんだろうね。

最初はアマネをモデルに毒島と七々子が絵を描く事に。

表情に差は有れど、2人とも絵は上手なのでは。

お互いをモデルに絵を描く毒島と七々子。

毒島に見つめられる事に照れたり、自分が毎日毒島のことを見ていることを話したり、

七々子さん、だからもうそれ告白だって!

ラブコメの波動を感じる時は、サングラスを装着するアマネ部長である。

絵の採点にノリッノリなキノは、2人絵に100点くれました。

キノって、リアルでは大人しいけど、ネットだと良く喋るタイプなんかな。

次回のタイトルは「占い少女」

これってまた新キャラ登場ですか?

TVアニメ「川柳少女」公式サイト

おすすめ記事

2019年4月から放送開始となった、アニメ「川柳少女」第5話を見ましたので感想です。 ※この記事はアニメのネタ...





「あとで見る」に登録した記事は、こちらからご覧下さい。

関連広告

こちらもおススメ

スポンサーリンク

フォローする