「ストライクウィッチーズ 501部隊発進しますっ!」第4話感想 やられる前にやる、それがハロウィンの掟!!

スポンサーリンク



ストライクウィッチーズ 501部隊発進しますっ!4話

2019年4月から放送開始となった、アニメ「ストライクウィッチーズ 501部隊発進しますっ!」第4話を見ましたので感想です。

※この記事はアニメのネタバレを含むためご注意下さい。

スポンサーリンク

シャーロットさんとエーリカさん頂きます。

シャーロットとエーリカは、食事の食いすぎで太ってきたみたいです。

この2人、ずっとダメな休日過ごしてんな。

芳佳が赴任してきたことにより、料理が旨くなったことも関係しているらしい。

幸せで何より。

そんな芳佳は、包丁を研いで太ったシャーロットとエーリカを食べようとしています。

まあ、普段いろいろ頑張ってるでしょうし、自分へのご褒美も必要ですね。

包丁研ぎも芳佳の仕事なんだなあ。

シャーロットもエーリカも、みんながなぜ体力づくりのために走っているかも忘れてしまったらしい。

ネウロイがいないっていい世界ですね。

ネウロイに襲われるのか、バルクホルンに襲われるのか、どっちが怖いんですかね。

走り込みでは、胸デカキャラの皆さんはたゆんたゆんしています。

お金を取って、訓練を見学するイベントを開催したらぼろもうけじゃないでしょうか。

頼むぞ。

結局走り込みに参加したエーリカさんは、胸デカな人たちに嫉妬してますが、

シャーロットの胸に挟まれたり、ビンタしたりして何やかんや楽しんでるみたいです。

訓練見学イベントでは、お胸ビンタ会の開催も追加でよろ。

性欲を持て余す宮藤芳佳

体力づくりの訓練で体力0になったシャーロットとエーリカは、

自分たちがネウロイに扮した模擬戦を行うことを提案。

楽するためなら、次から次へと色々考えますね。

芳佳「そんなことより早く走りましょうよ~マラソンと腹筋って心躍りますよね~」

それは周りの人に恵まれているだけやで!

そんな芳佳に対してシャーロットは、ストライカーを穿いて風圧を浴びれば、

おっぱおの触感と同じものが味わえることを伝えます。

ああ、車の窓から手を出して揉めば同じ感触だっていうあれな。

マラソン、腹筋の幸せよりも、おっぱおの幸せを選んだ芳佳は、

ネウロイの模擬戦をやることを承諾してくれました。

性欲を持て余す。

このシーン、色んなネウロイの種類について話が出ていますが、

想像のお話し?

エーリカ「さあ、模擬戦だよ!胸を貸してあげるからかかってきなさい」

胸?

模擬戦でストライカーを穿かないエーリカさんですが、

部屋で紛失したらしい。

あんなでかいものをどうやって・・・。

しかも、冒頭で食べていた芋は、エーリカの部屋に自生していたものらしい。

自給自足出来てえらい。

ハロウィンってなんですか?

時は10月31日。

上官が「トリックオアトリート」と言うと、部下の皆さんが色々と上納してくれる日です。

そんな風習があるんですね。

ミーナは権力を活かして、ルッキーニとシャーロットから何かをぶんどっています。

一応ハロウィンを知らない芳佳向けの、説明シーンだったみたいですが、

ミーナさんは毎年こんな感じなんでしょうね。

シャーロット「今日だけは、いたずらしても叱責してはいけない、素晴らしい掟があるからな!」

という理論で、部隊の部屋を周ることにしたシャーロット達。

楽しそう。

エイラの部屋を訪れたシャーロット達は、サーニャに物理的ないたずらをしようとしているエイラを目撃。

ナチュラルに一緒に寝ておりますが。

枕一つしかありませんが。

普段からやってるんでしょうね!ね!

ペリーヌは坂本少佐のために、ハロウィン用のお菓子を用意していたらしい。

タイミングの問題でシャーロット達に奪われてしまいましたが。

しょうがないね。

バルクホルンはシャーロット達の襲撃を予想して、お茶を用意していました。

仲良し~。

毎年やってんのかなこれ。

シャーロット達は助かったみたいですけど、バルクホルンにお菓子をあげなかったエーリカは、縛られてごみ箱に捨てられていました。

しょうがないね。

次回のタイトルは「501散髪します?」

刀で髪の毛切るとかいう新たな特技。

アニメ「501部隊発進しますっ!」公式サイト

「ストライクウィッチーズ 501部隊発進しますっ!」第5話予告

おすすめ記事

2019年4月から放送開始となった、アニメ「ストライクウィッチーズ 501部隊発進しますっ!」第5話を見ましたので感...