「ノブナガ先生の幼な妻」第5話感想 合法という言葉に興奮し始めるノブナガ先生

スポンサーリンク



ノブナガ先生の幼な妻 5話

2019年4月から放送開始となった、アニメ「ノブナガ先生の幼な妻」第5話を見ましたので感想です。

※この記事はアニメのネタバレを含むためご注意下さい。

スポンサーリンク

ロリはロリでも合法ですもんね

前回、稲葉山城の展示室にて再び謎の女の子を召喚した信永。

なんかこの子もノブナガを慕う女性の一人らしい。

一体何人いるんだい。

急に信永の腕を組んで親しげな女の子。

帰蝶とか友里先生からはツッコミ無し?

帰蝶はこの女の子のことは知らないらしい。

過去の信長は一体何人の女性をはべらせてたんですか?

「ノブナガ様なら、いやらしいことは大歓迎ですわ」

良かったですね。

この子の名前は「生駒吉乃」信長の妾だそうな。

一夫多妻制バンザイ!

この吉乃は、今いる場所が未来の世界だということを認識しているらしい。

理解力ハンパな。

吉乃が亡くなったのは29歳の時でその時の記憶を持っている。

でも姿は14~15歳らしい。

ロリコンな信永に合わせて召喚されて来るとは、便利機能である。

信永「合法ロリにご奉仕!なんて甘美な響~!!」

いや、公共の場で何を叫んでんだよw

そんな吉乃に嫉妬した帰蝶は、刃物を吉乃に向けて威嚇。

そんなもん持ち歩いてるのかよ。

そして、この修羅場にはメガネ娘の万結も参戦!

もう、信永は一夫多妻制で全員に等しく接しておやり。

Pyxis(ピクシス) / 恋せよみんな、ハイ!(Short Ver.)

TVアニメ『ノブナガ先生の幼な妻』公式サイト

おすすめ記事

2019年4月から放送開始となった、アニメ「ノブナガ先生の幼な妻」第6話を見ましたので感想です。 ※この記事は...





「あとで見る」に登録した記事は、こちらからご覧下さい。

関連広告

こちらもおススメ

スポンサーリンク

フォローする