「超可動ガール1/6」第6話感想 けんかをやめて 二人をとめて私のために争わないで

スポンサーリンク



超可動ガール1/6 6話

2019年4月から放送開始となった、アニメ「超可動ガール1/6」第6話を見ましたので感想です。

※この記事はアニメのネタバレを含むためご注意下さい。

スポンサーリンク

ベルノア×ノーナ

冒頭からいきなりベルノアとノーナのお風呂シーンから開始。

しかも2人で体を洗いっこしています。

急なサービスシーンありがとうございます。

2人ともこれで目覚めてくれると良いのだが。

それにしてもこのフィギュア達、キャストオフ後の体はどう表現されているのか気になる。

房伊田を巡って熱いバトル

前回房伊田と一緒に裏ボスを討伐したベルノア。

現実世界に戻ってきましたが、ベルノア自身は「ドラグリウス・サーガ」に戻りたがってるみたいです。

ボス戦で鎧が壊れた結果、ミコトにバニーガール衣装を着せられて、おもちゃにさせられてますが。

ベルノアも別に拒否はしないのねw

口では帰りたいといいつつも、房伊田と一緒にゲームを楽しんでいるベルノアさんです。

体は正直だな。

房伊田は、ベルノアとゲームだけじゃなくて、脱衣プレイも楽しんでます。

う~ん、変態!w

ベルノアに対して優しい態度を取る房伊田に、ノーナは嫉妬。

房伊田を巡って、ノーナとベルノアで勝負が行われる事に。

フィギュアが自分を巡って、「私のために争わないで」状態になるなんて。

ハーレム制度でよろしいじゃないですか~。

てか、「ドラグリウス・サーガ」ってプレイヤーキャラ、ベルノアしかいないんですかね?

RPGだとキャラ同士で恋愛になることありますけど、ベルノアはそんな事知らずに冒険をしてたっぽい。

自分に自信のないノーナは、自分を下取りに出して房伊田とベルノアの生活資金にしてもらおうとしています。

急にどうした。

ていうか、このノーナフィギュア、元値がいくらか知らないですが、

売値2万5千円なの!?

しゃべるという付加価値も含めてもっと高くなりませんか。

毎朝の日課なのか、房伊田をベルで起こそうとするノーナ。

しかし、房伊田の横には既にベルノアが添い寝!

ベルノア、一歩有利か!?

てか、この時のドヤ顔よね。

対抗してノーナも房伊田の横に添い寝。

服も脱げば良いんじゃないですかね。

熟年夫婦感溢れる2人

ベッドのノーナとベルノアは、房伊田に対して、ほっぺにちゅーや、耳に囁き攻撃を仕掛けます。

「ここからはイヤホン、ヘッドフォンのご使用でお楽しみいただけます」

と表示されたので、バイノーラル的な効果が掛かってるのかと思ってイヤホンで聞いてみましたが、特に変わらずでした。

この俺が、騙されただと!?

なんやかんやで、ベッドの上での勝負は引き分けになったみたいです。

みんな楽しそうで何より。

房伊田とベルノアは、いつの間にか「あれ」で会話が成立するような仲になっていたみたいです。

熟年夫婦かよ。

房伊田とノーナが出会ってからどれだけの時が過ぎたのか分かりませんが、

どうやって急接近したし。

元の世界に帰りたがっていたベルノアも、なんだかんだで房伊田の世界にいることにしたようで。

元の世界に帰るよりも楽しそうだしね。

次の衣装も期待してるぞ!

TVアニメ『超可動ガール1/6』公式サイト

おすすめ記事

2019年4月から放送開始となった、アニメ「超可動ガール1/6」第7話を見ましたので感想です。 ※この記事はア...





「あとで見る」に登録した記事は、こちらからご覧下さい。

関連広告

こちらもおススメ

スポンサーリンク

フォローする