「ぼくたちは勉強ができない」第7話感想 真冬先生の苗字は桐須ではなくとこのめです

スポンサーリンク



ぼくたちは勉強ができない 7話

2019年4月から放送開始となった、アニメ「ぼくたちは勉強ができない」第7話を見ましたので感想です。

※この記事はアニメのネタバレを含むためご注意下さい。

スポンサーリンク

主人公特有のラッキースケベは今回も炸裂

成幸は、相変わらず文乃から女心を勉強しているみたいです。

そして二人が立った瞬間文乃が足をくじいて成幸にハグするベタな展開です。

ああ、主人公特有の。

でも、やっぱり文乃が成幸ハーレムに加わる感じはしないんだよなあ。

ちなみにこの瞬間は、理珠にがっつり目撃されました。

理珠さん、なんでこんな所に?

理珠は謎のしかめっ面。

目の前にいる文乃に気付かなかったと明言したばかりか、理珠も成幸のところへくっつきに行きました。

Is this pandemonium?(これは修羅場ですか?)

この光景、文乃には大切な卵を守る親鳥に見えたみたいです。

親子で良いの?

文乃のアドバイスにより、成幸は手を繋いで理珠を教室までエスコートする事に。

さっきまで守られていた卵が、親鳥をエスコートするまでに急成長です。

文乃は、理珠の機嫌が悪い原因が朝の成幸とのハグにあると判断。

理珠の機嫌を直すために、成幸と理珠に強制ハグをさせようと試みます。

成幸と理珠が話しているところで、成幸の背中を押す文乃さん。

でもちょっと待って、成幸くんはこのアニメの主人公。

やはり「主人公特有の」を発揮して理珠のお胸に顔からダイブです。

良かったね。

結局理珠がしかめっ面をしていた原因は、いつものメガネが壊れてしまって度があっていなかったかららしい。

理珠「父がうっかり踏んでしまって」乳が!?

お胸ダイブに流石に切れたのか、成幸と文乃を正座させている理珠さんです。

まあ、今回の件は特に被害者もおらず、平和な解決ですね!

真冬先生の家に入ることに成功した成幸

帰宅中に木の上から降りられなくなっている猫を発見した成幸。

頑張って猫を助けようとしています。言うてよくやりますねえ。

そこに通りかかったのは、ピンク髪の真冬先生。

猫が急に木から飛び上がったのを助けようとして、足をくじいてしまいました。

真冬先生の手を肩に抱いて歩く成幸。

ええ~、真冬先生もハーレム入り狙うんですか?

成幸は、真冬先生の家まで送っていきました。

お、自宅バレ。

自宅に入った真冬先生ですが、その家の中からは何かが崩れる音が。

これは事件の予感。成幸にも、真冬先生の家に入る口実が出来ました。

家の扉を開けた成幸の目に飛び込んできたのは、真冬先生の尻。

上半身は本に埋もれております。一体誰にやられたんですか、真冬先生!

真冬先生の家の中は、服やら本やらゴミやらが散乱してド汚い状態になっていました。

みんな、一人暮らしの女性に夢なんて持っちゃダメだぞ!

まんまと真冬先生の家の中に侵入する事に成功した成幸くん。

真冬先生は着替えた後にお茶を入れてくれるみたいです。

なぜ若干デレた?フラグどこにあったんだい。

着替えてきたという真冬先生は、高校のジャージ姿でした。

楽だし、良いんじゃないですか?

真冬先生と二人っきりで○○タイム

真冬先生が入れてくれたのは、コーヒー。てか、その「LOVE」って書かれたコップはなんぞ?

真冬「それじゃあ唯我くん、出して」

いや、出すには真冬先生の協力が必要でしょうが。急に出してって言われても。

「出して」と言うのは、教科書とノートの事だったらしい。

それは流石に察せない。

急に始まる真冬先生のお勉強タイム。

どうしたんですかね急に。

2時間の勉強後、成幸も遂に我慢できなくなったみたいです。

遂に真冬先生も協力してくれるか!?

と思ったら、成幸が我慢できなくなったのは、この汚い空間だったみたいです。

そっちかよ。

真冬先生の方はあっちを思い浮かべてたぞ。

二人で真冬先生の部屋を大掃除です。

とこのめ先生

真冬先生は子供の頃にフィギュアスケートの選手だったらしい。

話しっぷりからして、このことに後悔してるっぽいです。

何があったのやら。

文乃と理珠をそれぞれ才能のある方向へ導こうとする行動原理もここにあるのか。

一方の成幸は、出来ない事に挑戦しても胸を張って後悔するという考え。

まあ、後悔するためには行動しないといけないですしね。

行動しないと何も始まらないです。

成幸が帰る頃には、もう辺りは夜に。

一体何時間部屋の中に二人っきりだったんですかね?

成幸が帰った後、足から崩れる真冬先生。

二人っきりだった事に実は緊張していたらしい。

真冬「男の人を部屋に入れるなんて、生まれて初めてだって事ばれてないでしょうね」

お、これはとこのめ。

文乃の成幸に対する気持ちとは

真冬先生の家に行った事は、文乃へ報告です。

その報告必要か?

案の定、文乃はそれにブチ切れです。

成幸は一体どういう思考回路なんですかい。

文乃は、なぜか学校の木の下で成幸を壁ドン。

真冬先生の話を誰にも話さないように釘を刺す文乃です。

ただ、この壁ドンの模様は、クラスメイトに見られていた模様。

なんか、みんな楽しそうですね。

さっきの学校の木は、カップル専用ラブラブスポットだったみたいです。

何で成幸も文乃も知らんのじゃい。

誰が流したのか、成幸と文乃の話は秒で学校中の噂に。

その情報伝達速度は次世代のインターネットに応用できそう。

その速度だったら、もう理珠とうるかにも伝わってるでしょ。

何故かその噂を知らない成幸は、文乃を連れて二人っきりの勉強へ。

アホなのかな?

図書室で勉強する成幸と文乃ですが、なぜかこの日は相席するほど混んでいます。

この周りにいる人達、文乃クラスメイトから構成される、

「3-A眠り姫を守る会」のご一行様らしいです。

文乃さんって女子におモテでいらっしゃるのね。

でも、男子といるなんて言語道断って感じでもないのか。

真剣に勉強する成幸と文乃の姿に、「3-A眠り姫を守る会」の皆さんからは合格を貰った様で。

良かったんだか悪かったんだか。

文乃「絶対好きになるはずがない、友達が好きな人のこと」

これは分かりやすいフラグ。

次回のタイトルは「天才の一挙手一投足は時に[x]を翻弄する」

なんか、肌色の多そうな回ですなあ。

TVアニメ「ぼくたちは勉強ができない」公式サイト

おすすめ記事

2019年4月から放送開始となった、アニメ「ぼくたちは勉強ができない」第8話を見ましたので感想です。 ※この記...