「鬼滅の刃」第8話感想 鬼を人に戻すためにはまだまだ道のりが遠い

スポンサーリンク



鬼滅の刃 8話

2019年4月から放送開始となった、アニメ「鬼滅の刃」第8話を見ましたので感想です。

※この記事はアニメのネタバレを含むためご注意下さい。

スポンサーリンク

鬼舞辻無惨のやり方

前回、禰豆子を鬼にした元凶、鬼舞辻無惨を発見した炭治郎。

しかし、鬼舞辻無惨は通りすがりの一般人を爪で引っ掻き、スナック感覚で鬼へと変化させております。

東京浅草の人ごみの中、急に人を喰らう鬼が発生するなんて大事件なんですが。

鬼にされた人の奥さんは、鬼になってしまった夫に噛まれてしまいました。

鬼になった瞬間に人の肉を欲するとは。

炭治郎は、鬼になった人を抑えにかかります。

流石にここで斬ったりはしないか。

この混乱に乗じて鬼舞辻無惨はこの場から去りました。

奥さんらしき人の話しっぷりでは、鬼舞辻無惨は人間用の偽名があるみたいですね。

でも、なんやかんや鬼だって事には気付きそうなもんですが、うまい事やってるんでしょうなあ。

人間生活に溶け込む鬼達

誰かが通報したのか、警察が炭治郎達の下へ。

鬼に誰も殺させたくないという炭治郎は、警察に対して必死の抵抗。

この世界の警察って、「鬼」という存在をご存知無い?

警察が炭治郎に警棒を振り上げた瞬間、炭治郎の周りが一瞬で花の海に。

着物の女性が自分の腕を引っ掻き、何かを唱える。

なんぞ?

てか、この花の海、めちゃくちゃ綺麗な~。

炭治郎の前に現われたのは、着物の女性と、男の子。

重要そうな新キャラ来たか。

女「私は鬼ですが医者でもあり、あの男、鬼舞辻を抹殺したいと思っている」

え?鬼舞辻無惨以外に、人間社会に溶け込んで生活している鬼がいらっしゃる?

煽り耐性0

鬼舞辻無惨は妻子を家に帰して夜のお仕事へ。

途中で絡まれた酔っ払い2人をワンパンでお殺しになられております。

鬼舞辻っち、煽り耐性0かよwww

あっ。

一緒に居た女性に対しては、自分の血を分け与える鬼舞辻無惨。

鬼舞辻「私の血を大量に与え続けるとどうなると思う?人間の体は変貌の速度に耐え切れず、細胞が壊れる」

一瞬で肉体が溶けてしまう女性。

若干グロい。

というか、これって豆子も同じ状況だったのでは?

何らかの理由で鬼の血を大量に与えられても細胞が壊れなかった。

それが豆子の強さに繋がっている?

鬼舞辻無惨には部下が居るようで、今度は炭治郎が鬼に狙われる事に。

流石に、炭治郎が鬼を退治する側の人間だということはばれてますね。

前回から豆子は、うどん屋に放って置いたままだったんですねw

うどん屋からは、注文したうどんを食べなかった事に対して説教されております。

そしてその説教は豆子へも。

ここでうどんを2杯注文する炭治郎。

え?豆子の分?と思ったら、一人で2杯分完食ぅ~!

対戦ありがとうございましつぁ~!!

なんか、お金払ってる様子は無いですが、そこは良いんですかい?

炭治郎の食いっぷりをうどん屋も認めてくれたみたいだからまあいいか。

炭治郎、怒りのシスコン暴露

豆子と合流した炭治郎は、さっきの男の子に出会いました。

着物のお医者さんの所へ行くみたいです。

男の子は豆子に対して、

「鬼じゃないかその女は、しかもしこめだ」

しこめ?この言葉を初めて聞いたんですが、漢字では「醜女」って書くみたいです。

妹を侮辱された炭治郎は大激怒。いかに豆子が美人かという事を説いています。

お、シスコン。

着物のお医者さんの家は、目くらましの術が掛けられているらしい。

すり抜けられる壁の向こうにお屋敷がありました。

普通の人には、外から屋敷も見えないようになってるんですかね?

屋敷の中では鬼になった男の妻が治療を受けていました。

こちらは無事だったみたいですね。

鬼の男は拘束されて地下牢へ。どれほどの拘束か知らないですけど、

鬼への対処ってそんなんで大丈夫なのかい。

着物のお医者さんは「珠世」、男の子は「愈史郎」だそうです。

珠世「仲良くしてやってくださいね」

この言葉に対して牙をむく愈史郎。

こりゃ仲良くするのはムリダナ。

鬼を人に戻す方法

座敷に通されたとたん、勝手に横になる豆子さん。

可愛い。

そして、炭治郎達が話している間は、ずっと仰向けのまま移動して遊んでいます。

気になってそっちばっかり見ちゃうんだがw

珠世自身は、自分で体をいじってる上、鬼舞辻の呪いも外しているそうで。

それ故、人を喰らうことなく生きていけると。

そんな事可能なのか。

珠世と愈史郎は、人の血を飲むだけで生きていける。

輸血と称して血を貰うとは、医者のなせる業か。

珠世「愈史郎は、私が鬼にしました」

は?さらっと言っておりますが、どういうこったい。

珠世は、200年掛けてただ一人、愈史郎だけを鬼にする事が出来た。

うーん、まだまだ研究の余地があるって事ですか?

珠世に、鬼を人に戻す方法を尋ねる炭治郎。

このシーン、もうちょっとカメラが動いてくれると、豆子の何かが見えそうなんだが。

珠世「鬼を人に戻す方法は、あります」

ありまぁす。

マジすか?

と思ったら、まだ今後の願望レベルの話みたいですね。

今現在ではまだ不可能だと。

鬼を人に戻す治療薬を作るためには、大量の鬼の血を調べる事が必要みたいです。

これってどれだけのスパンで研究する話なんでしょうかね?

結構時間掛かりそう。

珠世によると、豆子が人を喰らわずに生きている事はやはり特殊な事らしいです。

人間だった頃に何か特別な事があったんですかね。

炭治郎達の居場所は、鬼舞辻無惨の部下達に簡単に割られてしまいました。

見えない足跡簡単に辿れるとか、鬼の能力は相変わらずチート級。

手に矢印の目を持つ男は、盲目の鬼?

矢印っていうのがなんか現代感。

ここで戦闘出来るのはやっぱり主に炭治郎ですよね。

豆子も戦闘に加わるのかしら。

アニメ情報 – TVアニメ「鬼滅の刃」公式サイト

おすすめ記事

2019年4月から放送開始となった、アニメ「鬼滅の刃」第9話を見ましたので感想です。 ※この記事はアニメのネタ...



「あとで見る」に登録した記事は、こちらからご覧下さい。

関連広告

こちらもおススメ

スポンサーリンク

フォローする