「みだらな青ちゃんは勉強ができない」第8話感想 妄想で木嶋を押し倒し、現実で押し倒される青ちゃん

スポンサーリンク



みだらな青ちゃんは勉強ができない 8話

2019年4月から放送開始となった、アニメ「みだらな青ちゃんは勉強ができない」第8話を見ましたので感想です。

※この記事はアニメのネタバレを含むためご注意下さい。

スポンサーリンク

ラブコメからバトルアニメへ?

前回、やられる妄想全開だった青ちゃんですが、

実際に襲ってこなかった木嶋に対してまだ怒り心頭らしい。

あなた、勉強会のために出掛けたんでしょうに。

正直、このときの木嶋の行動に責められる余地無いと思うんだがw

怒りのあまり、コンビ二前の電柱に対して怒りのパンチ連打を繰り出す青ちゃん。

お、ここからバトルアニメに変わるのかな?

トーナメント制の武道会でも開かれそう。

もう欲望に忠実になればいいんじゃないかな

家に帰ってやっと勉強する気になったのかと思いきや、

今まで木嶋と2人きりになった時のデータを解析して、やっぱり脳内ピンク状態。

なんの国立に行きたいんだ?

青「私が男だったら、10回はヤッてるよ!」

性欲にまみれております。

そしてここから始まる、性転換妄想。

「青ちゃんが男で、木嶋が女だったら」

青ちゃんはまだしも、木嶋もそのままの声で女の子なのねw

妄想の中で木嶋を押し倒す青ちゃん。

もう、現実でも押し倒しちゃえよ。

木嶋が青ちゃんを襲わない理由を、木嶋がリア充過ぎて疲れているからと分析。

木嶋の練習試合に、お手製の精力増強差し入れを持っていくことにした青ちゃんです。

青「性欲丸出しで野獣化したところを、ズバンと撃退、アンド拒絶!」

いやいや、今の青ちゃんには絶対無理です。無抵抗で襲われます

矢部「青は身を削り、苦労しながらもありとあらゆる精力のつくものを集めた」

え?自分で集めたの?そこまでして木嶋のために差し入れを作るって、

もう彼女じゃん。

その様子を見ていた青ちゃんの父親は、隙を見て謎の精力増強ドリンクをうなぎにまぶす事に。

これはいくら木嶋だろうと、あっちもこっちもボッキボキですわ。

成績が落ちた今、矢部さんが勉強を見てくれるといったにもかかわらず、

青ちゃんが選んだのはやっぱり木嶋の方。

チョロイン。

もう勉強できないね

青ちゃんは木嶋の練習試合を見に行ったはいいものの、

試合には負けてしまったらしい。

木嶋「これで堀江が来てくれなかったら、俺死んでたよ」

一体どんな負け方したんだよ。

この世の終わりみたいな目してますが。

青ちゃんが作ってきた差し入れ弁当は、お重に三段重ねという超豪華作品。

普通に旨そうではある。

嬉しそうに頬張る木嶋に対して、計画通り顔の青ちゃん。

これもう、完全に青ちゃんが木嶋を落としにかかってますよね?ね?

謎の精力剤の効果が発揮されたのか、急に青ちゃんを押し倒す木嶋。

こうかはばつぐんだ!

性欲丸出しで野獣化しだした木嶋に対して、特に逃げる様子も無い青ちゃん。

青「性欲丸出しで野獣化したところを、ズバンと撃退、アンド拒絶!」

とは。

太ももを触ってくる木嶋に対して、気持ちよさそうな青ちゃんである。

ここの作画、気合入りまくりですなあ。

良いと思います。

ゴールを決める直前に、僅かな理性を取り戻した木嶋。

いや、強すぎないか?

勉強が出来ない事を口実に、口では木嶋を拒絶する事にした青ちゃんですが、

これ、普通に恋しちゃってるがな!

チョロイン。

TVアニメ「みだらな青ちゃんは勉強ができない」公式サイト

おすすめ記事

2019年4月から放送開始となった、アニメ「みだらな青ちゃんは勉強ができない」第9話を見ましたので感想です。 ...