「女子かう生」第9話感想 影絵から始まる友情もある | 路地裏ハイキック -声優オタクのブログ-

「女子かう生」第9話感想 影絵から始まる友情もある

スポンサーリンク



女子かう生 9話

2019年4月から放送開始となった、アニメ「女子かう生」第9話を見ましたので感想です。

※この記事はアニメのネタバレを含むためご注意下さい。

スポンサーリンク

影絵で深まる友情

今回のタイトルは「女子かう生と影絵」

まゆみは転入生。今回の話は、まゆみが転入してきた直後のエピソードみたいです。

昼食の時間になって通学してきたもも子はまゆみの隣の席。

大人しそうなまゆみと、ギャルギャルしいもも子。

この二人、まったく友達になる感じがしません。

まゆみはもも子の事を最初は怖がってたみたいですし。

放課後になってまゆみは、川岸の公園でトレーニングをしているもも子を発見!

と思ったら、もも子は自分の影で目玉を作って遊んでただけみたいです。

何を一人でやってるんだいw

自分の影だけでは飽き足らず、地面に顔を描いて遊んでいます。

その光景を見て、もも子に混ざって影絵で遊びだすまゆみ。

よく一緒にやろうと思ったな。

影絵で茶碗を作ったり、鳥を作ったり。

童心を忘れない、女子かう生の鏡である。

最後は二人の手でハートを作って百合エンド。

この後夜の街へ?

もも子とまゆみが友達になったきっかけは、この影絵だったんですね。

しぶ美とのエピソードも描かれるんでしょうか。

TVアニメ『女子かう生』公式サイト

おすすめ記事

2019年4月から放送開始となった、アニメ「女子かう生」第10話を見ましたので感想です。 ※この記事はアニメの...

Amazonリンク





「あとで見る」に登録した記事は、こちらからご覧下さい。

関連広告

こちらもおススメ

スポンサーリンク

フォローする