「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」第10話感想 ここでやり直すと澪の下着姿が見られるという裏技 | 路地裏ハイキック -声優オタクのブログ-

「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」第10話感想 ここでやり直すと澪の下着姿が見られるという裏技

スポンサーリンク



この世の果てで恋を唄う少女YU-NO 10話

2019年4月から放送開始となった、アニメ「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」第10話を見ましたので感想です。

※この記事はアニメのネタバレを含むためご注意下さい。

スポンサーリンク

Case:1 結城と一緒に三角山に入ったパターン

前回から、澪を探しに三角山の中を探索に行ったたくやと結城。

三角山の中には、人間の骨と遺跡風の建物がありました。

こんな場所が未だに調査されてないとは思えないんですがね。

この場所は、昔の採掘場として使用されていたらしい。

働いていた人は監獄に囚われながらの労働だったと。

一体この山で何が採れるのやら。

倒れている死体が付けている作業服を見て、

たくや「こんなデザインは見たことが無い。世界の歴史にも無いだろう」

と断言するたくや。

よっ!有馬教授の息子。

パッと見、ゲームとかの創作物には出てきそうなデザインではある。

行き止まりまで来たたくや達ですが、

地面に落ちている王冠型のパーツを壁にはめる事で、扉を開き奥に進むことに成功。

こんなベタな仕掛けってw

RPGの最初のダンジョンかな?

というか、澪はこの仕掛けもクリアして奥に進んでるってことですか?

この扉、一定時間で閉まるとなるともう外に出るの不可能な気が。

たくや達が先に進むと、双子岩に書かれている文字で書かれた文面と、

澪のリュックを発見。

おーい!澪!俺だー!結婚してくれ~!

澪はなんで自分のリュックを置いて探索に行った?

澪が遭難しているという状況にパニックになった結城は、

洞窟の奥へと走り出しますが、急に床が崩れて大落下。

ロープで落下地点に降りたたくやが見たのは、鉄の扉が胸に刺さって瀕死状態の結城です。

こんな運の悪いことあります?落下地点にあるのが丁度鉄の棒だなんて。

自分のことよりも澪の事を助けてほしいと願った結城は、そのまま息を引き取りました。

ええ~、ここで退場ですか?

ただ、たくやにはリフレクターデバイスがあるもんね!

三角山に入る前にセーブしておいたポイントへ、レッツゴーです。

都合の悪い世界を捨てれてえらい。

Case:2 美月と一緒に三角山に入ったパターン

次のターンでは、結城を三角山の入り口に置いて、美月と一緒に中に入ることに。

でもこれ、前回の亜由美さんの件みたいに、どこかのパターンに収束する可能性もありそうですよね。

今回は大丈夫なのかどうか。

澪のリュックをゲットしたとき、今度はここで地面が崩れて、2人は地下へと落下。

一緒に入る人が違うと、中で起きる現象も変わるとか、

世界をループする人を飽きさせない運営の鑑。

これゲームだと、三角山に結城と入るか美月と入るかはユーザーが選ぶんでしょうかね。

地下に落ちたたくやは、懐中電灯を無くした暗闇で、

何故か美月のスカートを下ろすラッキースケベを披露。

ありがとうパンティ。略してありパン。

落ちた洞窟の先には、また白骨化した遺体が。

ただし今回は重要人物。有馬父と一緒に研究をしていた、今川由利香教授でした。

なぜこんなところに。

由利香教授は、世界の歴史の謎がこの三角山で解けるかもしれないと調査をしていたらしい。

たくやと同じように、由利香教授もこの遺跡の事を、この歴史上のどの文化とも似ていない。

とメモに記しています。こういうの、どこで判断するもんなんでしょうね。

そして、境界を越えた次元同士の事象衝突が原因かもしれないとも。

なんか、時間物の話っぽくなってきました。

由利香によると、昔有馬教授からリフレクターデバイスを受け取っていたみたいです。

どういう代物か知ってたんでしょうかね。

「リフレクターデバイス」という単語を聞いた瞬間、美月に龍蔵寺の催眠術が発動。

ああ、美月はたくやと仲がいいから、リフレクターデバイスを奪うように催眠術をかけてたのね。

龍蔵寺の銃をたくやに向ける美月。

銃を携帯しながら澪を探し回っていた美月さん。

自分が銃を持ってることには気づかなかったんですかね。

催眠術と自分の自我で戦う美月ですが、龍蔵寺の催眠術が強いらしく、

たくやに銃を撃ち始めます。

急にサスペンス物始まったな。

澪を発見したたくや

途中の部屋にあった謎の棺の中に隠れるたくやですが、また床が抜けて地下へ大落下です。

この三角山の中の遺跡、何でこんなにスッカスカなんですかねw

大昔に採掘をしていた影響?

落下した先にあったのは、青白く光る湖。

そこにそのまま落下するたくやです。

アニメに対して野暮かもしれないですけど、実際にあったら確実に死んでる状況ですが。

それでもたくやは生き残ります。だって主人公ですから!

この湖にはなんと、あの澪の姿が!

生きてたか!あなたも上から落ちたんですかい?

青白く光る湖は、水の中の石が光っているらしい。

超念石ってここで採掘されたんですかね。

澪のデレ期、来ましたね。

この洞窟、地盤自体が不安定らしく、ぼっこぼっこ崩れてきています。

RPGとかだと出口が塞がれて、別のルートを探さないといけないパターン。

洞窟が崩れて岩が落ちてきた結果、澪は水に転んでびしょ濡れに。

お、透けブラ。

服を乾かしている間、澪は下着姿で過ごすことになったみたいです。

やったぜ!澪の下着姿が見れたので明日も生きていける!!

出口を探しに行こうとするたくやに対して、

澪「待って!置いていかないで」

お?デレ期来た?

澪は、学校での父親告発が結城の仕業だと言うことに気づいていたらしい。

よく気づいたな。

出口を見つけるのを諦めた澪は、たくやにキスを迫ってきました。

お?お?下着姿で迫ってくる澪の作画、なんか気合入ってる気が。

そんなたくやは、澪のおでこにキス。

たくや「最後なんかじゃないさ、俺達は生きてここを出るんだ!生きてここを!いいな」

お~~~~ん!イケメ~~~~ン!

セーブポイントに戻るかどうかを悩むたくやですが、とりあえずまだ戻らないらしい。

ぶっちゃけここで一回セーブしたい。

寝て休んでいたたくやの所に現れたのは、光り輝くたくやの母親。

謎の装束に身を包んでおりますが、これは夢?

TVアニメ「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」公式サイト

おすすめ記事

2019年4月から放送開始となった、アニメ「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」第11話を見ましたので感想です。 ...

Amazonリンク