「消滅都市」第10話感想 ロストの膨張も直ちに影響はありませんのでご安心ください

スポンサーリンク



消滅都市 10話

2019年4月から放送開始となった、アニメ「消滅都市」第10話を見ましたので感想です。

※この記事はアニメのネタバレを含むためご注意下さい。

スポンサーリンク

カイバラの真意

前回はユキの父親、ダイチの過去とロストの発生秘話が語られましたが、

今回からまた現代に戻ってきました。

ロストを再び引き起こしそうになったソウマは、結局消滅して存在も消え去ってしまった?

ユキ達は、オーシャンビューな別荘へ。

またエイジの持ち物ですか?一つぐらいくれませんかね

ヨシアキ達が大々的に行った、ラクーナ社の告発が不発に終わったと言うことで、

ネット上ではヨシアキや、ネット配信をしていたギークらを叩く方向にシフトしてるみたいです。

こういうの、現代的で凄くリアルですなあ。

タマシイの放ったナイフに刺されて、誰もが退場していたと思ったコウタですが、

元探偵事務所所長のカイバラが助けてくれたらしい。

何でこんなところに。タイミング良過ぎませんか。

タクヤの希望の光養護学園調査をカイバラが一方的に打ち切った理由。

それは、カイバラが組織に脅されていたからだそうで。

調査をし始めたから脅され始めたんですかね。

直ぐに殺さずに一旦脅してワンクッション置くとは、組織も地味に人情ありなのかw

てか、カイバラが脅されていた件はコウタが独自調査した結果判明したらしいですけど、

タクヤも調査したら分かったんじゃないですかね。

思い込みであえてしなかったのか。

ロスト現在膨張中

キキョウの話によると、ロストは今も膨張を続けているらしい。

ロストで発生した穴は、エネルギー的にもっと大きくなるはずだったと。

あれでもまだ被害は抑えられたほうだったんですか。

ロストが実際の大きさになるまでは数十年かかる。

直ちに影響はありませんのでご安心ください。

タイヨウの考えでは、ロストの内部でダイチが膨張を食い止めてるということらしい。

頑張って広がらないように引っ張ってるんですかね。

ガンバ!

そして人はロストに集まる

ロストの内部には、波動性物質という人体に影響を及ぼして記憶を失わせるようなものが漂うっているそうで。

エイジさん、それ知っててなんで最初にタクヤ達をロストへ行かせようとしたし。

エイジとキキョウは、今更タクヤとユキがロストへ行こうとするのを止めることにしました。

最初と比べて情が湧いたか?

一方のタイヨウもダイチの策略を止めるためにロストへ向かうことにした模様。

波動性物質を無効化するような薬も開発しているみたいです。

そのために実験として消費されていく被験者達。

一体どうやって被験者集めてるんだ。

かなりの被験者を投入しても成功しない実験に対して、

最後の因子を突き止めるためにツキが実験台になることに。

ツキってタイヨウのこと好きなんですかね。

これまでの被験者の様子を見てて、自分が実験体になろうとはどうやっても思えないですよ。

理論値での実験は成功したみたいですが、タイヨウはエネルギーMAXでも実験。

どうなるか分からないのに冷酷すぎんか。

結果、実験は成功?ツキは一体どうなったんだ。

カイバラとタクヤは、コウタが仲介することにより再会する事に。

カイバラさん、今トマト農家やってるんですか?

直接話すことで和解した二人。

この場面結構簡潔に描かれてますけど、ゲームだともっと話が長かったりするんですかね?

タクヤとユキは結局一緒にロストに向かうことに。

普通に行ったら波動性物質とやらに影響されてしまいそうですが、

一体どうやって回避するのやら。

TVアニメ「消滅都市」オフィシャルサイト

おすすめ記事

2019年4月から放送開始となった、アニメ「消滅都市」第11話を見ましたので感想です。 ※この記事はアニメのネ...





「あとで見る」に登録した記事は、こちらからご覧下さい。

関連広告

こちらもおススメ

スポンサーリンク

フォローする