「超可動ガール1/6」第10話感想 フィギュアと一緒に温泉に入ると、動くフィギュアがもう一体付いて来る!

スポンサーリンク



超可動ガール1/6 10話

2019年4月から放送開始となった、アニメ「超可動ガール1/6」第10話を見ましたので感想です。

※この記事はアニメのネタバレを含むためご注意下さい。

スポンサーリンク

待望の温泉回!

今回は遂に温泉回!すばるが我々視聴者に対して、それを説明してくれました。

房伊田だけじゃなくて、視聴者のことも考えてくれるとは!

これからすばるのおしり推します!

混浴風呂?なのか房伊田も一緒に風呂に入っていますね。

1/6フィギュア用に小さく設計された浴槽。

これ、本当に専用風呂なのか。

房伊田は超可動ガール達の方を見ずに会話だけを聞くという、

女湯の会話をこっそり聞く体験をしています。

レベル高いなおいw

ここに来て新キャラ登場!

ベルノアは、最近になって自分のことがフィギュアだと認識したみたいです。

ゲームの世界に帰った時にもう認識してたのかと思いました。

それが、気づいたのは自分のゲームをプレイしてからとのこと。

遅すぎないか~!

ノーナの記憶は、アニメ最終回直前の所までしかないらしい。

記憶をどこまで持つかというのも操作されてるんでしょうかね。

ノーナにはアニメの中で会いたい人がいるそうで。

麦藁帽子の若い男の人。

「少女→惑星探査」の主人公的な人?

何でノーナにはこの人の記憶が微かにしかないのか。

房伊田は「少女→惑星探査」の資料について、この男のところはノーナに見せてなかったんですかね。

すばるにその男の事を元彼だと弄られつつ、話を聞かなかった振りをする房伊田。

これは、元鞘NTRフラグ。

揺れ動く自分の気持ちに悩むノーナは、温泉の屋根の上で悩みまくり。

1/6の浴衣と団扇、よく出来てますね。

ノーナが一瞬目を閉じて開けた瞬間、ノーナは木の上に吊るされプレイの真っ最中に。

お、マニアック。

ここに出てきたのは、新キャラ「比等間ルウ」

10話にてまだ新キャラが登場するか。

ルウは、房伊田がプレイするスマホゲームのキャラ。

そして、最初っから房伊田のことも認識しているみたいです。

てか、どうやってここまで来たし。

浴衣姿で捕まったノーナでしたが、ここで裏ノーナに変身して脱出。

浴衣はビリビリに。ああ、なんてこったい。

フィギュアが動く謎

TAKASAGOYAにいる成次郎と、造形師らしい新キャラの竜田川。

どうやら、フィギュアが動き出す秘密はこの竜田川にあるらしい。

竜田川がある材料をフィギュアに練りこむと、動くフィギュアになる。

成次郎が黒幕でラスボスかと思ったら、そういうことでもないんですね。

成次郎「もう止めるべきだ、アニメやゲームのヒロインの中には地球を滅ぼせる力を持つやつだっているんだ」

そんなもの作れたら、普通に世の中の脅威。

軍事利用で各国から狙われまくりじゃないですか~!

これで一生安泰ですな。

ノーナの思い

ルウと裏ノーナは、森の中で戦闘開始。

森の中で銃撃ったり爆撃したり、普通に大事件なのでは。

ちなみに裏ノーナは先の成次郎の話の通り、惑星破壊を出来る設定。

うーわっ、房伊田が世界征服する未来決まったな。

他の超可動ガール達を倒して、一人房伊田からの愛を受け取りに来たと言うルウ。

房伊田さん、なんでこんなにモテモテなんだよ。

裏ノーナは、ルウを武器で一閃。

この異世界戦の強さってどこで決まってるんだろうか。

この騒ぎに気づいていたベルノアは、ドラゴンに変身して裏ノーナを倒すことに成功。

ベルノア(ドラゴン) > 裏ノーナ > ルウ

惑星破壊できる裏ノーナを一発で撃破するベルノアは、どの程度の強さなんですかい?

遂に房伊田と対面した比等間ルウ。

ここまできたらもう驚かなくなっていますねw

スマホゲーということで、頭をなでられる事を所望するルウである。

房伊田「タッチパネルでなでなでして、ご機嫌をとる要素があってな」

なでられる場所って頭だけじゃないと思うんですけど、他の場所はなでないんですかね?

ベルノアドラゴンに連れてこられた裏ノーナ。

裏ノーナは、自分だけが房伊田に愛されていないことに嫉妬していたらしい。

ハーレム構築も大変ね。

再びなでなで作戦で裏ノーナをなだめる房伊田。

意外とこれで満足するチョロインである。

裏ノーナはノーナに戻り、「少女→惑星探査」の最終回を見ることを希望しました。

そこには何か重要な秘密が隠されているのか?

そして、動くフィギュアの謎は解けるのか?

TVアニメ『超可動ガール1/6』公式サイト

おすすめ記事

2019年4月から放送開始となった、アニメ「超可動ガール1/6」第11話を見ましたので感想です。 ※この記事は...





「あとで見る」に登録した記事は、こちらからご覧下さい。

関連広告

こちらもおススメ

スポンサーリンク

フォローする