「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」第11話感想 セーブポイントから繰り返せば澪とキスし放題!

スポンサーリンク



この世の果てで恋を唄う少女YU-NO 11話

2019年4月から放送開始となった、アニメ「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」第11話を見ましたので感想です。

※この記事はアニメのネタバレを含むためご注意下さい。

スポンサーリンク

宝玉ゲット!

前回、光り輝くたくやの生みの母親が登場しましたが、

やっぱりそれはたくやの夢だったみたいです。

なんで急に。

母親がいたあたりの滝を調べるたくや。

滝の奥には洞窟があり、リフレクターデバイスにはまっている宝玉が置いてありました。

いくら特別な場所とはいえ、普通に落ちてるようなものなのかこれ。

光ってて綺麗だし、高く売れたりしてw

手に入れた宝玉を、なんの疑問も無くリフレクターデバイスにはめているたくやです。

まあ、そこに入れておけば失くさないですね。

宝玉って言うのは、このリフレクターデバイスの空いてる分しか存在してないんですかね?

空いてる部分はあと二個。

宝玉の数が何に影響するのやら。今後どこかで説明があるんだろうか。

リフレクターデバイスと平行世界のことは、このタイミングで澪にも説明をすることに。

たくやがセーブポイントまで戻った場合に、さっきのキスの記憶が無くなる事を心配する澪。

なんか可愛いな。

滝の奥には宝玉が置いてあるだけでなく、道も続いていたみたいです。

一度滝に濡れて行かないと入れないので、また澪による透けブラの季節ですね。

外で待っている結城の所には神奈が現れました。

何時か分からないですけど、かなり早朝ですよね?

神奈って三角山を毎日監視してるんでしょうか。

私服なのでいつもと若干印象が違いますな。

神奈「もし、三角山であの場所に辿り着いていたら、とても危険です」

あなた、一体どこまで知っているの?

ダンジョンを探索した先に発見したもの

たくやと澪は三角山の中を探索。

炭鉱跡のようなところで、パッと見RPGのダンジョンのよう。

急にアニメ変わったな。

途中の部屋では勇者の剣を手に入れたたくやです。

これ、元々何に使ってたんですかね?

あとはモンスターが出てくれば完璧なんだが。

ダンジョン探索中は、謎の機械音が鳴っているようで。

音の方向へ進むたくや達。

行き止まりにある扉は、たくやが勇者の剣で開きました。

ほんとにRPGだねこりゃ。

扉の奥にあったのは、100m以上の高さがある黒光りの塔。

大事な玉と、黒光りの塔が揃うとき、起こる現象とは?

光るだけでなく稲妻を放っているこの塔。

未来のエネルギー源として使えたりする?

澪「こんなものが8000年以上前に作られたっていうの?」

こんなでかいもの、何で今まで大々的に知られることが無かったんだ。

この場所には、美月も辿り着いていたみたいです。

よくここまで来れたな。かなり地下にあるはずですが。

美月がこのダンジョンのボスか。勇者の剣でしか倒すことが出来ない。

美月には龍蔵寺の催眠術が継続中。

催眠術強すぎないか~?

落雷発生装置

美月によると、この黒い塔は落雷発生装置だそうで。

8000年前に?どういう技術なんだ。

落雷は、超念石を運び出すと発生するらしい。

落雷事故はこうして作られていたのか。

超念石が一定距離離れるとセンサーが反応して、

落雷が発生するようにプログラムされてるんでしょうね。

もう古いでしょうし、別の新しいプラットフォームに移植することをお勧めしますよ。

美月「この場所の存在は既に予見されていたわ。ただ、入り口が分からなかったの」

単純に探すのサボってただけなのでは。

催眠術継続中の美月は、リフレクターデバイスを奪うために銃を撃ってきました。

これは負けイベントか、それとも勝てるイベントか。

ねえ、ちゅう、しよう

朝になり、三角山の工事が開始。

土砂を運び出そうとしたダンプに対して、ピンポイントで落雷が落ちました。

この技術、一体どうなってんだい。

落雷が開始したことにより、黒い塔の周りは岩が落ちてきて崩壊を始めました。

この三角山、泣いてます・・・。

そんな中、たくやの呼びかけに対してなんとか自我を取り戻した美月。

持っていた銃を自分の額に当て、銃を撃った瞬間、その上に岩が落ちてくるという大打撃。

いや、こんなの目の前で見たらトラウマ物!

澪は、美月を救うためにリフレクターデバイスを使うべきだと提案してきました。

澪「次も必ず私を見つけて、それで次はもっとちゃんとキスして!」

たくや!ここだ!くちにちゅー!

たくや「駄目だ、まずは二人でここから生きて出る!やり直すのはそれからでも遅くない」

ああ、ちゅーチャンスが・・・。

たくやが勇者の剣を黒い塔に向かって突き刺すと、機能が停止して落雷や崩壊も停止しました。

流石にこれは出来すぎでは。

ゲームでもこんなあっさりした展開なんですかね。

黒い塔の崩壊と同時に、三角山も崩れていきます。

大事件ですよこれは。

逃げ出したたくや達は、枯れ井戸の中に到着。

何故か神奈はこの場所にたくや達が現れることを知っていたみたいです。

ロープを使って脱出に成功するたくや達。

神奈はたくやと同じようにループを経験してるんですかね。

この井戸は龍蔵寺家の庭にある物でした。

三角山と龍蔵寺が繋がったな。

ここで結城は、島津市長の告発文を張ったのが自分だと告白。

澪に謝罪しました。

結城はまだしも、澪は命がけの大脱出をした直後。

正直もうどうでもよくなってそう。

謝罪後、たくやの体がモヤモヤに。

前に亜由美さんの目の前から消えたときと同じ現象っぽいですね。

やっぱり神奈だけは何が起こってるかを理解してるみたいです。

これ、たくやが消えたらこの世界からたくやの存在自体が消えてしまうものなんですかね?

また別の世界へ移動するたくやです。

たくやがいるべき世界って一体。

この物語は、色んな世界から断片的に情報を取得して、

「たくやがいるべき世界」ってところで全情報を使い攻略していく感じですか?

たくやが消える現象、今回も広大が現れました。

これ、実際にたくやが広大に会ってる設定?

まさか夢の中ではないと思いますが。

広大「龍蔵寺のことはきちんと書面で伝えたかったのだが、そのときはまだ、あやつがまだ別の何かであることは知らなかったのでな」

濁していくねえ。

日本人特有の察して感とかいらないんで、伝えたいことは言葉ではっきり言いなされ?

TVアニメ「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」公式サイト

おすすめ記事

2019年4月から放送開始となった、アニメ「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」第12話を見ましたので感想です。 ...