「ひとりぼっちの○○生活」第11話感想 お嬢様とお友達になって学校を買おう!

スポンサーリンク



ひとりぼっちの○○生活 11話

2019年4月から放送開始となった、アニメ「ひとりぼっちの○○生活」第11話を見ましたので感想です。

※この記事はアニメのネタバレを含むためご注意下さい。

スポンサーリンク

スマホたぷたぷグループ

ぼっちは友達が増えてきて、学校の朝もにぎやかになってますね。

ソトカの尻への突撃挨拶、急にされたら誰でもびっくりすると思うんだがw

ぼっちは、友達になった人達とつねに話してないと、忘れられてしまうと怯えています。

友達に話しかけに行きまくるぼっち。

なんか、大変ですなあ。まあ、これは嬉しい悲鳴か?

なこの提案で、自分が居たいグループを探すぼっちさん。

なこによると、なことソトカは、「スマホたぷたぷグループ」に所属してるらしい。

たぷたぷってなんぞ?と思ったら、タップのことですよねこれ。

スマホたぷたぷグループでCDデビューはまだですかね。

スマホたぷたぷグループに入りたいぼっちでしたが、

ぼっち自身が持つ携帯はガラケー。

グループに入る条件を満たさず。残念!!

母親に電話したぼっちは、

ぼっち「私、スマホにしないと友達出来ない!!」

なんか、みんなと同じじゃないといけない学生感。

結局スマホは二年生になるまで駄目みたいです。

どういう教育方針なんだろう。

アルにスマホたぷたぷグループのことを相談したぼっちですが、

アルはスマホたぷたぷグループには所属していないみたいです。

一人が所属する、世界の副委員長グループ。

ソロデビュー派なのね。持ち歌もあるし、自信満々ですね。

アル「ぼっちが一番落ち着くところに居ればいいの」

とのアドバイスに、女子トイレへ向かうぼっち。

女子トイレグループに所属希望ですか。オーディションもあるんですかね?

結局ぼっちは、いつもの自席に落ち着きました。

自分の席の近くに友達が多いと、休み時間も安心です。

クラス替えという地獄のイベント

ぼっちは、佳子をスマホたぷたぷグループに勧誘しました。

自分が所属していないのに?

でも、スーパーつよつよ佳子は、自分の信念を曲げずにグループ所属を拒否。

佳子「グループなんて弱いから集まっているに決まってる、私は一人で強くなる」

つよつよ。

ここで佳子から衝撃の告白。

あと二ヶ月で二年生に進級して、クラス替え。

クラス替え。クラス替え・・・。

あびゃー!

ぼっち「地獄のクラス替え!」

くっそめんどくさいイベントキタ~!

一年頑張って積み上げてきたコミュニケーションが再び0に。

お嬢様にクラス替えの相談

ぼっちは、「クラス替えしても同じクラスになる作戦!!」

を立てていました。

その1.先生にお願いしてみる!

その2.教室の壁を壊す!!

その3.人類はみんな友達 だから大丈夫!大丈夫・・・大丈夫・・・

ぼっちはいつも作戦が立てられてえらい。

この作戦は、校門前で同じクラスの小篠咲真世にばれてしまいました。

お、同じクラスの新キャラフィーチャー回ですか。

名前の通りお嬢様らしい。学校の登下校はじいやが車でお出迎え。

体の回りがキラキラお嬢様オーラです。

ちなみに「おじょうさまよ」でググったら、おぼっちゃまくんのキャラが出てきました。

この名前で同キャラが居るのかwというか、もしかしてリスペクト?

ぼっちは初めてしゃべる真世に緊張して、「ありがとうございます」を「あざす!」という始末。

気絶しないだけえらい。

真世に対して、友達とクラス替え後も一緒になりたいという相談をした所、

真世「では、買ってしまえばよろしいんじゃ無くて?学校を!」

おお~、お嬢様スタイル。

学校を買うために、ぼっちに仕事を斡旋してくれるという真世。

女子中学生が楽にお金を稼ぐ方法といえば!!

・・・

折り紙で鶴を折るアルバイトでした。

何ぞそれ。

ぼっち「千羽鶴代行サービスらしいです」

何ぞそれ。

ソトカの折り紙スキルのおかげでかなり早く完了したアルバイトです。

そのスキル、何かに使えそうではある。

千羽鶴代行サービスのアルバイト代は、500円でした。

真世「では参りましょうか、学校を買いに!」

学校って結構値段下がってきたんだなあ。

学校を買いに購買部へ向かうぼっちたちですが、残念ながら購買部には学校が売っていませんでした。

最近だとコンビニとかで売ってんじゃないですかね?

購買部のおばちゃんに、学校の値段が100億円ぐらいといわれた真世は、

真世「500(円玉)置く、では駄目ですの?」

HAHAHAHAHAHAHA!!Japanese Dajare!How are you today?

お嬢様とお友達になりたいです!

ぼっちの千羽鶴代行サービスのバイトは、継続して行われることに。

まだ学校を買うことは諦めていないのか。

自分で学校を作るっていうのはどうですかね。

ソトカの折鶴作成スピードは、さらに向上。

効率化された折鶴の作成は、やがて世界レベルに。

折鶴のバイトには真世も混ざってきました。

楽しそうだったのかな?

そして、真世からは高級そうなお菓子のプレゼントまで。

持つべきものは友達ですねえ~!

真世がクラス替えのことについて調べた結果、

ぼっちの学校にはクラス替えが無かったみたいです。

そんな学校もあるのか。

この事実にぼっちは満面の笑みです。

でも真世はなんだか寂しそうな表情。

最初はクラス替えが無いことを話すのを躊躇したという真世。

真世「もし話したら、一緒に居る時間が終わってしまう、話さなければずっと続くかもしれないって」

え、悲しす。

真世は両親が海外に居ることでいつも寂しかったようです。

色々ありますなあ。

真世と友達になりたいぼっちは、なこ達と一緒にプリを撮りに行くことに。

プリッ。

バイト代がここで役に立つ。

ぼっちは、プリの落書きで「みんな友達」と書いて、

真世に友達になりたいことを伝えました。

スーパーつよつよぼっちです!

ただしここでいつも通りの気絶!あぶなす!

このことをきっかけに、両親に寂しい思いをしていることを伝えることが出来た真世さん。

さすが師匠です!

メールを送った瞬間に返事が返ってくるとは、まさか、どこかで見られている?

新しく友達が出来たぼっちと、両親に自分の気持ちを伝えることが出来た真世。

大・団・円!

『ひとりぼっちの○○生活』BD&DVD特典サントラ試聴動画

TVアニメ「ひとりぼっちの 生活」公式サイト

おすすめ記事

2019年4月から放送開始となった、アニメ「ひとりぼっちの○○生活」第12話(最終回)を見ましたので感想です。 ...