「鬼滅の刃」第11話感想 我妻善逸と猪の皮を被った男どちらを頼るかといったら、ねえ?

スポンサーリンク



鬼滅の刃 11話

2019年4月から放送開始となった、アニメ「鬼滅の刃」第11話を見ましたので感想です。

※この記事はアニメのネタバレを含むためご注意下さい。

スポンサーリンク

我妻善逸の生き様

カスガイガラスの指示により南南東へ向かっている炭治郎。

道中に黄色い男が女性に泣きながら結婚を申し込んでいるところに遭遇しました。

この男は、最終選別に残った人物の一人。

一体何やってんだ。

この男に付いているすずめが慌てて炭治郎のところへ。

なんか、話を聞いている風ですけど、炭治郎ってすずめの話が分かるの?

炭治郎「そうか分かった!何とかするから」

すずめの話、やっぱり分かるんだ。

炭治郎は、最終選別にこの男が居たことはさっぱり忘れていたみたいです。

最終選別も命がけでしたからね。周りに気を使ってる余裕なんて無かったか。

結婚を申し込まれていた女性を無事助けた炭治郎。

トゥンク。

それでも結婚を申し込む男に対して、女性は怒りの往復ビンタ!

経緯としては、この男が道端でうずくまっていた所を、この女性が助けただけとのこと。

それだけでいきなり結婚を申し込まれれば、そりゃ往復ビンタも出したくなりますわ。

現代だったら通報されて逮捕されております。

炭治郎のおかげで助け出された女性には、既に婚約者が居るらしいです。

変なのに絡まれて大変でしたね。末永くお幸せに!

この黄色い男の名前は「我妻善逸」

過剰な自分は弱いアピールで、炭治郎に守って欲しいと懇願してきます。

え?もしかしてこのキャラ、鬼滅の刃のヒロイン枠ですか?

善逸は女にだまされて借金を背負い、借金を肩代わりしてくれた人に鍛えられたそうな。

それで最終選別に生き残るって・・・。

ただ運が良いだけじゃないとは思うんですけどね。

生きることに絶望しすぎた善逸は、怒りのブリッジを披露。

これが、この男の生き様。凄くかっこ悪いです。

一緒に行動することになった炭治郎と善逸。

おなかが空いたという善逸に、自分の最後のおにぎりを分けてあげる炭治郎。

元々良い人な炭治郎ですが、善逸と居ることによって相対的に炭治郎の株が上がっていきます。

鬼の居る屋敷に到着

カスガイガラスに急かされて先を急ぐ炭治郎。

結局流れで善逸と一緒に行動してますけど、善逸の行き先は一緒の場所なんですかね。

鬼の臭いが強くなるという炭治郎ですが、先に合ったのは立派なお屋敷。

パッと見静かそうですけど、この中に鬼が?

屋敷の近くに居たのは、怯える子供の兄妹。

嫌な予感しかないですなあ。

この兄妹は、二人の兄が化け物にさらわれてしまったそうで。

この世界観で夜道を歩いていたらってのがそもそも危険な気がしますが・・・。

「鬼」の存在って世の中に浸透してないんですかね。

今度の鬼は若い娘を狙うロリコン鬼ではないらしい。

子供の兄妹には目もくれず、もっと上の男をさらった。

鬼による好みも千差万別である。

炭治郎は鼻が凄く効く能力を持っていますが、善逸は耳が良いらしい。

炭治郎が聞き取れない音が聞こえているみたいです。

最終選別もこの力を使ったんでしょうか。

善逸に聞こえているのは鼓の音。

この音がリズミカルになった瞬間、屋敷の中から血まみれの男が吹っ飛んできました。

え、まさかこの人が兄妹のお兄さん?

血まみれでこの男は絶命。

鬼の住処だとしたら人間は食われるような気がしますけど、この男はただ殺されてしまった?

若干今週のグロシーンです。

兄妹によると、この血まみれの男はお兄さんではないそうで。

鬼って複数の人間をさらいがちなんですね。

善逸と一緒に屋敷に突入しようとする炭治郎ですが、善逸は断固拒否!

正直、この状態の善逸を連れて行っても使い物になる気がしないんですが・・・。

箱の中に入った豆子は、兄妹のところに預けることに。

豆子は寝てるんですかね。

いざとなったら守ってくれるとは思いますが、昼間なんで太陽を浴びないか心配なところ。

猪の頭を被った二刀流の男

屋敷の中に入った善逸は、泣きながら炭治郎に守ってくれるように懇願中。

ほんと、今までどうやって生き残ってきたんだよw

豆子の箱に怯えた兄妹は、あろうことか屋敷の中へと入ってきました。

炭治郎ももっと説明してあげれば良いのに。

絶対屋敷の中のほうが危険です。

と、言ったそばから揺れる屋敷で炭治郎と分断される善逸。

終わった。

炭治郎と妹ペアと、善逸と兄ペア。

善逸は怯えすぎて、子供のお兄ちゃんにも呆れられる始末。

大丈夫か?問題だ。

善逸はお兄ちゃんを連れて玄関から出ようとしますが、外には出られず別の部屋に。

今度の鬼の能力ですかね。

出口を探す善逸は、猪の頭をかぶった人物に遭遇。

EDに登場しているキャラキタ~!

多分敵ではないんでしょうけど、一体誰~?

めちゃくちゃ身体能力が高く、鬼殺隊の一人ですか?

炭治郎は屋敷の中で体に鼓を付けた鬼に遭遇。

パッと見は前に登場した鬼のほうが強そうですけど、どうなんでしょうか。

炭治郎が鬼の首を狩ろうとした瞬間、鬼が鼓を鳴らすと部屋が90度回転。

これは、トリックアートかな?屋敷を操り縄張りとしている鬼ってことですか。

鬼と戦う炭治郎の所に、さっきの猪が到着。

「猪突猛進!猪突猛進!猪突猛進!」

善逸に比べて全然強そう。二刀流で変わった形の刀を持っております。

今までは鬼殺隊として、炭治郎がメインで鬼と戦ってましたけど、

他の隊員と一緒に戦えれば鬼とも戦いやすくなりそう。

善逸もただただ弱いだけではないと思うんで、今後どういう戦いをするのか見ものですね。

アニメ情報 – TVアニメ「鬼滅の刃」公式サイト

おすすめ記事

2019年4月から放送開始となった、アニメ「鬼滅の刃」第12話を見ましたので感想です。 ※この記事はアニメのネ...





「あとで見る」に登録した記事は、こちらからご覧下さい。

関連広告

こちらもおススメ

スポンサーリンク

フォローする