「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」第12話感想 床で直接寝るのが流行っている時代です

スポンサーリンク



この世の果てで恋を唄う少女YU-NO 12話

2019年4月から放送開始となった、アニメ「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」第12話を見ましたので感想です。

※この記事はアニメのネタバレを含むためご注意下さい。

スポンサーリンク

平行世界を移動するたくや

前回、三角山の中から脱出したたくやは、別の平行世界に強制送還。

また双子岩の碑文のところからスタートです。

平行世界の移動時って時間が遡ってると思うんですけど、

戻る時間は毎回違うものなんですかね?

描写はないですが、たくやは一応確認してるものなんだろうか。

世界を移動してから、真っ先に美月に連絡を取るたくや。

まあ、普通に生きてましたね。

美月ってオーシャンビューでお洒落な家に住んでますねえ。

金持ちそう。

絵里子先生に抱きしめられたときの感想とは

たくやは、タタリ騒動と龍蔵寺について改めて調べ始めたみたいです。

他の世界に移動することでなんとなく情報は集まってきてますけど、

まだパズルのピースって感じですか。

龍蔵寺の催眠術対策のために、絵里子先生に情報を求めるたくや。

保健室のベッドには、絵里子先生の脱いだ服がありました。

この状況は第7話にもありましたが、あんまり詳しくは触れられなかったような。

ただ、今回たくやはベッドの下で寝ている絵里子先生を発見。

絵里子先生は床で寝る!!

こんな所で一体何を。第7話のときもベッドの下にいたんですかね?

寝言で「アーベル」という名前をつぶやく絵里子先生。

昔の恋人かなんかですかね。

心配で先生の手を握ったたくやのことをアーベルと勘違いした絵里子先生は、

ベッドの下にたくやを引き寄せてくれました。

今週のラッキースケベ。

たくやに気付いて悲鳴をあげた絵里子先生。

この悲鳴によって、偶然通りかかった結城と澪に、二人が保健室にいることがばれました。

謎の状況にブチ切れる澪さん。

なんか、こういうベタな展開懐かしい気がw

先週は良い雰囲気だったのになあ。

タタリ騒動というのはテレビでオカルト的に取り扱われている事件のようで。

人が亡くなってる事件のはずですけどね。

結城が録画したタタリ騒動特集を見るたくや達です。

結城はこれ以外にもオカルトビデオを持ってきていました。

めちゃくちゃ興味深々な澪さん。

澪「どれも傑作回ばかりじゃない!」

テンションあがってんねえ!

全く興味のないたくやでしたが、偶然美月の呼び出しで鑑賞会を回避。

相変わらずタイミングが良い男である。

絵里子先生の目的とは

美月の話は、最近の龍蔵寺が変わってしまったという何度か聞いたお話。

前回と違うのは、たくやが美月に催眠術の話をしたこと。

世界線変わったかな。

約束があると言って美月より先に屋上を出たたくやですが、

目的は歴史研究室での龍蔵寺と美月の会合を盗み聞きすること。

先に歴史研究室に入ってロッカーに隠れるたくやですが、

何故か後から入ってきた絵里子先生が同じくロッカーのところに。

え?絵里子先生も同じ目的?

結局狭いロッカーに一緒に入る二人。

たくやの顔には絵里子先生のでっかいお胸がぎゅっ。

今週のラッキースケベその2。

主人公だからね、しょうがないね。

美月は、龍蔵寺に対して直接龍蔵寺が変わってしまった事を伝えますが、

龍蔵寺は逆に、変わったのは美月の方だと言ってきました。

多分龍蔵寺の詭弁なんでしょうけど、当事者じゃないんで良く分からんですね。

美月の気持ちに気付いていたという龍蔵寺は、この場で美月にキス。

若い女性とキスしたかっただけやないかーい!

この状況を見ていた絵里子先生はたくやに対して、

絵里子「一条美月のことは忘れるんだ、彼女はもうすぐいなくなる」

絵里子先生って一体何者なんですかねえ。

意味深なことばかり言いよる。

絵里子先生は何を知っている?

見せたいものがあると言った絵里子先生と、喫茶店で待ち合わせるたくや。

その喫茶店には、龍蔵寺と美月・・・ではなくて、香織が現れました。

美月は家に帰ったんですか?

女をとっかえひっかえしよって。

でもこんな開けた場所で密会は目立つような。

喫茶店に現れた絵里子先生ですが、見せたかったものは龍蔵寺と香織の密会だったらしい。

そして、それに驚きもしないたくやに対して、

絵里子「何度も繰り返せば、それくらい分かるか」

ええ~、一体どういう立ち位置のキャラなの?

龍蔵寺と香織が何を話すのかは特に気にならないみたいで、次の場所へ。

次に向かったのは、タタリ騒動の元凶の場所、龍蔵寺の家。

玄関からではなく、塀をひょいひょいと上がっていく絵里子先生。

本職は戦士ですか?

絵里子「さっ、君も早く!」

いやいや、普通無理でしょ。

でも次の場面で、たくやも無事中龍蔵寺の家に不法侵入できたみたいです。

どうやって入ったんだい。

絵里子先生は、龍蔵寺の母親に、龍蔵寺の話を聞く約束をしていたそうで。

約束してたんだったら正面玄関から堂々と入ったら?というのは野暮ですか?

龍蔵寺の秘密を知ってしまったため、実はボケていた振りをしていただけという母親ですが、

とき既に遅し。

約束の場所である倉庫で、母親は首をつっておりました。

今週のグロポイント。

前の世界とは歴史が変わってきましたね。

外で逃げ出す車を追いかける絵里子先生は、塀の上を駆けていっています。

忍者の末裔か何かですか?

猛スピードで逃げる車は、電柱にぶつかって大事故。

運転していたのは、なんと美月でした。

龍蔵寺の催眠術の効果ですかね。

美月が亡くなるのが今回の収束点?

TVアニメ「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」公式サイト

おすすめ記事

2019年4月から放送開始となった、アニメ「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」第13話を見ましたので感想です。 ...