「鬼滅の刃」第12話感想 これからも、折れていても!俺が挫けることは、絶対に無い!

スポンサーリンク



2019年4月から放送開始となった、アニメ「鬼滅の刃」第12話を見ましたので感想です。

※この記事はアニメのネタバレを含むためご注意下さい。

スポンサーリンク

猪の皮を被る者は敵か味方か

鬼と戦う炭治郎の所に到着した、刀を持つ猪。

「猪突猛進!」の言葉の如く鬼に一直線で向かって行っております。

鬼が鼓を叩くことで回転する部屋。

鬼の方向が変わったことによって、方向変えの為に猪に踏まれる炭治郎です。

二刀流でパッと見凄く強そうな猪ですが、回転する部屋には苦戦しているみたいです。

転んでいる妹を踏みつける猪。

何でわざわざ踏んだんだよ。それは、単純に、ダメ。

流石の炭治郎も大激怒で猪を投げ捨てました。

それに対して、何故かターゲットを鬼から炭治郎に変更する猪です。

どいうこったい。触るものみな傷つけたい人なのか?

うーん、分かってくれとはいわないが、そんなに俺が悪いのかな。

鬼をほったらかしで炭治郎に向かっていく猪。

無視される鼓の鬼さんカワイソス。

鼓の鬼は、存在感を出そうとして攻撃を披露。

鼓は部屋を回転させるだけではなくて、遠くからの攻撃も可能らしい。

急に切り裂かれる畳。

存在感ばっちりです。

遠くから部屋の回転と攻撃を繰り返す鬼。

直接自分が攻撃することは無いんですね。

ただ、今度は鬼が鼓を叩くこと無く部屋が変化。

別の鬼もいるらしいですしね。

妹を守りながら戦わなくちゃいけない炭治郎にとっては、逆に助かったか?

この家の中には、鬼によって食い散らかされた人が放置されているようで。

ぶっちゃけこんな家に連れてこられた時点で命終了ですよ。

炭治郎は、妹に配慮して死体が見えないように家の中を進みます。

出来た男だよ炭治郎は。

部屋の中を探索する炭治郎は、鬼の鼓を持った人間?に遭遇。

あの感じは鬼では無いような。

善逸遂に覚醒!?

善逸と兄ペアは、相変わらず恐怖に怯える善逸に呆れる兄という形で家の中を探索中。

もうある意味相性がいいのかもしれんw

お兄ちゃんが急に話しかけるのに対しても、恐怖で許可制を求める善逸です。

涙と鼻水で体の水分全部抜けるぞ。

しゃべり過ぎると鬼に見つかると言う善逸ですが、

秒でフラグを回収。

四つんばいで舌の長い鬼が現れました。

鼓の鬼よりよっぽど鬼っぽい。

全速力で逃げる二人。

意外と鬼に追いつかれない善逸とお兄ちゃん。

これ、鬼が遅いのか?

舌で攻撃してくる鬼を、お兄ちゃんを守りながら紙一重で避ける善逸です。

流石にね、最終選別に残ったぐらいですから。

ただ怖がりで弱いだけじゃないでしょ。

善逸「俺のことは置いて行け~~~、逃げるんだ~~」

と震える声で話す善逸。

こりゃほんとに弱いのかな?

なんとかお兄ちゃんを守ろうと考える善逸ですが、遂に鬼に追いつかれ。

鬼に脅された瞬間、善逸は気絶。

え?恐怖のあまり?

兄「寝ている」

気絶じゃなくて寝ているらしい。

どういうことだい。

遂に壁に追い詰められるお兄ちゃん。

終わった。

舌で攻撃されるお兄ちゃんですが、何故か鬼の舌は急に切断。

壮大な音楽と共に善逸が立ち上がりました。

お、遂に覚醒した?

抜刀術の構えを見せる善逸。

善逸「雷の呼吸、壱の型、霹靂一閃」

目にも映らぬ速さで鬼の首を刎ねる善逸。

え、かっこよ。

と思った瞬間、起きて自分で切った鬼の首に恐怖する善逸です。

善逸「死んでる~~~!急に死んでるよ~なんなの~!もうや~だ~!」

仕舞いには鬼を倒したのがお兄ちゃんだと勘違いする善逸。

どういうこと?酔拳みたいに、寝れば寝るほど強くなる睡拳ですか?

鼓によって別の所に飛ばされた猪は、太った鬼に遭遇。

ほんとに鬼だらけの家ですね。

ただこの鬼は二刀流で一瞬で倒されました。かませにもなっておりません。

この鬼が弱かったのか、猪が強すぎたのか。

鼓の鬼は元々噂の十二鬼月だったらしい。

目に刻まれた数字がその証拠と。ただ、その数字には上からバッテンが刻まれています。

十二鬼月じゃなかった矢印と鞠の鬼より強いって事なんですかね?

稀血を持つ人間

鼓を持った人間は、みんなで探していた、さらわれたお兄ちゃんでした。

生きてたのか!

炭治郎は左近次印の薬でお兄ちゃんの傷を治療。

効き目がよくて一瞬で痛みが引くみたいです。

一体何が入ってるんだ。

お兄ちゃんがまだ生きている理由。

それは、鬼達が仲間割れを始め、

偶然手に入った鼓で部屋が変わり逃げ出すことに成功したとの事。

紙一重過ぎる。

このお兄ちゃんの血は、鬼にとっては稀血と呼ばれる血の持ち主。

鬼が食うことによって、一人につき50人やら100人やらを食ったことと同じ栄養が摂れるということです。

解説役のカスガイガラスさん、ありがとうございました。

稀血かどうかなんてどうやって判断するんでしょうね。

鬼特有の感知能力で分かるんでしょうか。

長男だから耐えられる

兄妹を残し、一人鼓の鬼に立ち向かう炭治郎。

前後左右に回転する部屋と、攻撃は叩く鼓によって決まっているみたいです。

なんか、ゲームのボス攻略みたいになってきましたね。

いまだに骨の折れている炭治郎は、ずっと痛みに耐えながら行動していたようで。

折れた骨ってどうなってるんだろうと思っていたら、流石にまだ全然治ってなかったんですね。

怪我のせいで精神まで弱ってきた炭治郎。

想像の中で善逸にまで煽られておりますw

ただ、水の呼吸によって、怪我をしている状況でも臨機応変に戦えると自分を鼓舞する炭治郎。

炭治郎「俺は今までよくやってきた!俺は出来るやつだ!そして今日も、

これからも、折れていても!俺が挫けることは、絶対に無い!」

強すぎるだろ、炭治郎!

アニメ情報 – TVアニメ「鬼滅の刃」公式サイト

おすすめ記事

2019年4月から放送開始となった、アニメ「鬼滅の刃」第13話を見ましたので感想です。 ※この記事はアニメのネ...





「あとで見る」に登録した記事は、こちらからご覧下さい。

関連広告

こちらもおススメ

スポンサーリンク

フォローする