「ノブナガ先生の幼な妻」第12話(最終回)感想 嫌々処女を卒業したご褒美に新たな女性を召喚するノブナガ先生

スポンサーリンク



ノブナガ先生の幼な妻 12話

2019年4月から放送開始となった、アニメ「ノブナガ先生の幼な妻」第12話(最終回)を見ましたので感想です。

※この記事はアニメのネタバレを含むためご注意下さい。

スポンサーリンク

「殿様劇場」案件の基準は?

冒頭から友里先生の喘ぎスタート。

声は別に放送していいのね。

信永先生は友里先生のおっぱ○いを吸っております。

一部隠されているとはいえ、これは「殿様劇場」案件ではないのか。

その様子を見つめる帰蝶達。

一体何を考えて見ているのやら。

友里先生(慈徳院)がイッたタイミングで正気に戻る友里先生。

なんで公開儀式なんでしょうねこれ。

このタイミングで友里先生は仕返しとばかりに、

万結(お鍋の方)の心残りを叶えてあげようと強く主張です。

信永が蘭丸の受けになれっていう例のやつですね。

友里先生を含め、関係者をみんな家に連れ込む信永先生。

いや、だから何でみんな来る必要があるんだよw

ただ、友里先生と杏南は部屋から出て行きました。

帰蝶「私は見ます!」

吉乃「私も!」

ウッキウキで見る宣言してんじゃねえ!

ノリノリの蘭丸は、信永にちゅー。

押し倒された信永は無事処女卒業。

おめでとうございます!

万結(お鍋の方)もノリノリでスケッチです。

なんか、良かったですね。帰蝶と吉乃は真顔ですけども。

この行為も画面が一部隠されているだけで「殿様劇場」案件ではありません。

なんでぞ?

万結(お鍋の方)は、途中にもかかわらず満足したみたいです。

一人で勝手に心残りが解消されて消えてしまいました。

それでよかったんだ。

最終回にしてまた新たな女の子召喚

万結の胸を揉んでお鍋の方が出てこないことを確認する信永。

もう、光景が当たり前すぎて事案とも言えないのか。

万結の一件によって、友里先生の体も元に戻すことが出来る可能性が高まりましたが、

それにはおっぱ○いを吸われまくるしかないという事実にブチギレの友里先生。

そして、その光景に帰蝶が友里先生に刀を突きつけブチギレです。

密室で行われる女性同士の修羅場。

完全に警察案件ですが。

修羅場は信永が間に入ることによって収まりました。

ハーレムを作るのも大変ですね。

帰蝶は、この世界の信永と子供を作り子供が育つさまをそばで見届けたいため、

元の世界には戻りたくないと宣言。

なんか、やっと主題に戻ってきたようなw

でも、子作りした瞬間心残りが晴れて元の世界に戻ってしまうって事はないんですかね?

信永は警察に捕まらずに、ハーレムを築くことが出来るのか!

頑張ってください!

ちなみに、信永が帰蝶の持つ刀を触ってしまったがために、

また新たな女性が召喚されてきました。

まだ増えるのか・・・。

原作では一体何人のハーレムを目指してるんだ?信永先生よ。

Pyxis(ピクシス) / 恋せよみんな、ハイ!(Short Ver.)

TVアニメ『ノブナガ先生の幼な妻』公式サイト

おすすめ記事

2019年4月から放送開始となった、アニメ「ノブナガ先生の幼な妻」第1話を見ましたので感想です。 ※この記事は...





「あとで見る」に登録した記事は、こちらからご覧下さい。

関連広告

こちらもおススメ

スポンサーリンク

フォローする