【女子高生の無駄づかい】1話 感想 モテたくてしょうがないおもしれえ女のあだ名は「バカ」

スポンサーリンク



女子高生の無駄づかい1話

2019年7月から放送開始となった、アニメ「女子高生の無駄づかい」第1話を見ましたので感想です。

※この記事はアニメのネタバレを含むためご注意下さい。

今年のアニメジャパンの時にイベントに参加して少し内容は知っていましたが、

ほぼ初見のアニメです。

漫画原作のアニメだそうですね。

スポンサーリンク

生徒から担任からキャラが濃い

高校の入学式で女の子3人が出会う所からスタート。

パンを咥えて登校するというベタなシチュエーションはありますが、

一人食パンの袋を咥えて登校してきた女の子(田中望)が。

いきなりキャラ濃いな。

そしてその友達(鷺宮しおり)はミドリムシのジャムを出してきました。

キャラ濃いな!

入学式のシーンでは一人だけフードを被った謎の女の子が意味深に映ってますが、

これはこのアニメの謎を解くための伏線ですかね?

望は入学した学校が女子高だということに、入学式で気付いたそうです。

んなあほな。

この子特有の渾身のギャグ?

生徒にモテルことを諦めた望は、担任の先生に期待をこめますが、

担任は担任でキャラが濃い。

最初の挨拶でいきなり「女子大生派」だと言うことを暴露。

いかに女子高生に興味がないかというのを長々と説明しています。

でも、話を聞く限り、法律が許せば手を出したいというようにも聞こえますが気のせいか。

あだ名をつけるセンス

彼氏が欲しい望は同じクラスの生徒たちに、

イケメンの友達を紹介してくれるように頼み始めました。

僕っ子の中二病、ちっちゃくないよ!なロリっ子、

いつもネットラジオを聴いていて話し出すとすごくめんどくさそうな子。

キャラが濃い子だけに話しかけてるのか?

それともクラス全員そんな子ばっかり?

望はパッと見でクラス全員にあだ名を付けたらしい。

人を覚えるのには有効そうですな。一番左上の席「USB」ってなんだよ。

それにしても、イケメンの友達を探しに話しかけた子達って、

全員初対面なんだろうか。望さんコミュ強すぎる。

自分もあだ名が欲しい望さんは、とりあえず「二等身」に。

どういうこったい。

この二等身さんは授業中に先生に当てられても、

問題が分からないことを自慢し始める強者っぷり。

何がお前をそうさせた。

秒で補習を受けることになったのはいいのか?

「二等身」というあだ名は、「ロリ」に面と向かって言われたのが気に食わずに却下。

次の「ザコキャラ」もメンタルが削られ却下へ。

そんなにあだ名欲しいか。

次の候補は「家族がら族」

クラスメイトが疑問もなく呼んでくるのもおかしいですけど、

まず、その前に自分で却下せいw

モテたくてモテたくておもしれえ女

モテたくて必死すぎる「二等身」改め「ザコキャラ」改め「家族がら族」改め「田中望」は、

補習中にもかかわらず脳内はモテのことばかり。

先生の制止も振り切って、中学校の同級生男子全員にアプローチをすることにしたみたいです。

そこまで行動力があるなら、もっとやりようあるだろうに。

望「もし、クラスの男子全員が、全員ウチのこと好きだったら?どうっすりゃいいんだよ!」

もしそうだったとしたら、もう全員と付き合っちゃえ。

もしそうならな。

少女マンガの読みすぎか、ずーっと運命的な出会いの妄想を垂れ流す望さんです。

一緒の帰り道でずーーーーっとその垂れ流しを聞いている茜としおりは、

どんだけいい子達なんですかね。

妄想の中では総受けで告白待ちなのを突っ込まれた望ですが、

望「だってウチは、一切努力せずにありのままのウチを好きになってもらいたいから!」

ふっ、おもしれえ女。

昔から性格の変わらない望に対して茜が付けたあだ名は、

「バカ」

どストレートでいい響き。拒否権はないんですね。

これからよろしくお願いいたします。

公式サイトなど

TVアニメ「女子高生の無駄づかい」公式サイト

おすすめ記事





「あとで見る」に登録した記事は、こちらからご覧下さい。

関連広告

こちらもおススメ

スポンサーリンク

フォローする