【彼方のアストラ】2話 感想 遭難した割には楽しそうな一行、でもこの中に裏切り者がいる!?

スポンサーリンク



彼方のアストラ2話

2019年7月から放送開始となった、アニメ「彼方のアストラ」第2話を見ましたので感想です。

※この記事はアニメのネタバレを含むためご注意下さい。

スポンサーリンク

遭難した割には楽しそうな一行

前回、宇宙の彼方で遭難したケアード高校の9人。

今回は、1つ目の経由地である惑星ヴィラヴァースに到着です。

遭難している割には、みんなピクニック気分。

なんか楽しそうですなあ。

まあ、いつまでも絶望にさいなまれていてもしょうがないっていうのもありますが。

惑星に降り立って早々、恐竜みたいな生物が。

指でカメラのような形を作って恐竜の生態を調べるザック。

何その有能な機能。流石近未来。

そんな中でも、アリエスは恐竜にドラポンちゃんとかいう名前を付けてはしゃいでおります。

平和だ。

リーダーシップを発揮するカナタは、メンバーに指示出しです。

とっさに人を見極めて色んな指示出しするって、慣れてないと出来ないですよねえ。

ただ、食量班になったキトリーには、危険なことが嫌だと言う理由で秒で断られました。

リーダーには信頼感も必要だと。

これから頑張って培ってこー!声出していこー!

サバイバル知識が豊富なカナタは、食用として利用できるものも把握しているみたいで。

これはかなり役立つわ。

と思ったら、知らない惑星では自分達の知識は通用せず。

知らない植物だらけみたいです。

こんな訳の分からない所、人食い巨大植物とかいそうですけど、

大丈夫なんですかね。

森の中には植物だけでなく、知らない生物もたくさん。

シャルスは一人ご満悦な様子で森の生物と仲良くなっております。

そんな才能あったのか。

てか、勝手に自分で名前付けてるしw

森の中でまともなのはキトリーだけ。

他のみんなは森の中にある未知の物を満喫しております。

木の武器を見つけたり、トランポリン状の木を見つけたり。

仕舞いには、トランポリン状の木に上がって相撲を取り始めるカナタとルカです。

遭難とは一体。

元凶の球体再び

無事食料を確保したカナタチームですが、

森の中でまた元凶となった謎の球体が現れました。

嘘だろ!?

これ惑星マクパにあったものと同じ?

最近どの惑星にも湧いて出てるのか、それともカナタたちを追ってきた?

必死で逃げるメンバーたちですが、ここでアリエスの新たな能力が判明。

アリエスは「映像記憶能力」を使い、帰り道を正確に覚えていました。

これは今後役に立ってきそうな予感。

あれだけカナタたちを襲ってきていた謎の球体ですが、

何故か森を出たら急に消滅。

追ってこなくなりました。

なんとなく意思を持っているような。

キトリーとフニシアの関係性

宇宙船に戻ってきたメンバーですが、

ここでキトリーの恐怖心と怒りが爆発。

その矛先はカナタと妹のフニシアへ。

仲良くなって欲しいと言うフニシアですが、

キトリー「生意気言わないで!妹でもないのに!」

はあ、複雑な家庭事情ですか。

フニシアは、児童養護施設から引き取られた養子だそうで。

実の親にあまり育てられなかったキトリーと、急に養子になったフニシア。

これは親が悪いよ、親が。

宇宙船を飛び出して行ったキトリー。

フニシアを連れたザックたちはキトリーを探しに再び森の中へ。

日が落ちてきたらまた新しく危険な生物が出てきそうですけども。

トランポリンの木に登って花を見つけたというフニシアですが、

トランポリンの木は夕日に反応して伸びる仕様になっていたらしく、

一人木の上に取り残されました。

初めて見る植物の仕様はそりゃ分からんて。

キトリーもこれを見て森から出てきました。

妹を心配する感じ、別に嫌ってるわけではないんだよなあ。

そしてタイミングよくフニシアに襲い掛かるドラポン。

こいつ人を襲うんかい。

というか、ドラポンっていう名前は決定でよろしいか?

カナタの行動力

こんな中「絶望した時は、強がれ」の精神を持つカナタは、

地面から一番近いトランポリンの木へ猛ダッシュ。

木を飛び渡って行く作戦です。

ここでカナタの能力が判明。

カナタは、走りや跳躍、投てきまで一人でこなすという運動能力の持ち主だそうで。

この班、もしかしてみんな何かしらの特殊能力持ちか?

フニシアを咥えて飛び立とうとするドラポンに対して、

木の上にあった槍で対抗するカナタ。

森の中で武器を見つけて遊んでたシーンは、伏線だったんかい。

槍投げは見事に命中して、フニシアは見事救出。

いくらなんでも運動能力凄すぎないか。

フニシアのいる木に駆け寄ったカナタですが、

緊張感と疲れで木から落ちかけました。

が、ここでキトリーが使ったパラシュート植物で落下を回避。

全部繋がっていくスタイル。

フニシアが木に登ったのは、

キトリーが付けているカチューシャに付いた花と似た花を見つけたから。

可愛いですなあ。

人一倍妹のことを心配していたキトリー。

普段辛く当たっている風なのも、素直になれないからだったんですねえ。

今まで素直になれなかったことをカナタに謝るキトリー。

これで一件落着かと思いきや、幼馴染のザックにはまだ辛く当たってくる模様。

照れてんのか~?おい。

カナタの行動力や人望が認められて、この班のリーダーはカナタに決定しました。

まあ、あそこまでの行動力見せ付けられちゃあ、文句言う人もいないでしょ。

この中に裏切り者がいる?

倒したドラポンは、食用としてステーキへ。

よく料理できたなw

おいしくって何より。

惑星ヴィラヴァースへの滞在はたった2日間で済んだらしい。

まだ順調ですね。

ただ、一番最後は不穏な情報。

宇宙船の通信機が最近意図的に壊されていたらしい。

ザック「犯人は、この船の中の誰かだ」

ええ~、みんな平和そうにしてましたけど、

人狼的要素も絡んでくるんですか?このアニメ。

とりあえず主人公のカナタと、それを報告してきたザックは白ですかね。

これからの旅路、一体どうなることやら。

公式サイトなど

TVアニメ「彼方のアストラ」公式サイト

おすすめ記事

2019年7月から放送開始となった、アニメ「彼方のアストラ」第3話を見ましたので感想です。 ※この記事はアニメ...





「あとで見る」に登録した記事は、こちらからご覧下さい。

関連広告

こちらもおススメ

スポンサーリンク

フォローする