【Dr.STONE(ドクターストーン)】5話 感想 命を落とした千空はゼロから科学文明を作り上げられるのか

スポンサーリンク

Dr.STONE(ドクターストーン) 5話

2019年7月から放送開始となった、アニメ「Dr.STONE」第5話を見ましたので感想です。

※この記事はアニメのネタバレを含むためご注意下さい。

スポンサーリンク

獅子王から逃げ出す大樹たち

前回、獅子王の要求に対して科学を捨てることを拒否した千空。

獅子王が振るった刃は、千空の首へ一閃。

大樹が直前で千空の所にたどり着いたものの、千空は既に地面に倒れるところ。

獅子王の性格的に、急所を外すとか情けをかけるとかそういうことは無いでしょうし、

ほんとにこれで終わり?

倒れた千空を前にして、大樹は近くにあった巨大岩を持ち上げて、

獅子王の頭上へ勢いよく遠投。

なんぞ?と思ったら、次の瞬間杠が作った火薬を獅子王に投げ捨てました。

この流れるようなチームプレイ。

あらかじめ作戦を練ってたんですかね?

獅子王の体に飛び散った火薬と、大樹が投げた巨大岩の衝撃によって、

獅子王の周りは爆発。

やったか!?

と、黒煙の中から出てきたのは傷一つない獅子王。

なんでだよw

いくら人間離れした強さを持ってるとはいえ、火薬の爆発をまともに受けて無傷って。

いつ頃から人間をやめたのか、これまでどうやって生きてきたのか、

獅子王にインタビューをした記事を書いてぼろ儲けしたい。

千空は生き返るのか?

獅子王が爆風を受けている隙に、大樹たちは千空を連れて逃げ出しました。

ただ、獅子王ならすぐにでも追いつけそうですけどね。

大樹からは攻撃してこないというのが分かったんで、

わざわざ追いかけては来ないんですかね。

千空に独自の心臓マッサージを行う大樹。

大樹「いや、人工呼吸か!?」

と、急に千空にちゅーーーーーーしようとする大樹です。

真面目なシーンで急なギャグやめーや!

杠「千空くん、私の代わりに犠牲になって・・・」

という話を聞いた大樹でしたが、

同じ状況になった時は、

千空「全員が助かるルールを1から探す」

という性格を知っていた大樹。

ここで大樹と杠が気づいたのが、ストーンワールドでの千空の癖。

これまで首をゴキゴキするのがいつもの癖だと思ってましたが、

これは、昔からの癖じゃなかったみたいです。

それに気づくとは、流石幼馴染。

ここで千空の首を調べると、一部がまだ石化状態。

なんで今まで気づかなかったんだろうと思ったら、

千空の上着って首の後ろを隠すようにでかい襟があって、

見えないようになってたんですね。

一応伏線だったのか。

「石化が戻るときに細かい破損は繋がる」

千空の首に石化復活液をかける大樹。

首の石化が解けた千空は生き返るのか?

これで復活したら流石千空、一枚上手というのと、

痛みを感じさせずに殺すという情けが、獅子王としては悪い方向に働いたことに。

千空が石化から復活した時の過去話

Bパートになって千空が復活するかどうかが描かれるのかと思ったら、

まだ引っ張るみたいで、千空が石化から復活した時の過去話でした。

石化してからずっと数を数え続けていたというのが、

改めて途方もなさ過ぎてよくわからないです。

千空の希望通り、春に石化が解けたのは何かの意思が働いてるんですかねえ。

石化中もずっと数を数え続けていた千空は、石化が解けても冷静沈着。

自分が寝ていたところの現場保存と、自分の石の保存。

「破片がどこから剥がれたか」なんて事象、まず思いつかないんですけど。

石化が解けて素っ裸な千空は、地元を縄張りとする猿たちに見つかりました。

毛の無いつるっぴか猿を見たことがない地元の猿は、その場で逃げ出しましたが。

見たこと無い動物は怖いもんなんですかね。

言うてこの辺りの島では千空のほうが相当先輩ですけど。

そこからこの猿たちは、次々と文明を築いていく千空の観測者へ。

石器などの道具を作り、炎を作り、最後には衣食住を手に入れた千空。

猿たちもその千空の姿に驚愕の表情です。

ここまで来たらもう地元の猿たちも認めてくれたでしょう。

Welcome to the real world.

第5話はここで終了。

千空の生死は来週にお預けかあ。

狼煙を上げていたもう1人の生き残りもいますし、今後どうなっていくことやら。

公式サイトなど

アニメ「Dr.STONE(ドクターストーン)」公式HP

おすすめ記事

2019年7月から放送開始となった、アニメ「Dr.STONE」第6話を見ましたので感想です。 ※この記事はアニメのネタバレを含...