【ダンベル何キロ持てる?】6話 感想 ひびきにライバル現れる ジーナ・ボイド(彼氏募集中)

スポンサーリンク

2019年7月から放送開始となった、アニメ「ダンベル何キロ持てる?」第6話を見ましたので感想です。

※この記事はアニメのネタバレを含むためご注意下さい。

スポンサーリンク

アームレスリング大会開催

シルバーマンジムで開催されるアームレスリング大会。

賞金はまさかの10万円だそうです。

ひびきは約10万円するというホームシアターセットをご所望のようで。

ひびき「これがあれば我が家が映画館に・・・」

見るとしてもコマンドーシリーズじゃないんですかい?

でも、優勝すれば10万円という、

なんともタイミングのいい大会です。

そういえばひびきはもう制服が冬服に衣替えしています。

もうそこまで季節が進んだのか。

ひびきのアームレスリングの実力

アームレスリングと腕相撲の違いについて、街雄に尋ねるひびき。

このシーンで気になるのは、どうしても里美先生。

街雄がアームレスリングの説明をしている間、

ずーーーーっと喘ぎながらトレーニングしています。

これ、絶対わざとですよね?

頬を赤らめながら、汗だくで喘ぐ里美先生。

説明が頭に入ってこないんですが?

うーん、えっち!w

ちなみに、アームレスリングは世界アームレスリング連盟が正式なルールを制定していて、

専用の台を使ったりもするらしい。

テレビか何かで特集されてたりするのは見たことありますね。

説明を聞いてアームレスリングに興味が出てきたひびきたち。

街雄「こんなこともあろうかと、試合に使う台を用意しておいたんだ!」

女性があんまり出場しないということで、

どうしても出場させたいんですかね。

今回挿入された街雄の筋肉講座は、

アームレスリングのやり方。

どの筋肉を使うのかを説明するのに使われるのは、

何故か全裸の里美先生と、朱美。

よく聞いてなかったですけど、

アームレスリングでは全身の筋肉を連動して使うそうです。

それよりもやっぱりこのコーナーは今回もえっちで何より。

アームレスリングの解説が終わった後は、

何故か里美先生と、朱美の乳合わせ。

朱美がベッドで里美先生の上に乗って攻めている状況。

いつの間にそんな関係に!?

説明を聞かせる気全くないんですね。

ありがとうございます。

アームレスリングでは実戦練習が一番良いということで、

ひびきと彩也香の対決。

ボクシングの練習をしている彩也香は、なんとなく強そうなイメージ。

ところが、実戦練習が始まったとたん、ひびきから繰り出される強者オーラ。

そして目にも映らぬ速さでひびきが勝利しました。

彩也香「何が起こった・・・私は今、何と戦った?」

ひびきよ、お前、いつの間にここまで。

この状況に、朱美がひびきに挑戦しようとしたところ、

その前に現れたのはまさかの街雄。

流石にそれはルール違反でしょw

ひびきのオーラを見てやる気出ちゃったんですかね。

ひびきと手を組む街雄は、ジャージを着ているのにちょっと筋肉が目立っております。

街雄、まさかやる気か!?

街雄の強さは、ひびきが手を組んだだけでもわかるレベル。

それはまさにそそり立つ巨大な壁。

一瞬でひびきに勝利した衝撃で、

街雄のジャージは吹っ飛び、中の筋肉が露わに。

この衝撃は日本、いや、世界を駆け巡るで。

街雄「ちょっとだけ本気を出しちゃった・・・やるじゃないか、紗倉さん」

ひびきの実力はまさかそこまで。

ジーナ・ボイド(彼氏募集中)

アームレスリング世界大会当日。

シルバーマンジムの各支部から猛者どもが集まる。

って、なんか明らかに裏社会の住人みたいな人ばっかりなんですが?

集まってくるのは主に男子の部出場者。

女子の部出場者、里美先生と彩也香は結局出場を辞退したみたいです。

彩也香「お前に勝てない時点で優勝できそうにないし」

まあ、あの状況を見たらしょうがないですか。

そして朱美はまさかの風邪で辞退。

なんでそんな設定になったんだい。

てか、寝てるベッドでっかっ!

そして、女子の部出場者はまさかの2人。

ひびきともう1人で最初から決勝戦です。

でもこういうの正直あるあるですね。

これ結構いけるのでは?

女子の部でひびきの相手になるのは、

今回のオープニングで登場していた謎の女性。

名前は「ジーナ・ボイド(彼氏募集中)」

アームレスリング経験者で、わざわざロシアから参戦するレベル。

しかもひびきを見て半笑いというバカにしようです。

これは、本当に実力があるのかハッタリかどっちだ?

この対決の前には何故か「ジーナ・ボイドの強さの秘密」

というインタビュー映像が。

アームレスリングで強くなるには、腕力よりもテクニック。

そして、ジーナが好きな日本の食べ物はたこ焼きだそうです。

「SILVERMAN GYM 肉の流儀」

この番組って他の人バージョンもあるんでしょうか。

あれだけ自信満々だったジーナですが、

ひびきに感じるロシアの永久凍土の前に敗北。

ただ、その一瞬の衝撃はひびきの服を破るほど。

この一瞬にどれだけのエネルギーが消費されたのか。

それは我々には計り知れないところである。

里見先生「この子、どんどん人間離れしていくわ」

まさか街雄の教え子ってみんなこんな感じになっていくんですか?

ひびきの可能性は無限大。

ジーナの一方的ライバル視

次にひびきたちが学校に行くと、そこにいたのは制服を来たジーナ。

新キャラが学校に転校してくるというあるあるな展開である。

アニメの世界ではスナック感覚で転校してきますね。

ジーナが転校してきたのは朱美がいるA組。

でもジーナはひびきのいるクラスに転校したかったみたいです。

流石にそこの希望は叶わなかったんですか。

ジーナは、アームレスリング出場時は、

日本がイメージするロシアのキャラを演じていたみたいです。

①氷の微笑・知的タイプ

②無表情・冷血マシーンタイプ

③熱血愛国者タイプ

これって何のアニメのイメージですか?

朱美は、ジーナがモスクワのシルバーマンジムに通っているにも関わらず、

あまりトレーニングをしていないということに大ショック。

そんなに筋トレして欲しかったんかいw

ジーナはシルバーマンジムでサンボという格闘技のクラスに通っていたそうな。

シルバーマンジムって色んなことやってんな。

実際のジムもそんな感じなんですか?

ジーナが行っていたのは、反動を使った自重トレーニング。

ジーナ「筋肉を効率よくフルに活用する方法。

それを会得するのが反動トレーニングの目的なの」

ということで、今回は「ジーナの反動トレーニング講座」

も始まりました。

街雄の筋肉講座以外にも、遂に講座が開かれましたか。

反動を使うことによって、筋肉の発達よりも神経の発達がメインになるそうで。

ジーナ「全身を連動する感覚を掴むとトレーニングの効率もグッと増していくわよ~」

彩也香曰く、ボクシングでも同じようなトレーニングをするということで、

格闘技のトレーニングはそんな感じなんでしょうか。

学校帰り、ジーナはホストファミリーの家にお世話になると言ってひびきたちと別れましたが、

そのホストファミリーの家とは、まさかのひびきの家。

なんでひびきが一切それを知らないんだよw

ひびきをライバル視するジーナと一緒に住むとか、

なんやかんやややこしいことになりそうですなあ。

<映画・アニメ・ドラマ見放題・音楽や漫画も宅配レンタル>30日間無料!

公式サイトなど

TVアニメ「ダンベル何キロ持てる?」公式サイト

『ダンベル何キロ持てる?』第7話予告【WEB限定】
TVアニメ「ダンベル何キロ持てる?」OPテーマ Muscle Video
TVアニメ「ダンベル何キロ持てる?」EDテーマ Muscle Video

おすすめ記事

2019年7月から放送開始となった、アニメ「ダンベル何キロ持てる?」第1話を見ましたので感想です。 ※この記事...