【Dr.STONE(ドクターストーン)】6話 感想 千空は原始の人類と共に科学の王国を作れるか

スポンサーリンク

Dr.STONE(ドクターストーン) 6話

2019年7月から放送開始となった、アニメ「Dr.STONE」第6話を見ましたので感想です。

※この記事はアニメのネタバレを含むためご注意下さい。

スポンサーリンク

試して試して試しまくる

前回は、千空が石化から復活した時の過去話がスタート。

衣食住を手に入れ、地元の猿を驚愕させるほどの文明を手に入れました。

現在の千空がどうなったかはまだお預け。

今回も過去話の続きです。

1人で頑張って文明を作り上げてきた千空も、流石に泡を吹いて倒れる始末。

逆に1人でよくそこまでやってきたな。

もっと人力を手に入れるため、千空が掘り出したのは大樹の石像。

地面からは手だけが出ていた所を、それだけで大樹の石像だと目星をつけていた千空。

流石の信頼関係ですなあ。

地面を掘って実際に大樹だと分かった時の千空が、少し涙目になってるのが珍しい。

この頃千空は、そもそも人類が石化してしまった原因についても考えていたみたいです。

①宇宙人の科学攻撃説

②どっかの国の軍事兵器説

③新種ウィルス説

一応真面目に考えてるんですかね、これw

石化したのはツバメと人類のみ。

この設定って、どっかで話してましたっけ?

生き物みんな石化したのかと思ってました。

だったら猿が生きてることもないのか。

そんなピンポイントな石化現象って一体。

この石化、石の中で生き物が生きているというわけではなく、

石化が解除されるときに石が細胞に戻るという設定。

千空とか大樹は石のままで意識を保ってたのか。

硝酸だけでは石化が解けないと知った千空は、そこから無限の実験開始。

こんな気が遠くなる作業、好きじゃなきゃやってらんねえ。

千空復活!

過去に千空が洞穴で大樹を起こそうとしているシーン。

そして現在大樹が千空を起こそうとしているシーンが1つの場面に。

千空・大樹「信じていくらでも待つぞ、てめえ(お前)がいなきゃダメなんだ!」

セリフが重なるこのシーン好き。

なんで今更千空の過去シーンをやるのかと思ったら、

ここに繋げるためだったんですね。

大樹と杠の願いが届き、無事千空は復活!

まあ、千空ありきのこのおはよう世界なんでね。

若干予定調和な感はありますが。

千空の首の石化に気づいた大樹と杠には100億万点プレゼント。

次はもうちょっとわかりやすいヒントをくりゃれ。

千空の復活に感極まった大樹は、千空を抱きしめて全身を漏れなく破壊。

第二の犯人はここにおられましたか。

文明の発達、これにて終了!w

杠は、ロケットと星っぽい模様が描かれた布を発見。

千空の首にマフラーのように取り付けて、背中を木で固定させました。

それ邪魔じゃね?

千空曰く、石化が解除された時点で首はもう完全に治っているらしい。

大樹「むしろ、この石化こそまさにその医者代わりの命の石、ドクターストーンじゃないか!」

石鹸を作ってた時に、ここでタイトル回収かと思いましたが、

本当のタイトル回収はこっちでしたか。

千空が言うように、もしかしてこの石化現象は攻撃ではない?

なにかから守るために石化現象が発生した?

ただ、石化することによって亡くなってる人もいるんで何とも・・・。

二手に分かれて行動

千空はここで杠にミッションを与えました。

それは、師子王の所にスパイとして潜入して何かをすること。

詳細な内容はまだ明かされていません。

確かに、師子王が千空が死んでいると認識しているのは有利な状況かもしれないです。

大樹はとりあえず杠を守るというミッションで同じく師子王の所にスパイへ。

師子王は受け入れてくれるもんなんですかね。

千空の作戦は、科学で戦う革命軍を作り師子王と戦うこと。

戦う人を集めるということで、やっと狼煙を上げた謎の人物に言及してきました。

謎の人物が素直に千空に従ってくれるのかどうか。

ここで千空チームと、大樹、杠チームに分かれて行動することになりました。

どれぐらいの間離れて行動するのやら。

別れた大樹が千空に合図を送ると、それに答えた千空が、

首につけていた布を旗のようにして掲げました。

革命軍のシンボルですかね。

もはや科学の王国を作るとかいう壮大な話になってきました。

なんやかんや千空ならやり遂げそうという期待感は半端ないですが。

原始の人類は文明を持つ

拠点に戻ろうとする師子王の所に現れた謎の女性。

いきなり師子王と戦闘を始めました。

相手が師子王だから軽くあしらわれてますが、

パッと見かなりの手練れです。

そして胸がでかい!

この女性は千空がやられた瞬間も見ていたらしい。

なんでその場に出てこなかったんだい。

師子王の見立てでは、この女性は石化から復活した人間ではなく、

この世界に誕生した人間。

千空が火薬を使った所を見て、妖術使いと表現しています。

てことは、この世界にはすでに文明が存在している?

服を着ていたり、武器を使っていたり、それなりに高度な文明を持ってそうです。

言葉が通じるっていうところはあんまり突っ込まないほうがいい所?

師子王は大木をこの女性に倒して制圧。

お先に奇跡の水の所へ戻ることに。

ここでむやみに殺したりしないのは、後で利用価値があると思ったからですかね。

そしてこの現場を目撃していたのは千空。

もう少しで師子王と鉢合わせになるところでしたけど!?

木の下敷きになった女性を発見した千空は、

滑車を作って木を持ち上げ助けることに成功しました。

森の中にある材料を使ってそれだけのものを作れるなんて、

これは妖術使いですわ。

コハク「私の名はコハク。どうやら私は君のことがめっぽう好きになってしまったようだ」

な、なんだって~!

やったぜ、これで人間が増えますね!

公式サイトなど

アニメ「Dr.STONE(ドクターストーン)」公式HP

おすすめ記事

2019年7月から放送開始となった、アニメ「Dr.STONE」第7話を見ましたので感想です。 ※この記事はアニメのネタバレを含...