「鬼滅の刃」第22話感想 お館様の容認にも納得のいかない柱たち 禰豆子が人を襲わない証明を

スポンサーリンク

鬼滅の刃 22話

2019年4月から放送開始となった、アニメ「鬼滅の刃」第22話を見ましたので感想です。

※この記事はアニメのネタバレを含むためご注意下さい。

スポンサーリンク

鬼殺隊「柱」が登場

前回、鬼を連れながら鬼殺隊の任務に当たっている隊律違反を犯しているということで、

拘束されて鬼殺隊本部に連れてこられた炭治郎。

そこにいたのは、「柱」と呼ばれる鬼殺隊の強者たち。

しのぶ「ここは鬼殺隊の本部です。あなたは今から裁判を受けるのですよ」

裁判?鬼殺隊内で?

隊律違反を犯した鬼殺隊は、わざわざ本部に連れてこられて裁判を受けさせられるんですか。

即脱退とかじゃ無く、まだ良し悪しを判断してくれるのはいい所なんだろうか。

ここで「柱」について、顔と名前を一致させるための紹介をしてくれました。

炎柱・煉獄杏寿郎

音柱・宇髄天元

恋柱・甘露寺蜜璃

岩柱・悲鳴嶼行冥

霞柱・時透無一郎

○柱って所がその人の技の特徴っぽいですね。

杏寿郎が隊律違反は即斬首と言ったことに対して、

当たり前のように同意の様相を呈している柱の面々。

いや、隊律違反に対する罪が重すぎませんか?

勝手に人を殺しちゃダメでしょ。

柱は全員で9人いるようで、

既に登場済みの

水柱・冨岡義勇

蟲柱・胡蝶しのぶ

木の上に寝ているのが

蛇柱・伊黒小芭内

義勇さん以外は、みんな炭治郎を殺したがりのようで。

血の気が多いのう。

ただ、殺されそうになっているのに、

炭治郎は自分のことそっちのけで禰豆子の心配をしております。

禰豆子に気を取られて、さっぱり話を聞いていない感。

善良な鬼と悪い鬼

しのぶは炭治郎から鬼を連れている理由を聞き始めました。

喋りづらそうな炭治郎に対して水をあげたり、

優しそうな口調で語りかけてはいますが、

それが逆にめっちゃ怖い。

炭治郎は、禰豆子が妹であることと、人を一度も食ったことが無いことを説明しますが、

聞き入れられず。

鬼殺隊の柱という、言わば鬼のスペシャリストであるはずの人間ですら、

人を食わない鬼というのは見たことが無いと。

やっぱり禰豆子だけは何故かかなりのイレギュラーなんですね。

炭治郎が、禰豆子は鬼殺隊と一緒に鬼と戦うことができると主張する中、

最後に現れた柱は、

風柱・不死川実弥

何故か禰豆子が入った箱を持っております。

なんか、顔の表情からしてやべーやつ。

実弥「鬼殺隊として人を守るために戦える?そんなことはなあ、ありえねえんだよバカが!!」

と言って箱と一緒に刀で禰豆子を突き刺す実弥。

やめーや、俺たちの禰豆子ちゃんにーーーー!!

これを見た炭治郎はブチ切れで実弥に突進。

斬撃をかわしつつ、石頭の頭突きで実弥を倒すことに成功です。

これ、また隊律違反?

炭治郎「善良な鬼と悪い鬼の区別もつかないなら、柱なんてやめてしまえ!!」

まあ、珠世や愈史郎という例もありますしね。

善良な鬼が存在しているのは事実。

知らないとは思えないんですけど。

お館様の登場

実弥と炭治郎の間で殺伐とした空気が流れる中、

ここで「お館様」とやらが登場。

どこかで後姿だけは登場していたような。

顔にやけど?を負っていたりして、盲目な方なんですか。

お館様を目の前にして、膝をつき始める柱の面々。

血の気は多いが、お館様に対しては礼儀正しいんですねえ。

実弥がお館様に対して炭治郎のことを尋ねると、

お館様は炭治郎と禰豆子のことは知っており、

容認していたとのこと。

まあ、そりゃ知らないわけがないんですよねえ。

柱にぐらいは言っておいてもよかったのでは。

お館様の容認を知って、なおもそれに反対を表明する柱の面々。

ちゃんと上司にも意見を言えるホワイトな組織となっております。

お館様は、左近次さんから炭治郎たちのことを聞いていたみたいです。

てか、鱗滝左近次って、元柱だったんですか!?

この話ってここが初出でしたっけ?

義勇さんも左近次さんから話を聞いていたから、

禰豆子を守るような行動をとっていたんですね。

この話を聞いて涙を流す炭治郎。

ほんといい人に恵まれてんな、炭治郎は。

それでも納得できない柱たちに対して、

お館様は、禰豆子が人を襲わないという証明は出来ないが、

人を襲うという証明も出来ないという理論を展開。

なんか、屁理屈感が凄いような・・・。

そして、お館様は炭治郎が鬼舞辻無惨と遭遇していることも話し始めました。

天元「そんなまさか!柱ですら誰も接触したことが無いというのに!」

え?鬼舞辻無惨ってそんなにレアキャラだったの!?

お館様がここまで炭治郎を擁護する理由は、鬼舞辻だったのか。

それでも実弥だけは納得できない様子で、

自分の腕を切って血を出し、禰豆子を誘い出すように試み始めました。

そこまでして鬼が人を襲うという事を証明しようと。

その執念、何が実弥をそこまでさせるのか。

涎を垂らしながら箱から登場する禰豆子。

という所で22話は終了。

とはいえ、禰豆子だし大丈夫でしょって感じで楽観しちゃうんですけどねw

刀で刺された怒りで襲わないかは心配ですが。

鬼滅の刃ももうそろそろ終了なんですけど、

一体どういう終わりを迎えるのやら。

2期ありきで、普通に途中までなんだろうか。

公式サイトなど

アニメ情報 – TVアニメ「鬼滅の刃」公式サイト

おすすめ記事

2019年4月から放送開始となった、アニメ「鬼滅の刃」第23話を見ましたので感想です。 ※この記事はアニメのネタバレを含むため...

「あとで見る」に登録した記事は、こちらからご覧下さい。

関連広告

こちらもおススメ

スポンサーリンク

フォローする