「鬼滅の刃」第23話感想 炭治郎と禰豆子が鬼殺隊として戦えることの証明を まずは十二鬼月を倒そうね

スポンサーリンク

鬼滅の刃 23話

2019年4月から放送開始となった、アニメ「鬼滅の刃」第23話を見ましたので感想です。

※この記事はアニメのネタバレを含むためご注意下さい。

スポンサーリンク

人間はみなお前の家族だ。人間を守れ

前回「柱」の不死川実弥は、鬼の禰豆子が人を襲うことを証明するため、

自ら血を流し禰豆子の目の前へ。

禰豆子を挑発する実弥と、涎を垂らしながら我慢をする禰豆子。

これって、いくら禰豆子が人を襲わないと言っても、

鬼としての本能は残ってるってことなんですよね。

この光景を見てブチ切れな炭治郎は、小芭内によって押さえつけられて動けず。

炭治郎、最近禰豆子に絡んだことが多いだけにブチ切れまくりですな。

両手を縄で縛られ、小芭内に抑えられていた炭治郎でしたが、

根性で縄をブチ切って禰豆子のもとへ。

押さえつけていた小芭内の手は、義勇さんによって掴まれることに。

義勇さんはずっと炭治郎側に付いてくれますね。

しのぶ「そんなだからみんなに嫌われるんですよ」

あっ。

人間の血を我慢する禰豆子の頭の中には、家族と一緒に過ごしていたころの風景が広がります。

ここで揺れてる桜の木の表現めちゃくちゃ綺麗なんですけど。

これCGですか?

左近次「人間はみなお前の家族だ。人間を守れ」

左近次さんの教えは禰豆子の中に深く刻み込まれてるみたいです。

禰豆子「人は、守り、助けるもの。傷つけない。絶対に傷つけない」

脳内再生とはいえ、禰豆子がまた喋ったぞー!

お祝いじゃ~!!

十二鬼月を倒そうね

葛藤の末、実弥からそっぽを向く禰豆子とほっとする炭治郎。

まあ、禰豆子を信用しているとはいえ、実際どうなるかは炭治郎にもわからないですしね。

この状況に、当の実弥はかなり驚いている模様。

残念だったねぇ。

お館様「証明しなければならない。これから。

炭治郎と禰豆子が鬼殺隊として戦えること。役に立てること」

これまで何回か共闘はしてるんですけどね。

もっと強い鬼を倒さないとダメですか。

炭治郎はお館様の声を聞いて、頭がふわふわすると言っております。

お館様の正体に何か関係があるんですかね。

お館様からは、十二鬼月を倒してくるように言われる炭治郎ですが、

炭治郎は鬼舞辻無惨を倒すと言って柱たちにも笑われております。

まあ、最終的にはそうなりそうな気はしますけども。

お館様「今の炭治郎にはできないから、まずは十二鬼月を1人倒そうね」

そうだね、プロテイ・・・。はい。

今回、十二鬼月の累が倒されたわけですけど、

十二鬼月って1人減ったら、また増員されるんですかね。

十二鬼月が全滅するっていう事は無いんだろうか。

炭治郎にひどい態度を取っていた実弥と小芭内は、

お館様にやんわり怒られております。

禰豆子もブチ切れですよ。刀で刺されてるし。

傍若無人に振る舞っていても、流石にお館様の言葉は素直に聞きますね。

炭治郎の話は終わったという事で、炭治郎はしのぶの屋敷に行くこととなりました。

えっ、なんか怖。

「隠」によって一瞬で連れ去られる炭治郎と禰豆子です。

ちなみにお館様は珠世のことも知っているみたいです。

人を襲わない鬼もいるってことを何で鬼殺隊に広めないのか。

善逸、伊之助との再会

しのぶの屋敷には、森にも来ていた蝶の髪飾りを付けた女の子が。

名前は「栗花落カナヲ」

継子と言って、柱が直接育てる隊士だそうです。

蝶の髪飾りがしのぶに気に入られたんですかね。

よく分からないですけど、鬼殺隊のエリート組みたいなものですか?

屋敷に上がってもいいかどうかを尋ねる隠に対して、

ただただ笑顔のカナヲ。

言葉に出さなくても分かるだろという、継子特有の圧?

この屋敷には、他にも蝶の髪飾りを付けた女の子が。

しのぶのハーレム屋敷なんですか?ここは。

炭治郎が連れてこられた部屋には、薬の多さに全力で不満を訴える善逸の姿が!

みんなここに連れてこられてきたのか。

すっかり元気になって、いつもの調子に戻っておる。

うるっさ!

うるさ過ぎて炭治郎を連れてきた女の子に怒られております。

そういうプレイがお好きですか。

炭治郎は、ここで善逸が森に入ってきたことを初めて知りました。

よく考えたら、森の中では善逸に会ってませんでしたね。

善逸は蜘蛛になりかけた影響で、手足が凄く短くなってるみたいです。

そんなの治るもんなんですかね。

ちなみに同じ部屋には伊之助の姿も。

喉を潰して声がしゃがれている挙句、すっかり戦意喪失で意気消沈なご様子。

これはかなりのキャラ変なんですが。

てか、怪我してベッドに寝ててもやっぱり猪の顔はそのままなのねw

伊之助「ごめんね、よわくて」

おいおい。

お屋敷では禰豆子にも部屋が与えられました。

個室とは、かなり好待遇なのでは。

禰豆子は、部屋に着いた瞬間ご就寝。

大分ダメージ受けたでしょうしね。無駄に刀で刺されたし。

禰豆子はベッド使うんですかね。

柱合会議

炭治郎の一件が終了した後、お館様と柱は「柱合会議」へ。

隊士の質の低下を訴える実弥。

鬼殺隊って、継子以外は隊士になった後誰かに育てられるってことあるんですかね。

炭治郎なんかは、左近次さんからトレーニングを受けた後は実戦あるのみみたいな感じですし。

そんな中でも柱からは割と見込みありな評価を受けている炭治郎です。

義勇さんの跡を継いで柱に入ることもあるんですかね。

ちなみに柱でも十二鬼月には中々遭遇しないらしいです。

鬼舞辻にも遭遇したことがないってことですけど、

単純に見た目が派手すぎるんじゃないですかね。

お館様「鬼舞辻無惨、何としてもお前を倒す。お前は必ず私たちが」

お館様と鬼舞辻無惨、何か私怨でもあるんですかね。

それともただ鬼殺隊としても正義のため?

公式サイトなど

アニメ情報 – TVアニメ「鬼滅の刃」公式サイト

おすすめ記事

2019年4月から放送開始となった、アニメ「鬼滅の刃」第24話を見ましたので感想です。 ※この記事はアニメのネタバレを含むため...

「あとで見る」に登録した記事は、こちらからご覧下さい。

関連広告

こちらもおススメ

スポンサーリンク

フォローする