「BanG Dream! 3rd Season(バンドリ!3期)」3話感想 六花のメガネとシュシュとチュチュ

スポンサーリンク

BanG Dream! 3rd Season(バンドリ!3期)3話

2020年1月から放送開始となった、アニメバンドリ3期 3話を見ましたので感想です。

※この記事はアニメのネタバレを含むためご注意下さい。

スポンサーリンク

バンドリ予選の開催

今回からバンドリガールズバンドチャレンジの予選が始まったようで、

各ライブハウスで予選が開催されているようです。

CiRCLEではRoseliaがライブを開催しており「FIRE BIRD」を披露です。

お、Roseliaのライブシーンキター!と思ったら、15秒ぐらいでフェードアウトかい!

この予選は好きな会場の予選にエントリーすることができて、回数制限なし。

この日のCiRCLEではRoseliaのみが参加してるみたいです。

この予選ってどういう作戦がいいんでしょうね。

その日に参加するバンドが1組だけだと、客はそのバンドに投票するしかないでしょうし。

色んなバンドが参加してる会場を狙ってライブをしてファン層の幅を広げるのがいいのか、

あえて自分たちだけでライブをやるのがいいのか。

このRoseliaライブは巴や日菜も見に行ってたみたいです。

そりゃ身内に投票しますわなw

この日の予選にはRoseliaやRAISE A SUILENは参加してるみたいですが、

肝心のポピパは一体?と思っていたら、これから予選に向けての新曲を作る打ち合わせをしているみたいです。

割とのんびりしているイメージですけど、時間は大丈夫なのか~?

六花のための新曲

前回チュチュに不合格宣言をされた六花は、まだ若干落ち込んでいる模様。

ポピパのみんなもその様子には気づいているみたいですが、

その理由はレイヤからおたえに伝わることに。

レイヤ「花ちゃんからの呼び出し、いつも突然だね」

おたえからの急な「焼き芋食べる?」との連絡に直行するレイヤさんである。

レイヤはいつもおたえの急な呼び出しに応えてるんですかねw

おたえからの連絡に満面の笑みなレイヤなので、相当嬉しいんでしょうけどね。

落ち込む六花は風呂でストレス発散なのか、2話に続いてお風呂シーンを披露です。

ありがとう六花。

そして隣に忍び寄るおたえ先輩である。

音も無く近づくとは、忍びの道を学んでいるだけのことはある。

同じギター弾きとして通じるものがあるんですかね。

後輩の悩みをいち早く聞いてあげようとするとは、先輩やってますなあ。

ただし先輩としての立場は、脆くものぼせたおたえとともにお湯へ沈んでいくのでした。

全身真っ赤じゃねえか!旭湯のお湯ってそんなに熱めなんですかね。

六花が元気のない理由は、おたえによってポピパに知れることに。

この時点でポピパはまだ新曲の構想やら予選のセトリを練っている最中です。

RoseliaやRASが先行する中、追いつけるものなんでしょうかねえ。

ポピパが新曲を作成する描写の中、途中でGlitter*Greenの橘田さ・・・鵜沢リィが登場!

まだそこでバイトしてたんですねえ。地味に嬉しい登場。

ポピパの予選会場はGalaxy。この日はポピパのみが出演です。

明日香「今日ポピパしか出ないの?お姉ちゃん、バンド同士で戦うって言ってたけど?」

ごもっとも。ポピパだけがライブするんだったらポピパのファンしか来ないよなあ。

この日のライブでは有咲がショルダーキーボード、沙綾が立奏のドラムになってます。

沙綾がリィ先輩に頼んでたのはこの件でしたか。

ちなみにこのスタイルは、中の人達が実際にライブをするときも披露していたものです。

ライブシーンはやっぱり中の人の動きがかなり反映されてるんでしょうね。

予選ライブは新曲の「Step × Step!」からスタート。

たえ「この曲はポピパの大切な友達のことを想って作りました」

というように、六花に対するメッセージソングとなっております。

自分の好きなバンドが、自分だけのために曲を作ってくれるとか、ファンサービスどころの話じゃねえ!

この曲を自分のために歌ってくれていると気づいた六花は、

歌詞の通り自分のシュシュを外して外へと飛び出しました。

まさか大好きなポピパのライブを途中で抜け出すほどとは。

この様子に気づいたマスキングは、また六花と一緒にバイクでチュチュの所へ。

片手でヘルメットを担ぐマスキングさんかっけえっす!

ただ、外は寒そうなのにやっぱり今回も半袖でバイクに乗る六花さんである。

RASへ加入する六花

チュチュに門前払いを食らいそうになる六花は、

六花「帰らん!」

なるほど、3話のタイトルは六花のセリフでしたか。

再びRASの前でギターを弾き始める六花は、今回はメガネを外し本気モード。

やっぱり普段はそのメガネで力を抑えてるんですなあ。

演奏するのは今回も「R・I・O・T」

実際の曲と比べてアレンジが凄い。

バンドがやりたい事をチュチュに熱く語っていただけあって、

演奏しているときの六花はめっちゃ笑顔で楽しそう!

というか、3Dのモデルの指がめちゃめちゃ動いております。

単純に作るのにも凄く苦労しそうな。

今回の演奏によって六花はRASのギター(仮)へと合格。

遂に六花がポピパのライバルに!

こういう流れで六花がRASへ加入するのかあ。

これから六花がポピパをコネコネする喜びに目覚めてしまうんでしょうかね。

次回のタイトルは「タコさんウィンナーだぎゃあ」

いや、だから毎回誰のセリフなんだよw

公式サイトなど

「BanG Dream! 3rd Season」公式サイト

おすすめ記事

2020年1月から放送開始となった、アニメバンドリ3期 1話を見ましたので感想です。 ※この記事はアニメのネタバレを含むためご...

「あとで見る」に登録した記事は、こちらからご覧下さい。

関連広告

こちらもおススメ

スポンサーリンク

フォローする