「BanG Dream! 3rd Season(バンドリ!3期)」7話感想 みんないつもRoseliaを支えてくれてありがとう

スポンサーリンク

BanG Dream! 3rd Season(バンドリ!3期)7話

2020年1月から放送開始となった、アニメバンドリ3期 7話を見ましたので感想です。

※この記事はアニメのネタバレを含むためご注意下さい。

スポンサーリンク

RASメンバーとRoseliaメンバーの関係性

冒頭、自室で一人ギターの練習をする紗夜。

前回、RoseliaがRASとの直接対決で負けたことになんやかんや思うところがあるんでしょうか。

日菜が部屋に入ってきたことにも気づかずにギターをかき鳴らしております。

この光景にそっ閉じな日菜さん。

6話の時と比べて日菜のノックが普通の音になっていたのは、成長?なんでしょうかねw

一方のRASメンバーはRoseliaへの勝利記念パーティー開催中です。

豪華そうな料理ですけど、何料理なのやら。

チュチュは勝利の結果にご満悦ですが、マスキングの作ったイチゴケーキは焦げ、

レイヤは若干浮かない表情。

こっちはこっちでなんか一波乱ありそうな。

マスキングがケーキ作り失敗するって、よっぽどなのでは。

六花の部屋に遊びに来ているあこと明日香。

相変わらず仲がいいですねえ。

そんな中、ナチュラルに六花の部屋に入り込んでくるマスキングさん。

六花とマスキングは早くもそんな関係に!?

明日香「こんにちは」

若干冷たげな口調なのは気のせいでしょうね。

そしてあこは変わらず中二病ムーブ。

マスキング「やっぱお前可愛いな」

前回もそうでしたけど、マスキング的にはこれが可愛いという評価だそうで。

可愛いは可愛いですけど、毎回そのしかめっ面で言うのやめい。

ライブではあれだけ激しい対決をしたRoseliaとRASですが、

ライブ外でのメンバーは結構穏やか、仲良さげにしてますよね。

ただしチュチュを除く。

旭湯から家へと帰っていくあこと明日香ですが、

何故かマスキングだけは、

マスキング「また来いよ~」

と、まるで自分の家かの如く2人を見送っております。

え?六花とマスキングは一緒に住んでるんですか?

薄い本が厚くなるな。

同じ頃、レイヤとリサ姉は楽器屋で同じタイミングで同じベースの弦を手に取ろうとして、「あっ」なことになっています。

ベタなラブコメ展開みたいになってますがwトゥンク。

レイヤはおたえとバンドをやりたくてベースを始めた。

リサ姉は友希那がいたからベースを始めた。

同じようなきっかけでベースを始めた二人。

へ~、気が合いそうですね。これは薄い本が(略

この二人も別に敵対しているわけではなくてお互いに認め合ってるようです。

やっぱり明らかな対決姿勢を見せているのはチュチュだけって感じですね。

それでもチュチュが最強のバンドを目指すための行動力は抜群。

バンドに属さずサポートで活動していたレイヤを、バンドに引き入れることに成功しちゃうんですもんね。

過去にチュチュがレイヤをスカウトに行ったシーン。

なんか違和感があるなあと思ったら、この頃はまだ猫耳ヘッドホンを付けてなかったんですね。

ヘッドホンを付けるようになったきっかけとか、アニメで描かれたりするんでしょうか。

漫画では描かれてたりするんですかね。

対策を練るポピパ

いつものようにCiRCLEで練習をしているRoselia。

バンドとしての練習を終えたものの、

リサ「この前のライブ、引きずってるのかな」

という感じで、紗夜だけは一人自主練を続けております。

RASとの対決は、結構友希那の独断で決めていったこともあって、

友希那が一番想いが強かったのかと思いましたけど、

ライブの結果に一番ショックを受けたのが紗夜だったんでしょうか。

この日のCiRCLEにはAfterglowも練習に訪れていました。

放課後にバンド練習するから、タイミング的に会う機会が多いんですかね。

RASとRoseliaの対決ライブ前に行われていた、出演順投票。

モカ「蘭もRoseliaに貼ってましたよ~」

とモカに唐突な暴露をされて顔真っ赤な蘭ちゃんです。

貼ったシールには「蘭の!」の文字w

めっちゃ主張するじゃん!かわゆ。

投票のシールがバラの形に貼られていたり、ファンのメッセージが書かれていたり。

この件ってRoseliaメンバーたちはモカが話すまで誰も知らなかったみたいです。

このボード、誰かが本人たちに渡してあげればよかったのに。

ライブ終了後、まさか処分されちゃったんですかね。

RASとRoseliaに比べて圧倒的に差を付けられているポピパ。

この現状を受けて、有咲が立ち上がりました。

RASやRoseliaがどうやって投票数を伸ばしているかを分析。

それに対する対策案まで提案しております。

分析結果を見ると、ポピパが予選ライブをやっているGalaxyは圧倒的にキャパが少ないようで。

まあ、そりゃ見せる人が少なければ投票数も伸びませんわな。

この予選って、同じライブハウスでやり続けないといけないんでしたっけ?

ポピパもキャパが大きいdubで予選ライブを行うという選択肢はないんですかね。

とはいえ、ポピブイの影響もあったのかポピパの現在順位は22位。

順位だけ聞くと大分上がった印象がありますね。

有咲「これからはマジで飛ばしていくからな!スケジュール、見直すぞ!!」

これ、完全に有咲がリーダーやないかい!

Roseliaはさらなる高みへ

Roseliaのバンド練習はみんな気合が入っているようで、

スタジオ予約時間が過ぎてもまだ練習を続けようとしております。

ただそんな中、休憩をしようとした紗夜が廊下で倒れるという事件が発生。

顔が真っ赤で、エッ・・・ではなくて、大丈夫か紗夜さん!

熱が出ていてもそれをメンバーに言わずに練習を優先するとは、

紗夜らしいというかなんというか。

紗夜がそんな状態で学校も休んだため、個人練習にしようと言う友希那は、

しれっと一人で紗夜のお見舞いに行こうとしておりました。

そんな友希那も友希那ですけど、それに気付いたリサやあこ、凄くないか。

紗夜の看病は日菜の担当。

熱が出ている患者に対して、プリン?

紗夜「どうしてそんなに嬉しそうなの?」

日菜「嬉しくないよ~心配してるのっ!」

いやいや、あなた満面の笑みじゃないですかw

ありがとう、さよひな。

そしてRoseliaメンバーも紗夜のお見舞いに駆け付けました。

おかゆ作りやリンゴ剥きのためにリサたちが部屋を出ていったため、

二人きりになる友希那と紗夜。

これ、明らかに狙って二人きりにしてますよね。

みんなが部屋を出て行ってから、数秒無言の時間が続くの若干気まず~。

友希那と紗夜が二人で話す中で、友希那がチュチュの挑戦を受けた理由が明らかになりました。

他のバンドを知ることでRoseliaだけでは知りえなかったことを知ることが出来る。

それを知ることでRoseliaがさらなる高みを目指せると。

ま、でもそれ、最初に言ってくれてても良かったのよ?

そうすれば紗夜と衝突することもなかったでしょうに。

それも友希那らしさなんでしょうか。

「OVER THE FUTURE LIVE」までに無事紗夜の体調は回復。

当日も事前練習を行い、万全の体制です。

このライブ会場、FILM LIVEと同じ会場ですかね。

Roseliaの女性ファンはRoseliaの衣装と同じようなゴスロリチックな格好でライブを見に来ております。

そして、Roseliaを心配するようなセリフが。

しゃ、喋っただと!?

そして、友希那の、

友希那「みんな、いつもRoseliaを支えてくれて、ありがとう」

との声に感涙です。

こりゃファンの鑑ですな。

FIRE BIRDと共にエンドロールへと突入する第7話。

え?最終回ですか?

俺たちの戦いはこれからだ!的な感じに見えてしまうんですがw

カッコいいんですけどね。

ちなみに、友希那のセリフに感涙の表情を浮かべていたファンの役名は「ロゼリアファン」

となっておりました。

RASとの対決に負けたとはいえ、RoseliaはRoseliaでそれを糧にまた一歩成長していってる感じですね。

次回のタイトルは「のんびりしていてよいのでしょうか」

ここまでやってきた対決ムードとは打って変って、温泉回!?

今度は六花たちが熱を出してるっぽいですけど、どうしたんだよ一体!

【次回予告】アニメ「BanG Dream! 3rd Season」#8(Web Ver.)

公式サイトなど

「BanG Dream! 3rd Season」公式サイト

「BanG Dream! Girls Band Challenge!」公式サイト

おすすめ記事

2020年1月から放送開始となった、アニメバンドリ3期 8話を見ましたので感想です。 ※この記事はアニメのネタバレを含むためご...

「あとで見る」に登録した記事は、こちらからご覧下さい。

関連広告

こちらもおススメ

スポンサーリンク

フォローする