「BanG Dream! 3rd Season(バンドリ!3期)」9話感想 乗るしかねえな、このビッグウェーブに!!

スポンサーリンク

BanG Dream! 3rd Season(バンドリ!3期)9話

2020年1月から放送開始となった、アニメバンドリ3期 9話を見ましたので感想です。

※この記事はアニメのネタバレを含むためご注意下さい。

スポンサーリンク

ビッグウェーブに乗るポピパ

前回、他のバンドメンバーと一緒に温泉旅行に出かけた六花は、

ちゃんとチュチュたちにお土産として温泉まんじゅうを買ってきていたみたいです。

六花はのぼせて倒れてましたけど、ちゃんと回復したようでなにより。

当のチュチュはライブのステージングを決めるために引きこもりです。

というかパレオとチュチュの関係が、完全に引きこもりの母と子な感じがw

お客さんが帰ってから顔を出すっていうね。

そして温泉まんじゅうはチュチュで独り占め。

可哀そうなパレオである。

それにしても、チュチュが引きこもってる所って部屋なんですかね。

なんかぱっと見押し入れみたいに見えますが。

あれだけ広い部屋に住んでいて、あんな小さい部屋に引きこもるとは。

狭いところの方が集中して作業ができる、クリエイター特有の習性があるんでしょうか。

ポッピンパーティは、11/25~12/14にかけて3weeksライブと題して毎日ライブを開催する作戦を決行中。

中々パワフルですなあ。

ポピブイは引き続き好評なようで、再生数が伸びています。

ポピブイを見たハロハピファンのおばあちゃん達も、

わざわざライブハウスに出向いてポピパを見に行っているみたいです。

こちらも中々パワフル。

ちなみにおじいちゃんは存在しない世界線ですかね?

この日のGalaxy予選にて、ポピパは100人の観客全員から票を獲得。

これ、もし他のバンドが出演してたとしたら凄すぎでは。

この結果に神妙な表情の有咲は、

有咲「やっぱ乗るしかねえな、このビッグウェーブに!!」

と言って、もっと大きい会場でライブを開催する宣言です。

ちなみにこのビッグウェーブな名言が初めて発せられたのは2008年だそうな。

時の流れは速い・・・。

この時期に空いているキャパが大きいライブハウスは、Roseliaが拠点としているCiRCLEと、

RASが拠点としているdub。

どうやら、RoseliaやRASとの直接対決を避けるため、他のバンドが一緒にやりづらい状況になっているとか。

確かに予選に参加する側としたらプレッシャーは半端無さそうです。

そんな中で、Galaxyの楽屋でスナッピーを読んでいたマスキングによって、

ポピパも半強制的にdubでライブをやることが決定です。

マスキング「最近ずっとワンマンばっかで退屈してたんだ」

この行動力の早さよ。

マスキングがエントリーした連絡は、何故か彩綾が受け取ることに。

六花「いつの間にそんな仲に(嫉妬)」

お、修羅場か?

そんなこんなでポピパは、3weeksライブの間dubやCiRCLE、

他の空いてる所でもライブハウス破りに行く流れになりました。

無理して体壊さんでね。

そしてこの予選ではポピパを率いる有咲。

有咲「私は、鬼になる!!」

有咲の中に眠る殺意の波動が目覚める・・・。

流石の有咲は、期末試験のことも忘れておりません。

香澄とおたえのために自作の試験対策プリントを作成する気合の入れっぷり。

有咲「覚えるまで飯抜きだ!!」

これが鬼の有咲。

てか、この本格的な試験対策プリントどうやって作ったんだ。

この知識だけで一つの仕事になりそうな気が。

予選で忙しい最中、ハロハピからは一緒に老人ホームでライブをやってほしいという依頼が入りました。

平日は学校行って放課後にライブを2回。

日曜日は午前中にハロハピとの合同ライブをやって、午後にまたライブを2回。

体力どうなっとんじゃい!

リサ(高3)「わっかいなあ!」

ポピパによるライブハウス破り

CiRCLEではRoseliaとポピパの2バンドが予選に参加。

Roselia472票に対して、ポピパ28票とものすごい差が付いております。

流石、試験勉強をスルーしてライブに集中している友希那さんが率いているだけはある。

こんな結果ですけど、逆にアウェー環境でポピパにも票が入ったと思えば悪くないんでしょうか。

Galaxyに見に行ってるポピパファンはCiRCLEに見に行かないんですかね。

9話ではポピパをdubまで送る役として、Glitter*Greenのリィとひなこが再登場。

こんなところでいったい何を。

リィさん、車の免許取ったんですねえ。

若干運転に不安感を覚えるのは、個人的に中の人のイメージが印象に残り過ぎなんでしょうねw

dubではRASとポピパで予選開催。

マスキングがフィナンシェを焼いたり、沙綾が山吹ベーカリーの差し入れをしたりと、

やっぱりチュチュ意外はまったりムード。

この和やかな光景に、チュチュはイライラモードみたいですが。

ポピパのライブ映像としては「Dreamers Go!」が披露されました。

なんかこの曲の映像を見ると、一瞬CM入ったかな?感が。

【公式】Poppin'Party「Dreamers Go!」ライブFull映像【Poppin'Party×SILENT SIREN 「NO GIRL NO CRY」DAY1】

ポピパのライブ中もイライラモード全開なチュチュは、両手にジャーキーでストレス解消中。

ぱっと見両手にペンライト持ってるように見えたのは僕だけですかねw

ポピパを褒めるマスキング達の発言に、若干落ち込んでいるようもに見えるチュチュ。

闇が深まる・・・。

ライブの投票結果はRASの圧勝だったみたいですが、この結果はチュチュには見えてなさそうな。

挙句の果てには、レイヤ、マスキング、六花の3人がポピパライブの手伝いに行くまでに。

このままではチュチュのイライラが頂点へ狂い咲いてしまう!

ポピパのライブには明らかにRoseliaファンと思われる人も見に行ってるみたいですね。

Roseliaが出演しないライブでも服装はRoselia仕様なのか。

そしてこのライブ当日はおたえの誕生日ということで、

サプライズでマスキングがおっちゃん仕様のケーキを焼いてくれていました。

凄すぎるだろ。

というか、レイヤとマスキングはおたえの誕生日というのもあってポピパのライブに行ってたんですね。

RASメンバーはチュチュの誕生日にもサプライズをしようと計画してるみたいですが、

どうなることやら。

そしてこの日の予選を経て、ポピパのランキングはなんと6位まで急上昇!

いやいや、こっちも凄すぎるだろ!

乗ってよかったこのビッグウェーブ。

チュチュとのギスギスが表面化するRAS

このタイミングでRASがRoseliaに抜かれて2位へと後退。

ああ、チュチュのイライラが頂点へ(略

この結果を受けて、チュチュはRASもライブハウス破りを行うとメンバーに告げました。

というか、RASが出演することで他のバンドが出演を辞退することを狙った作戦だそうで。

傍若無人っぷりが半端な。

そして、RASのスケジュールは全てチュチュが管理するという宣言も。

他のバンドとの接触も禁止です。

この宣言に明らかに不満そうなマスキングとレイヤ。

ああ、ギスってきました~!

このままではRASではなくGISになってしまう~!

不満顔で一人スタジオを出ていくマスキングに対して、それを追いかけていくのは六花です。

あの2人、最近なんか必要以上に仲良くなってね?

こんな状況に、チュチュはチュチュで泣いてスタジオを飛び出して行ってしまう始末。

そして極めつけは、

パレオ「チュチュ様、パレオは、パレオだけは何があってもずっとずっとお傍にいますから」

チュチュ「うるさい!あんただけいてもしょうがないのよ!!」

ああ、最後の希望、パレオまで闇が深まる・・・。

次回のタイトルは「ボーカルは……星……」

ポピパはビッグウェーブに乗ってこのままランキングを駆け上がるのか。

そして、RASメンバーの今後の関係性は。

【次回予告】アニメ「BanG Dream! 3rd Season」#10(Web Ver.)

公式サイトなど

「BanG Dream! 3rd Season」公式サイト

「BanG Dream! Girls Band Challenge!」公式サイト

おすすめ記事

2020年1月から放送開始となった、アニメバンドリ3期 10話を見ましたので感想です。 ※この記事はアニメのネタバレを含むため...

「あとで見る」に登録した記事は、こちらからご覧下さい。

関連広告

こちらもおススメ

スポンサーリンク

フォローする