「BanG Dream! 3rd Season(バンドリ!3期)」12話感想 ホシノコドウは、みんなだった

スポンサーリンク

BanG Dream! 3rd Season(バンドリ!3期)12話

2020年1月から放送開始となった、アニメバンドリ3期 12話を見ましたので感想です。

※この記事はアニメのネタバレを含むためご注意下さい。

スポンサーリンク

3バンドで行われる武道館決勝

前回、バンドリガールズバンドチャレンジの予選最終結果が確定。

1位がRoselia、2位がポピパとなりました。

RAISE A SUILENがまさかの3位以下!?

と思ったら、なんとポピパとRAISE A SUILENは同率2位になっていたようです。

これは色んな意味で裏の大きな力が働いているのではw

ポピパとRASがバンドリ運営に呼ばれて告げられたのは、

まりな「決勝にはRAISE A SUILEN、Poppin’Party、どちらも出てもらいます!」

六花「ポピパさんと共演やーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!」

ってそういうことだったのか。

随分と柔軟な運営である。

と、この発表中に部屋に入り込んできたのはスタッフTシャツを着た明日香。

あなた、いつからスタッフに!ていうか、姉にも伝えてなかったんかい!

明日香「六花もあこも一生懸命で、私もなんか手伝えないかなって」

いやいや、もっと身近に姉の香澄がいるじゃないですか~!照れんな照れんなおいw

明日香は大会のブログ更新を行っているようですが、文字の入力速度が半端なく速い。

今の若者のスマホ入力速度ってそんなに速いものですか?

各バンドの新曲づくり

決勝に進んだポピパは武道館で歌う曲を考えることに。

なんか、当たり前のように新曲を作る流れになってるのが凄くないか。

武道館だし気合を入れていこうってことなんでしょうか。

そんな中で、急に有咲がもじもじしながらポピパメンバーに対して、

有咲「学校終わったらさあ、ウチこねえ?」

とのお誘いが。

蔵練で毎日行っているはずのポピパに対して改めてのお誘い。

これはまさかのハーレムルート・・・。

かと思いきや、実は有咲が武道館用に新曲を作ったとのこと。

有咲ぁ~、もっと素直になれよ~(●´∀`)σ)’Д`●)プニ

キーボードとハミングで曲を披露する有咲

有咲、ぷるっぷるだよ~。

ポピパメンバー大絶賛により、この曲を武道館で披露することに決定。

感性を第一に突き進んでいくこの姿勢、すごく良いですね。

歌詞は香澄が担当です。照れながらも香澄に頼む有咲が可愛い。

一方のRoselia、こちらも武道館に向けて新曲を作ってるようで。

しかも、こちらも普段素直じゃなさそうな紗夜が作ったとのこと。

Roseliaメンバーにもびっくりされておりますがw

仮タイトルは「39」

紗夜「39度の熱を出してしまったときに浮かんだ曲なので、仮に39と・・・」

いやいや、本当は香澄の言うようにサンキューと掛かってるんですよね?

紗夜~、もっと素直になれよ~(●´∀`)σ)’Д`●)プニ

武道館のステージ構成はセンターステージで、しかも回転するらしい。

この辺りはもちろんバンドリのリアルライブを踏襲してますね。

ライブセットのアドバイスをもらうために、ポピパは武道館ライブの経験者であるレイヤとマスキングに話を聞きに行くことに。

レイヤは2期の時に武道館から出てくる描写がありましたが、マスキングも武道館でライブをしたことがあったんですね。

行き先はもちろんRASの本拠地である、チュチュのスタジオ。

ジャーキークッキーってなんぞ?

本拠地に乗り込んできたライバルのポピパに対してちゃんと歓迎するなんて、

チュチュも変わりましたなあ。

武道館はでけえ、すげー客が入る、すっげえ広い!(マスキング談)

ということで、とりあえずでけえらしいです。

まあ、実際に武道館にバンドリのライブを見に行ったことがあるんで規模感は知ってますがw

センターステージだと結構後ろの席からもステージが見易くていい会場ですよ。

2019年2月22日に開催された、「BanG Dream! 7th☆LIVE」DAY2:RAISE A SUILEN...

レイヤ「ライブでステージが回ると、どこが正面か分からなくなることがあるの」

というのは、ライブのMCで誰かが言っていた気がします。

回るステージは重心がブレると音もブレるという話もあり、

足腰を鍛えるために急な走り込み大会が開催。

そんなすぐに鍛えられることはないでしょうに。

有咲とチュチュはここで一緒にクタクタに。

意外と似た者同士?チュチュに盆栽を勧めてみたらいいんじゃないですかね。

有咲が作った曲に対して、香澄の歌詞が遂に完成。

歌詞を見た瞬間に香澄に対して電話を返す有咲である。

LINEだけで済ませてしまいがちなこの現代で、ちゃんと言葉で感想を伝える有咲いい子。

前回の次回予告でりみりんが流した涙は、このタイミングでしたね。

曲のタイトルは「ミライトレイン」ということですが、

これは現実でもまだ発売されてない新曲ですよね。

いつかまたこの曲がリアルな武道館で歌われる日が来るんでしょうか。

そんな中で、今度はおたえが非公式で大会のテーマソングを考えておりました。

これはエンディングの「夢を撃ち抜く瞬間に!」ですか。

りみりんの「この曲もやりたい!」からの香澄の「じゃあみんなでやろう!」

ということで、この曲はRoselia、RAS合同で歌う流れになりました。

相変わらず行動が速い。

チュチュは反対・・・かと思いきや、友希那も乗り気だというのを聞いて、

ステージングを考えてくれるそうです。

ありがとうチュッチュ。

武道館の決勝はもうすぐ

時は流れてもう武道館ライブゲネプロの時期に。

CiRCLEに集まる3バンド。

チュチュを含めたRASと共に、みんなで和気あいあいしてるのが微笑ましいですなあ。

色々な差し入れがある中には、ジャーキーおにぎりの存在も。

何でもかんでもジャーキーを絡めて食べ物作るのやめいw

武道館でのライブは、ポピパ、RAS、Roseliaの順番。

1位のRoseliaがトリなのは分かりますけど、ポピパとRASはどうやって決めたんでしょうね?

じゃんけん?

各バンドのリハーサルが終了した後、合同曲のリハーサルをするため、

ステージには3バンドのメンバーが集合。

チュチュが敢えてステージに上がらなかったのは、ステージングのプロデューサーとしてなのか、照れを感じてなのか。

この1つのステージ上に複数のバンドが立つという光景。

リアルライブでは「BanG Dream! Special☆LIVE Girls Band Party! 2020」で実現しそうだったんですが、コロナの影響で延期という形に。

チケットは入手しているので、何とか開催出来るように祈っております。

香澄が追い続けているキラキラドキドキ。

香澄「星の鼓動は、みんなだった」

と言うように、今回の武道館決勝はキラキラドキドキの一つの形なのかもしれないですね。

次回のタイトルは「これが……これこそが、大ガールズバンド時代や!」

次回予告の時点でめっちゃキラキラや~!

【次回予告】アニメ「BanG Dream! 3rd Season」#13(Web Ver.)

公式サイトなど

「BanG Dream! 3rd Season」公式サイト

「BanG Dream! Girls Band Challenge!」公式サイト

おすすめ記事

2020年1月から放送開始となった、アニメバンドリ3期 13話(最終回)を見ましたので感想です。 ※この記事はアニメのネタバレ...

「あとで見る」に登録した記事は、こちらからご覧下さい。

関連広告

こちらもおススメ

スポンサーリンク

フォローする