さるのん一覧

スポンサーリンク

【Dr.STONE(ドクターストーン)】12話 感想 万能薬の最難関素材、硫酸(リューさん)を手に入れる方法とは

前回の約束通り、銀狼に銀の槍を作り始めた千空。銀の槍が手に入れられることにテンションが上がりすぎて、金狼を無駄に煽る銀狼です。くっそうっざ!ただ、千空が言うには銀の槍を作ったのは銀狼のためではなく、万能薬の最難関素材の入手のため。その割には銀狼に銀の槍を持たせて護衛役にしたりしております。

「鬼滅の刃」第24話感想 自分の夢を炭治郎に託すしのぶ 禰豆子が人に戻るのはいつの日か

前回、しのぶの屋敷にて伊之助や善逸と再開した炭治郎。杏寿郎と話すしのぶは、しのぶ「別にとって食べたりはしませんから大丈夫ですよ~」と、見た目穏やかな表情で答えております。いや、それが怖いんですがwしのぶは継子の枠を増やそうとしているらしい。まあ、増えるとしてもまた女の子なんじゃないですかね。

【Dr.STONE(ドクターストーン)】11話 感想 瑠璃を救う万能薬への道 次に作成するのは透明なアレ

科学王国の勢力を拡大しながら、瑠璃を助けるためにそれぞれ動いている千空一行。今回のメインテーマはガラス作りみたいです。なんでガラス?と思ったら、これから色々な薬品で実験をするために、容器が土器ではもう限界が来てるとのこと。なるほどね~。逆にこれまでは土器でもなんとかなってたんですなあ。

【彼方のアストラ】11話 感想 シャルスが背負ってきた運命とカナタの右腕

前回、遂に刺客がシャルスだったことが判明。正体はヴィクシア王政地区の王様「ノア・ヴィクス」のクローン。しかも、シャルスについては元々自分がクローンだというのを知っていた上、将来王様の器となるように言い聞かされて育ったという、他のメンバーとは違う状況です。子供の頃から人のために死ぬことを運命づけられて生きているとか、

「鬼滅の刃」第23話感想 炭治郎と禰豆子が鬼殺隊として戦えることの証明を まずは十二鬼月を倒そうね

前回「柱」の不死川実弥は、鬼の禰豆子が人を襲うことを証明するため、自ら血を流し禰豆子の目の前へ。禰豆子を挑発する実弥と、涎を垂らしながら我慢をする禰豆子。これって、いくら禰豆子が人を襲わないと言っても、鬼としての本能は残ってるってことなんですよね。この光景を見てブチ切れな炭治郎は、小芭内によって押さえつけられて動けず。

【Dr.STONE(ドクターストーン)】10話 感想 コーラ1本で結んだ、世界一薄っぺらの同盟

前回、このストーンワールドに遂に電気という科学の火が灯されました。千空が生まれて初めて読んだ伝記がエジソンということで、なんとなく思い入れがあったんですかね。小学生の頃の千空は、算数の授業中も科学本を読み漁っているほどの科学オタクだったみたいです。一般的には先生に注意されそうなもんですけどねw

【彼方のアストラ】10話 感想 「惑星アストラ」と「地球」の関係 明かされる刺客の正体

カナタたちが帰ろうとしている惑星は「惑星アストラ」。ポリーナが帰ろうとしている惑星は「地球」というまさかのずれが判明した前回。カナタに宇宙人扱いをされたポリーナは、ショックで涙を流しております。ここは真剣なシーンなのか、ギャグなのかwこの作品の設定はそこまで詳しく理解してなかったですが、

「鬼滅の刃」第22話感想 お館様の容認にも納得のいかない柱たち 禰豆子が人を襲わない証明を

前回、鬼を連れながら鬼殺隊の任務に当たっている隊律違反を犯しているということで、拘束されて鬼殺隊本部に連れてこられた炭治郎。そこにいたのは、「柱」と呼ばれる鬼殺隊の強者たち。しのぶ「ここは鬼殺隊の本部です。あなたは今から裁判を受けるのですよ」裁判?鬼殺隊内で?隊律違反を犯した鬼殺隊は、わざわざ本部に連れてこられて裁判を受けさせられるんですか。

【Dr.STONE(ドクターストーン)】9話 感想 腕力で運営される科学王国に、遂に科学の火が灯される

前回、科学王国のマンパワーを獲得するために、ねこじゃらしでラーメンを作った千空。匂いとチャルメラに誘われてきた村人たちは、みんな美味そうにラーメンを食しております。誘われてきた村人はチョロそうでなにより。このラーメン、ねこじゃらし麺がメインに思われてますけど、実はスープが相当美味いのでは?

【彼方のアストラ】9話 感想 抹殺計画が立てられた理由が遂に判明!故郷が近づくも地球に帰るなんて言ってないもんね!

前回、キトリーとフニシアのDNA鑑定をしたところ、実の姉妹どころか、同一人物という事が判明しました。確かにパッと見似てはいましたけど、まさかのクローン設定。このことは、ポリーナ以外の船員を全員集めてキトリーとフニシアに伝えることに。事実を知っているカナタとザック以外はウッキウキで結果を待っていますが・・・。

「鬼滅の刃」第21話感想 人間の記憶を取り戻す累 鬼殺隊に狙われる禰豆子と拘束される炭治郎

家族の絆に触れることで、人間の頃の記憶を取り戻そうとしていた累。今回の冒頭では、その累が人間だった時のエピソードが描かれました。なんとなく、その頃の話はスルーされるのかなあと思っていたら、がっつりやるんですね。もしかしてこの映像は、累が炭治郎と禰豆子という家族の絆に触れたことによって取り戻した記憶の一部?

【Dr.STONE(ドクターストーン)】8話 感想 万能薬を作るための第一歩 科学の飯○○で村を制圧だ!

前回、ストーンワールドに存在する村に辿り着いた千空。妖術使いのクロムと共に科学の国の建国を目指すと同時に、病気がちな村の巫女、瑠璃を救うために科学の万能薬である抗生物質を作る流れに。ちなみに村の中では、村の外の人間の話題で大盛り上がり。何やかんや、みんな村の外の情報に興味津々やないかいw「石像の人が動き出したんじゃない?」

【彼方のアストラ】8話 感想 まさかの方法でアストラ号の修理完了 キトリーとフニシアは姉妹ではなく?・・・

前回、人工冬眠装置から見つかった謎の金髪女性。?「ああ、助けが来たんだ、帰れるんだ、地球に、帰れる」助けが来たと思って泣き出す女性。残念ながら帰れないんだよなあ。着替えてからアストラ号のメンバーと対面する女性。着てる服がサルの王様みたいなイラストで、ちょっと可愛いんですけどw誰の服なんですかね。

「鬼滅の刃」第20話感想 寄せ集めの家族を作って記憶を取り戻すことは出来ましたか?

前回、炭治郎と禰豆子2人の協力によって累の首を吹き飛ばすことに成功!十二鬼月をやったか!?と思ったら、首を吹き飛ばされても普通に歩いてくる累。累「僕は自分の糸で首を切ったんだよ、お前に首を切られるより先に」いやいやいやいや!前回あんだけ苦労して、炭治郎もヒノカミ神楽を繰り出したのに?毎回鬼の強さはチート級だと思ってましたが、

【Dr.STONE(ドクターストーン)】7話 感想 ストーンワールドに存在する村 村人たちは一体どこから来た?

前回、師子王に襲われたコハクを助けた千空。コハク「私の名はコハク。どうやら私は君のことがめっぽう好きになってしまったようだ」と言っていたので、これでこれから人間が増えていくか!?と思ったら、コハク「君という人間を気に入ったから協力しようと言ってるんだ」と、恋愛感情では無い模様。ほんとかいな。一方の千空も、恋愛には全く興味がない様子。

【彼方のアストラ】7話 感想 明かされるシャルスの過去と人工冬眠装置に寝ていた金髪美女

前回のラストで、シャルスはアリエスに生物の授業に出ていなかったことを突っ込まれて、少し不穏な空気になっておりました。シャルスによると、シャルスは転校生でしかもアリエスよりも後に転校してきたそうです。キャンプの直前に転校してきたとか、かなり意図的なものに見えますけどね。シャルスの出身はヴィクシア王政地区。シャルスはこれを言いたくなかったそうで。

「鬼滅の刃」第19話感想 ヒノカミ神楽の呼吸を操る炭治郎 竈門家の絆は継承される

前回の最後で、鬼が操る蜘蛛の糸により炭治郎の刀が真っ二つに。蜘蛛の糸はそのまま炭治郎の目の前に!という所でしたが、紙一重で蜘蛛の糸を避け何とか命は助かりました。ただ、刀が折れた時点でかなり戦闘力は落ちております。加えてこの鬼の強さ。絶体絶命なことは変わらないですよねえ。

【Dr.STONE(ドクターストーン)】6話 感想 千空は原始の人類と共に科学の王国を作れるか

前回は、千空が石化から復活した時の過去話がスタート。衣食住を手に入れ、地元の猿を驚愕させるほどの文明を手に入れました。現在の千空がどうなったかはまだお預け。今回も過去話の続きです。1人で頑張って文明を作り上げてきた千空も、流石に泡を吹いて倒れる始末。逆に1人でよくそこまでやってきたな。

スポンサーリンク