超可動ガール1/6一覧

スポンサーリンク

「超可動ガール1/6」第10話感想 フィギュアと一緒に温泉に入ると、動くフィギュアがもう一体付いて来る!

今回は遂に温泉回!すばるが我々視聴者に対して、それを説明してくれました。房伊田だけじゃなくて、視聴者のことも考えてくれるとは!これからすばるのおしり推します!混浴風呂?なのか房伊田も一緒に風呂に入っていますね。1/6フィギュア用に小さく設計された浴槽。これ、本当に専用風呂なのか。

「超可動ガール1/6」第9話感想 年老いてまでオタクを貫く、それもまた人生

超可動ガール達と一緒に暮らしている房伊田。すばるにイアホンを加工してミニチュアのヘッドホンを作ってあげたみたいです。器用ですなあ。てか、デフォルトのコスチューム、体操服でいいんだ。そして、ベルノアに対してはゲームを貢いでいます。なんだこのハーレム生活。しかしこの状況に、妻であるノーナはブチ切れです。

「超可動ガール1/6」第8話感想 ノーナに一途を貫くのかハーレムを築くのか

天乃原すばるが出演している、「ストライキング・フィスト3」で遊んでいるノーナとベルノア。そのボタンの押し方で、よく技とか出せるなあ。前回現われたすばるですが、今回は何故か体操服を着ています。房伊田の趣味ですか?このゲームには、リンドウというヒロインが出演しています。ノーナが可愛いと認めるなんて。どうした。

「超可動ガール1/6」第7話感想 オタクのフィギュアとフィギュアのオタク

冒頭でクサビちゃんの持ち主が成次郎だということが判明しました。まあ、なんとなく分かってましたけど。クサビちゃんの能力を使って、房伊田家に不法侵入している成次郎。勝手に家に入って逃げる事が出来るって、犯罪のニオイしかしませんね。成次郎は、房伊田と共に動くフィギュアの謎を解きたいらしいです。

「超可動ガール1/6」第5話感想 RPGの女勇者はいつの時代も脱がされるのがお仕事

前回、ベルノアと房伊田はRPG「ドラグリウス・サーガ」の中に入り込む事に。実際のゲームはドット絵でも、ゲームの中の視点ではリアルに描写されているようで。フィギュアのベルノアは人間と同じ大きさになっております。房伊田はゲームの外に出るよりも、この世界を楽しむ事にしたらしい。ベルノア「そんな装備で大丈夫か?」

「超可動ガール1/6」第4話感想 女勇者が脱がされて襲われるくっころ展開

ノーナと一緒にテレビゲームを楽しむ房伊田。ここだけ見ると、フィギュアと結婚するのも楽しそうではある。スーファミ的なレトロゲームやってるんですかね。妹のミコトはこの様子をジト目で見てますが、次の瞬間急に気絶。誰かに薬盛られた!?かと思ったら、また新たな喋るフィギュアキタ~!

「超可動ガール1/6」第3話感想 料理を作る家庭的な美少女フィギュア

2話の最後で房伊田の部屋に入ってきた女性。この人は房伊田の妹、「ミコト」でした。ノーナは自分のことを、房伊田の妻だと挨拶しております。一応夫婦であるという意識はあるみたいです。それにしても、このミコトさん、フィギュアがしゃべってることに対して全く動じておりません。順応性高すぎでは?

「超可動ガール1/6」第2話感想 フィギュアと結婚したオタク、離婚秒読みか!?

主人公房伊田の下に喋る美少女フィギュア、ノーナが現われた前回。2人はお出かけをしてフィギュア撮影を楽しんでいるようで。ぬいぐるみと出掛けて写真を撮るというのはたまにやるので、気持ちはよくわかりますな。というか、ノーナがしゃべることに対してもう何も違和感も無くしてしまったのか。順応性が高いのか、ただのオタクだからなのか。

スポンサーリンク