鬼滅の刃一覧

スポンサーリンク

「鬼滅の刃」第11話感想 我妻善逸と猪の皮を被った男どちらを頼るかといったら、ねえ?

カスガイガラスの指示により南南東へ向かっている炭治郎。道中に黄色い男が女性に泣きながら結婚を申し込んでいるところに遭遇しました。この男は、最終選別に残った人物の一人。一体何やってんだ。この男に付いているすずめが慌てて炭治郎のところへ。なんか、話を聞いている風ですけど、炭治郎ってすずめの話が分かるの?

「鬼滅の刃」第10話感想 鬼舞辻の呪いを掛けられた鬼達もある意味被害者なのか

前回、矢印の鬼の猛攻をかいくぐり、首をはねることに成功した炭治郎。やったか!?と思ったら、鬼の最後の悪あがきにより、炭治郎は矢印まみれに。数々の矢印効果により、色んな方向に吹っ飛ばされる炭治郎。最後の力が強すぎないか~?炭治郎は色んな技を連続で出すことで受身を取り、なんとかダメージを回避しています。

「鬼滅の刃」第9話感想 矢印と鞠の組み合わせで可能性は無限大!!

前回、鬼舞辻無惨の部下達に見つかり、襲われ始めた炭治郎達。珠世の住んでいる建物って、通れる壁で隠されてるだけじゃなくて、建物自体が見えなくなるという術が掛けられていたんですね。鬼舞辻無惨の部下が攻撃した事によって術が消えて、建物が見えるようになったみたいです。周りに人がいたら、急に建物が現われたように見えたって事ですか?

「鬼滅の刃」第8話感想 鬼を人に戻すためにはまだまだ道のりが遠い

前回、禰豆子を鬼にした元凶、鬼舞辻無惨を発見した炭治郎。しかし、鬼舞辻無惨は通りすがりの一般人を爪で引っ掻き、スナック感覚で鬼へと変化させております。東京浅草の人ごみの中、急に人を喰らう鬼が発生するなんて大事件なんですが。鬼にされた人の奥さんは、鬼になってしまった夫に噛まれてしまいました。

「鬼滅の刃」第5話感想 連絡手段の手配から刀のお届けまでしてくれる、最終選別の運営は神運営

前回、最終選別に挑み巨大な手鬼を撃破することに成功した炭治郎。この鬼、何人もの人を喰らい、年月が経ったことによってグロテスクな手鬼になっていますが、元々は人の子だったらしい。しかも、まだ人の姿を保っていた時に、鱗滝左近次と戦っていたのか。回想シーンでは左近次も鬼をしとめたように見えますが、まだ生き永らえていたんですね。

「鬼滅の刃」第4話感想 手負い一人片づけた程度で油断するその甘さが、今も昔も貴様の命取りだ

前回、錆兎を倒したと同時に、巨大岩を真っ二つにする事に成功した炭治郎。これを達成した秘訣は、炭治郎が隙の糸を見る事が出来るようになった事らしい。鼻が利く能力に加えて、新たに敵の隙を感じる事ができるようになった?いつの間にそんな能力に目覚めたんだ。左近次「お前を最終選別に行かせるつもりはなかった」

「鬼滅の刃」第3話感想 狐のお面に隠されたその表情に一同驚愕

前回、左近次の試験に合格した炭治郎。第3話は修行回になっています。鬼殺隊を目指すための修行。鬼っていうのは一体いつ頃から存在しているものなのやら。太陽の光か、特別な刀で首を切り落とさないと殺せないと。特別な刀とは一体。人が鬼から身を守る手段って、運良く出会わないか、鬼殺隊に頼るしかないんでしょうかね?

「鬼滅の刃」第2話感想 ちっちゃくなる禰豆子と天狗のお面

1話で鬼となってしまった禰豆子を連れて旅を始めた炭治郎。道端の農民に、かご等をくれるように交渉しています。どうしてもお金を払いたい炭治郎 VS どうしてもただで渡したい農民の対決。ファイッ!!ここは無理やり力ずくで小銭を渡した炭治郎の勝利!対戦ありがとうございました~!!って、開始早々いきなりなんだこれw

スポンサーリンク