スポンサーリンク

「みだらな青ちゃんは勉強ができない」第11話感想 ツルツルパンツで攻めの姿勢を見せる青ちゃん

木嶋から一緒に勉強会に誘われている青ちゃんですが、青ちゃんは断固拒否をしております。どうした?脳内ピンクの青ちゃんに、木嶋と二人っきりの空間なんて餌じゃないんですか。一緒に二人っきりで勉強をする想像をする青ちゃんは、木嶋に襲われる妄想をしてもやもやしています。いつも通りでなにより。

「川柳少女」第11話感想 エイちゃんが おもちゃの指輪で プロポーズ

夏祭りに花火を見に来た文芸部員たち。三人とも浴衣で参戦とは気合入ってますなあ。アマネ部長は特に気合入れてそうな気がw彼氏ゲット作戦かな?七々子たちは二時間前に来て、金魚すくいでかなりの成果を達成しています。二時間もあったら、出店全部周ったんですかね。七々子と毒島は二人で出店を楽しんでおります。

「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」第11話感想 セーブポイントから繰り返せば澪とキスし放題!

前回、光り輝くたくやの生みの母親が登場しましたが、やっぱりそれはたくやの夢だったみたいです。なんで急に。母親がいたあたりの滝を調べるたくや。滝の奥には洞窟があり、リフレクターデバイスにはまっている宝玉が置いてありました。いくら特別な場所とはいえ、普通に落ちてるようなものなのかこれ。光ってて綺麗だし、高く売れたりしてw

「ストライクウィッチーズ 501部隊発進しますっ!」第10話感想 猛暑日もおっぱ○いで乗り切る芳佳さん

この日は給料日。ネウロイが来ないのに給料を貰うことに罪悪感を覚えている芳佳とバルクホルンである。平和そのものだね!芳佳たちは、その足で何故かシャーロットの部屋を無理やりこじ開け、寝ているシャーロットを縛って連れ出しました。ああ、給料日に日ごろの恨みを晴らそうと。上司ってそこまでしないといけないのかあ。

「ノブナガ先生の幼な妻」第10話感想 ふたなりと男の娘ってなんですか?

前回、万結に告白されたのが相当嬉しかったらしい信永先生。ずっとそれを引きずってます。最初に既成事実を作ったものがこの戦いを制す。万結さん、一歩前に出たか?この世界に来てオタク知識を得ているらしい帰蝶は、万結に対して、帰蝶「ふたなりと男の娘ってどういう意味ですか?」

「女子かう生」第10話感想 髪留めとキーホルダーから始まる友情もある

今回のタイトルは「女子かう生と髪留め」前回はもも子とまゆみの初対面エピソードでしたが、今回はしぶ美とのエピソードみたいです。小学生時代のしぶ美はお堅い風紀委員だったみたいで、学校生活でいらないキーホルダーをランドセルにジャラジャラ付けているのが気に入らなかったみたいです。

「超可動ガール1/6」第10話感想 フィギュアと一緒に温泉に入ると、動くフィギュアがもう一体付いて来る!

今回は遂に温泉回!すばるが我々視聴者に対して、それを説明してくれました。房伊田だけじゃなくて、視聴者のことも考えてくれるとは!これからすばるのおしり推します!混浴風呂?なのか房伊田も一緒に風呂に入っていますね。1/6フィギュア用に小さく設計された浴槽。これ、本当に専用風呂なのか。

【進撃の巨人】56話(3期19話) 感想 地下室で判明した人類の真実と明かされる巨人の謎

前回、巨人化注射を打たれたアルミンは、巨人になってベルトルトを食い無事生還に成功。アルミン夢の中にはベルトルトらしき巨人の姿が映し出されております。知性巨人を継承すると、意識みたいなものも継承するんでしたっけ?ぶっちゃけここだけ見ると悪夢にしか思えないんですけども。アルミンが目覚めたのは壁の上。

「消滅都市」第10話感想 ロストの膨張も直ちに影響はありませんのでご安心ください

前回はユキの父親、ダイチの過去とロストの発生秘話が語られましたが、今回からまた現代に戻ってきました。ロストを再び引き起こしそうになったソウマは、結局消滅して存在も消え去ってしまった?ユキ達は、オーシャンビューな別荘へ。またエイジの持ち物ですか?一つぐらいくれませんかね

「ぼくたちは勉強ができない」第10話感想 メイド喫茶No.1に彼氏発覚!?炎上か

季節は夏休み。成幸は女の子とひと夏のアバンチュールを楽しむことなく、予備校に通って勉強をする覚悟。強い意志。教育係のご褒美として、予備校の費用が全て学園持ちとか、太っ腹。予備校で成幸の隣の席は、紫髪のちっちゃな子。この子、公式ページにいるのは知ってましたけど、やっと登場ですか。ちっちゃくて成幸は中学生かと思ってましたけど、

「鬼滅の刃」第10話感想 鬼舞辻の呪いを掛けられた鬼達もある意味被害者なのか

前回、矢印の鬼の猛攻をかいくぐり、首をはねることに成功した炭治郎。やったか!?と思ったら、鬼の最後の悪あがきにより、炭治郎は矢印まみれに。数々の矢印効果により、色んな方向に吹っ飛ばされる炭治郎。最後の力が強すぎないか~?炭治郎は色んな技を連続で出すことで受身を取り、なんとかダメージを回避しています。

「ひとりぼっちの○○生活」第10話感想 折り紙で作った手裏剣は友達の絆

季節はもう二学期の終業式。超速で時間が流れましたね。学校への登校時にスーパーつよつよぼっちに変身しているぼっちである。ソトカからの不意の抱きつきにも一切動じています!でもパッと見青い顔して吐きそうな様にしか見えないんだよなあ。二学期は友達を増やせなかったらしいぼっち。

「みだらな青ちゃんは勉強ができない」第10話感想 みんなで言えば怖くない 青ちゃんはGカップ!

教室では体育祭の打ち合わせ中。運動が苦手な青ちゃんは憂鬱みたいです。何かの競技に必ず出なきゃいけないっていうのは、勘弁してほしいものですな。運動の出来る木嶋は、何故か競技には参加しないらしい。なんでや!逆に運動が出来る人の特権か?お?木嶋は応援団に誘われているみたいです。応援団と競技出場は両立しないんですか。

「川柳少女」第10話感想 話さずに 気持ちを伝える テクニック

高一の夏休み。毒島と七々子は部室でクワガタに夢中です。今回のほほえま空間。夏休みということで、アマネ部長の提案でみんなでどこかに出かける事に。七々子は、蛍を見に行きたいみたいです。よく考えたら、蛍って生で見たこと無い気がします。見に行くぞって気合入れて行かないと行けないですしね。

「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」第10話感想 ここでやり直すと澪の下着姿が見られるという裏技

前回から、澪を探しに三角山の中を探索に行ったたくやと結城。三角山の中には、人間の骨と遺跡風の建物がありました。こんな場所が未だに調査されてないとは思えないんですがね。この場所は、昔の採掘場として使用されていたらしい。働いていた人は監獄に囚われながらの労働だったと。一体この山で何が採れるのやら。

「ストライクウィッチーズ 501部隊発進しますっ!」第9話感想 自分がボコられることで芳佳を成長させる上司の鑑

この日は久々にストライカーを履いての訓練の日。その訓練必要~?っていう突っ込みはもう野暮ですか。 ストライカーの訓練のはずが、芳佳は何故かほうきに乗って登場です。お、イメチェン。この姿にバルクホルンは、芳佳が不良になったと嘆いております。どういう思考?芳佳は、原因不明のストライカーで飛べない病。

「ノブナガ先生の幼な妻」第9話感想 女性教師に振られたので、再び女子中学生に狙いを定めるノブナガ先生

前回、夜の公園で信永に襲われた友里先生。結局地上波では何が起こったのかよく分からなかったんですけどね。具体的に何をしていたのかは詳しく。もうお嫁に行けないと叫ぶ友里先生に対して、急なプロポーズをする信永。 友里「何言ってるんですか?絶対嫌ですよ!」 友里「こんな体にされて、あなたの事が大っ嫌いになりました!」

「女子かう生」第9話感想 影絵から始まる友情もある

今回のタイトルは「女子かう生と影絵」まゆみは転入生。今回の話は、まゆみが転入してきた直後のエピソードみたいです。昼食の時間になって通学してきたもも子はまゆみの隣の席。大人しそうなまゆみと、ギャルギャルしいもも子。この二人、まったく友達になる感じがしません。まゆみはもも子の事を最初は怖がってたみたいですし。

スポンサーリンク