路地裏ハイキック - Part 5
スポンサーリンク

「ストライクウィッチーズ 501部隊発進しますっ!」第6話感想 ストレス発散のためにネウロイでも呼ぶか

リーネと芳佳が、「戦争ストレス」について話しています。実際の戦争では色々ストレス溜まる事もあると思いますけど、この部隊にそんなの存在するか?それでも芳佳は、501部隊について、ストレスのケアもしていきたいと。どんだけ出来た子なんだよこの子は!その事を聞いた坂本っさんは、

「ノブナガ先生の幼な妻」第6話感想 自分好みの女の子を次々に家に連れ込むノブナガ先生

過去から信永によって召喚された吉乃。信永先生は帰蝶に続き、吉乃も自分の家に連れ込む事にしたみたいです。懲りないねえ。信永「とりあえず飯を用意するか、帰蝶、あれを用意しろ」帰蝶「あれですね」なんか、ついさっき見た「超可動ガール1/6」の房伊田とノーナみたいな、熟年夫婦みたいな会話。

「女子かう生」第6話感想 筋トレを口実に妹の上に覆いかぶさる姉

今回のタイトルは「女子かう生と筋トレ」これまでは、もも子、しぶ美、まゆみの3人が中心となった話でしたが、今回は珍しくもも子の姉、きづくが主人公の回でした。きづくも女子かう生なんですか?腹の贅肉を気にし始めたきづく。テレビの筋トレ特集を見て決心したみたいです。

「超可動ガール1/6」第6話感想 けんかをやめて 二人をとめて私のために争わないで

冒頭からいきなりベルノアとノーナのお風呂シーンから開始。しかも2人で体を洗いっこしています。急なサービスシーンありがとうございます。2人ともこれで目覚めてくれると良いのだが。それにしてもこのフィギュア達、キャストオフ後の体はどう表現されているのか気になる。

【進撃の巨人】52話(3期15話) 感想 超大型巨人の登場で絶望感が漂う

冒頭いきなり、過去にエレン巨人が大岩で壁を塞いだ回想シーンからスタート。あれ?なんでこのシーン?と思ったら、そうか、マルコが亡くなったという伏線がここで回収ですね。ライナーとベルトルトが、自分達が巨人だという会話をしている時に、自分たちしかいないと思って話をしていた、ライナーとベルトルト、

「ひとりぼっちの○○生活」第6話感想 わっはっは~笑えば~凄い点取れる~

アニメが始まった瞬間、自室のベッドで踏ん張るぼっち。え?ベッドの上で出すのはダメだろ!と思ったら、次の日学校行きたくなくて熱を出すおまじないを掛けてたみたいです。宿題の俳句をクラスの前に立って発表する。うーん、なんとなく緊張するのは分かる気がする。

「みだらな青ちゃんは勉強ができない」第6話感想 呼び捨てはS○Xの始まりだぞ

青ちゃんの父親は、滝に打たれて官能小説のアイディアを考えるのがいつもの事らしい。それにしても、滝行できるほどの滝が自宅にあるなんて、どんだけ~!父親の原稿を待つ編集者の矢部さんは意識も朦朧としつつ、待ち続けているらしい。待ってる間くらい寝ても良いのでは?

「川柳少女」第6話感想 七々子絶ち 一生無理な 七々子父

部室で自分のペット自慢をしているアマネ部長と毒島。毒島のペットは太ったうさぎで名前はアグー。アマネ「豚じゃん!」アグーって豚の種類なんですね、初めて知りました。ペットを口実に七々子を自分の家に誘おうとする毒島。女の子をきわめて自然に自分の家に誘う常套手段。 お主も取得しておったか。

「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」第6話感想 亜由美さんの無実を証明しようとした結果、消えるたくや

前回、同じ時を繰り返し亜由美さんが亡くなるという収束から脱出することに成功したたくや。次の日も生きてましたし、多分直近すぐに亡くなるという未来は回避できたんでしょう。一応ここで一旦セーブしておいた方がいいのでは?補習で学校に来たたくやは、学校で香織からの呼び出しをくらいます。補習が始まる直前で、またまた偶然抜け出す事に成功しております。

「ストライクウィッチーズ 501部隊発進しますっ!」第5話感想 ネウロイが襲来したほうが平和な世界とは

前髪が伸びてきたという坂本っさん。冒頭から、予告どおり自分の刀で髪の毛を切ろうとしております。自分で切ってるって、普段からそうやってんのね。ミーナが驚いている辺り、まだまだ知らない事があるんだなあ。ミーナが坂本さんの髪の毛を切ろうとすると、丁度ミーナ宛に呼び出しのお知らせが。

「ノブナガ先生の幼な妻」第5話感想 合法という言葉に興奮し始めるノブナガ先生

前回、稲葉山城の展示室にて再び謎の女の子を召喚した信永。なんかこの子もノブナガを慕う女性の一人らしい。一体何人いるんだい。急に信永の腕を組んで親しげな女の子。帰蝶とか友里先生からはツッコミ無し?帰蝶はこの女の子のことは知らないらしい。

「女子かう生」第5話感想 スケボーで遊ぶ女子かう生を見てパンチラチャンスを狙おう

第5話のタイトルは「女子かう生とスケボー」帰宅中のもも子、しぶ美、まゆみの3人。もも子は、道端に捨てられた?スケボーを発見します。スケボーを悠々と乗りこなすもも子。これは経験者か!? 風でなびくもも子のスカートと同時に、見えそうになるパンツ。 まあ、絶対に見えないんですけどね。

「超可動ガール1/6」第5話感想 RPGの女勇者はいつの時代も脱がされるのがお仕事

前回、ベルノアと房伊田はRPG「ドラグリウス・サーガ」の中に入り込む事に。実際のゲームはドット絵でも、ゲームの中の視点ではリアルに描写されているようで。フィギュアのベルノアは人間と同じ大きさになっております。房伊田はゲームの外に出るよりも、この世界を楽しむ事にしたらしい。ベルノア「そんな装備で大丈夫か?」

【進撃の巨人】51話(3期14話) 感想 エレンとライナーの闘いによって、綺麗に剥がれる家の屋根

大勢の巨人達と、人類の兵士達。この場面を見ると、巨人対人類の戦いも最終局面に来ているように感じます。ライナーは巨人化し、壁をよじ登り。これ、もし自分が鎧の巨人が登ってくるのを見てたとしたら、絶望感しかないですね。エルヴィンは壁の上から、荷物を背負った四足歩行巨人が、知性巨人だと見破っています。

「消滅都市」第5話感想 探偵と怪盗の直接対決、勝利の神はどちらに微笑む

前回初登場した、怪しげな緑髪のお姉さん。「今回の処理は頼みますね、大臣」冒頭からいきなり不穏な発言。ロストやら組織やらって、国も絡んでるんですか? ロストの真実に近づいたリョウコは、組織の人間だった部下に退場させられてしまいましたが、その部下自体も退場させられてしまったらしい。なんでもありかよ。

スポンサーリンク